秋色4STYLE スラッと見えコーデの法則

♡ 202

風が冷たくなってきて、秋の到来を感じ始めるこの頃。
秋は過ごしやすい季節ですので、一番いろんなコーディネートに挑戦しやすいですよね。

しかし、秋色と言われてパッと思い浮かぶのは、茶色など夏色に比べると地味な色ばかり。

秋らしい格好をしたいなと思い、秋カラーを取り入れてみたのはいいけれども、なんだか地味にまとまってしまいがち……。

そんな秋コーデの悩みを抱えてる方も多いのではないでしょうか。

寒くなってきて長袖や長ズボンを履きたいけれど、スタイルはよく見せたい。
でも着太りはしたくない!

今回は、そんな方向けに、秋色を活かしながらも、スラリとスタイルを良く見せられる、4つのコーディネートをご紹介します。


<4 coordinate>

■POINT 1
鮮やかカラーでメリハリ

-Red tops

シックな赤で 目線をトップスに
ボトムは濃色デニムで引き締める

派手になりすぎてしまいがちな赤ですが、シックな赤トップスに濃色デニムを合わせることで、華やかだけど上品な秋らしいコーデになります。

ボトムを濃色デニムで引き締めることで、脚がスラッとした印象に!

女性らしさを引き出してくれる赤トップス。この秋に取り入れてみませんか?


-Green skirt

トレンドのグリーンで秋らしく
フィット&フレアでくびれ見せ

トレンドカラーはやっぱり取り入れたいですよね。

グリーンのスカートをメインにして、秋らしくオトナ女子を演出。

ウエストにフィットするようなフレアスカートを選ぶことで、くびれ見せ効果が!

トレンドの深いグリーンを使ったスカートを履くことで、つい可愛くなりすぎてしまうイメージのスカートも、大人っぽく落ち着いた印象で履くことができるのでオススメです。



■POINT 2
縦長強調でスタイルUP

-Long pants

とろみパンツでふんわりIライン
トップスは黒レースで抜け感を

柔らかいとろみパンツは、女性らしい上品さと、ふんわりとしたIラインを演出してくれます。縦長を強調してくれるので、スタイル映え抜群です!

トップスは黒のレースを着ることで、コーディネートの中に、程よい抜け感を出すことができます。

ライトグレーや黒など、使っている色は地味なカラーですが、合わせて着ることでコントラストがはっきりして華やかな印象になりますよ。


-Wool hat

ハットで縦長ラインを強調
膝丈スカートで太ももカバー

かぶるだけで秋らしさを出すことができるウールハットは、この秋のマストアイテム!

落ち着いたキャメルのウールハットをチョイスすることで、重すぎず明るい印象が与えられます。

膝丈スカートを履けば、太ももがカバーできて、ハットをかぶれば縦長のラインが強調されるので、スタイルが良く見えること間違いなし!

足元に華やかな差し色を置くことで、派手すぎないこなれ感を出すことができますよ。




いかがでしたか?

ちょっとしたアクセントを入れることで、違って見えるのがファッションの良いところ。それを楽しみたいのが女心ですよね。

トレンドものを取り入れて、かつ自分らしさも取り入れたコーデをしたい。

今季はスラッと見えコーデの法則を使って、おしゃれに着飾ってみませんか?

夏ももう終わり、涼しくなる季節には落ち着いた大人可愛いファッションを楽しみましょう。


<staff credit>
director / rubi kato
videographer / HowTwo staff
movie editor / HowTwo staff
writer / misora kiri ono