HAIR

2017-09-08

固結びがPOINT 編み込みギブソンタック

ヘアアレンジというと、三つ編み、編み込み、くるりんぱなどを組み合わせて、まとめ髪だったりポニーテール風にしたり……というイメージですよね。

最近は100円ショップにもヘアアレンジ専用のグッズなどが増えて、誰でも簡単にオシャレな髪型が短時間でできるように。

街中を歩いていても、オシャレなヘアアレンジをしている人をよく見かけます。

そんなヘアアレンジですが、最近はなんと"固結び"を使うテクニックが話題なんです!

髪の毛を固結びするなんて、今まで誰も想像しなかったかと思いますが、これが意外と簡単で可愛く見えるポイント。

今回は、そんな面白いテクニックを使った、“編み込みギブソンタック”をご紹介します。



【HAIR PROCESS】

01/トップの髪をねじり、ピンで固定

ピンを留める時のポイントは、ねじった根元に向かってピンをさすこと。
しっかりと固定されますよ。



02/片サイドの髪をとり、ねじり編み

03/半分まで編み、ゴムで結ぶ

毛先まで編みきらず、半分で結ぶというのがポイント。

04/反対側も同様に

05/両サイドのねじり編みを、まとめて結ぶ

06/ねじり編みをほぐす

ここのプロセスが重要。
しっかりここでねじりをほぐすことでボリュームが出るので、細かく引き出しましょう。


07/くるりんぱ

08/下の髪を2つに分け、ツイスト

09/ツイストをほぐす

10/反対側も同様にツイストし、ほぐす

11/ツイストした毛束同士を固結び

ここで固結びが登場します。
ツイストした毛束がゆるまないように注意してくださいね。


12/固結びを3回繰り返す

さらに3回繰り返します。
結ぶ回数は、自分の髪の長さに合わせてOK。


13/毛先をピンで留めて完成

いかがでしたか?

"固結び"を使うテクニック、とっても意外ですが、実は簡単に素敵な仕上がりになるんです。

ポイントは、上段のねじり編みのみを引き出してボリュームを出すこと。
ここにボリュームが出ると、小顔効果もありオススメです。

ぜひ皆さんも試してみてくださいね。



<staff credit>
director / yuri sugiyama
videographer / HowTwo staff
movie editor / natsumi shimo
writer / yuri sugiyama