大人チークの新常識!? 2カラーで光と色を使い分け

♡ 436

毎シーズン、新しいトレンドカラーや質感のものが続々と発売される「チーク」。

春夏はじゅわっと広がる血色チークを、頬の高い位置に入れるのが人気でしたが、今年の秋は肌そのものがほんのりと染まっているような、ナチュラルチークがトレンドです。

ナチュラルチークの秘密は、なんと「2カラーチーク」。

2カラーと言っても、2色を混ぜて塗るわけではなく、場所によってカラーを変えて塗るのがポイントなんです。

2カラーチークは、1色では出せない立体感を出すことができ、血色感をアップしてくれます。
ぜひ動画を参考に、試してみてください。


<メイク方法>

1.頬骨の上に楕円型に広げ、ハイライト仕様。
光の反射で美肌効果UP。

頬骨の上には、つや感のあるチークをON。

くすみやクマなど、暗さが気になる目の下に光をのせれば、肌が明るく見え、驚くほどの美肌効果が得られますよ。

また、頬に立体感を出し、表情にメリハリをつけてくれます。

使用アイテム:
MAYBELLINE NEW YORK マスターストロビングスティック # 02ピンク

MAYBELLINE NEW YORK マスターストロビングスティック # 02ピンク

¥1,080

販売サイトをチェック
2.ハイライトの下に逆三角に広げ、血色UP。
2カラーで自然なつや感チーク。

ハイライトカラーを塗った下のゾーンにチークをのせていきます。
ぽんぽんとのせ、あくまでもナチュラルに、血色感を出すイメージで。

指を使ってハイライトとの境目を馴染ませたら、ナチュラルチークの完成です。


使用アイテム:
laura mercier ボンミーン スティックフェイスカラー  # PINK GLOW

laura mercier ボンミーン スティックフェイスカラー  # PINK GLOW

¥3,888

販売サイトをチェック
2カラーで自然なつや感チーク、いかがでしたか?

ナチュラルなハイライトカラーで頬の立体感やつや感を出し、頬の高い位置にだけピンクをほどよく発色させることで、みずみずしく発光したようなつや頬を作ることができますよ。

この秋はチークを使い分けて、2カラーチークにチャレンジしてみてください。



<staff credit>
director / yuri sugiyama
videographer / HowTwo staff
movie editor / HowTwo staff
writer / rubi kato