くるりんぱと三つ編みでセルフお呼ばれアレンジ

暑い夏が終わり、少しずつ涼しくなってきたこの頃。
過ごしやすい秋シーズンが到来してきましたよね!

秋といえば、食欲の秋、読書の秋……と色んな”○○の秋"がありますが、”結婚式の秋”の季節でもあります。

暑くもなく、寒くもないこの季節、実は結婚式に人気なシーズン!
周りの方で、秋に挙式をあげる方も多いのではないでしょうか?

今回は、結婚式や二次会、パーティーにオススメ、「自分でできるお呼ばれアレンジ」をご紹介します!


<ヘアアレンジ プロセス>


STEP1.
トップの髪を結び、くるりんぱ

頭頂部の髪の毛を一つにまとめて、くるりんぱをします。


POINT
髪を引き出し、トップにボリュームを出す

くるりんぱをした後に、頭頂部の髪の毛をつまみ、髪の毛を引き出します。
まばらに引き出して、ラフに仕上げます。


STEP2.
サイドの髪を取り、くるりんぱの上で結ぶ

耳上の両サイドの髪の毛を取り、くるりんぱの上で結びます。
くるりんぱのゴムを隠すように結ぶのがポイントです。


STEP3.
くるりんぱし、ほぐす

結んだ髪の毛を、再度くるりんぱします。
そして、くるりんぱした箇所を引き出していきます。


STEP4.
結んだ毛先としたの髪を2つに分ける

残りの髪の毛と、結んで余った毛先をまとめて、2つに分けます。


STEP5.
毛先まで三つ編み

分けた髪の毛を、毛先まで三つ編みしていきます。


STEP6.
反対側も同様に

反対側も同じように、毛先まで三つ編みを編んでいきます。


STEP7.
三つ編みをほぐす

三つ編みし終えたら、1つ1つラフにほぐしていきます。


STEP8.
三つ編みをクロスし、ピンで留める

ほぐした三つ編みを片方ずつ、後頭部にクロスして留めます。


POINT
毛先は丸めて留め、後頭部にもボリュームを

毛先を丸めて留めることで、ゴムや毛先が見えないようにします。


STEP9.
バレッタで華やかさをプラス

最後に、くるりんぱの下辺りにバレッタを付けます。
バレッタは、パールなどが付いた華やかなものがオススメです!


三つ編みとくるりんぱだけでできる、セルフお呼ばれアレンジいかがでしたか?

簡単だけど、凝った風に見えるアップアレンジなので、結婚式や二次会にオススメです。

ぜひ、秋シーズンに結婚式など招待された際は、「くるりんぱと三つ編みでセルフお呼ばれアレンジ」にチャレンジしてみてください!