ウェーブ巻きで NY風 ゆるポニーアレンジ

ヘアアレンジの定番とも言える“ポニーテール”。
朝が忙しい平日にも、オシャレを楽しめる休日にも、どんなシーンでも使える髪型ですよね。

ポニーテールは清潔感があり、女性からも男性からも支持の高いヘアアレンジです。

でも、便利な髪型だからこそ、いつも似たようなアレンジになってしまうと悩んでいる方もいるかもしれません。

「そんなに時間をかけて凝ったアレンジはできないけれど、オシャレには見せたい…。」

そこで今回は、髪全体をコテで巻かずにできる「NY風ゆるポニーアレンジ」をご紹介します。
全体を巻かなくて良いので、忙しい朝にもオススメです。



<NY風 ゆるポニーアレンジ>

STEP 1
髪の表面にウェーブをつくる

髪の根元から山を描くように、次に谷を描くようにアイロンをあてます。
この山と谷を描く作業を繰り返し、表面のウェーブを完成させます。

慣れれば簡単に華やかさを出せるので、ウェーブはオススメのアレンジ方法です。


STEP 2
トップとサイドを結ぶ

表面のウェーブを作り終えたら、トップの髪をゆるめに結びます。
さらに、サイドの髪を先ほど結んだトップの髪の上に重ねて結びます。


STEP 3
くるりんぱして、ほぐす

結んだサイドの髪を2回くるりんぱし、くるりんぱ部分をほぐします。
くるりんぱはヘアアレンジの定番になってきましたが、ヘアゴムなしでオシャレな印象を与えてくれるので便利ですね。


STEP 4
1つに結び、髪を引き出す

残りの髪を1つに結び、ウェーブをかけた髪を全体的に引き出します。
全体のバランスをよく見て、ラフに引き出すのがコツです。


STEP 5
毛先を結び目に巻く

毛束を少しとり、結び目に巻きつけ、結び目のゴムを隠したら完成です。
髪でヘアゴムを隠すだけで、完成の印象が大きく変わります。


ロングヘアの方はもちろん、ミディアムヘアの方もできるNY風ゆるポニーアレンジ。

髪全体を巻かないのに程よいボリューム感を出せて、こなれヘアに見えるのもこのアレンジの魅力です。

ゆるっとしたウェーブ巻きで、カジュアルに見えると同時に、さりげなさい女らしさと華やかさを出すことができます。
髪の長さに応じて、自分なりのアレンジを加えてみるのもいいかもしれません。

低めの位置のポニーテールなので、落ち着いた印象になりますし、これからの涼しい季節にも合いそうなヘアスタイルですね。

友だちとのカフェや、彼とのデート、さらにはオフィスと、ついついリピートしたくなります。
オシャレなNY風ポニーテールをいろいろなシーンでぜひ試してみてください!


<staff credit>
director / yuri sugiyama
videographer / HowTwo staff
movie editor / momoko ooji
writer / misora kiri ono