メイクブラシどう使う? パウダー&ハイライトでつや感メイク

♡ 307

名女優や人気モデルのインスタグラムでよく目にする「#河北メイク」のハッシュタグでおなじみのヘアメイクアップアーティスト・河北裕介さん。

そんな女性から絶大な支持を誇る河北さんとHowTwoがコラボして開発したのが【マルチビューティブラシ】です。

マルチビューティブラシ

¥6,480

販売サイトをチェック
「誰でも簡単に、しかも場所を選ばずきれいになれるアイテムを作りたい」という思いから完成したマルチビューティブラシは、熊野筆の中でも最も上質な「細光峰」という使用し、極上の肌当たりを実現しています。

ローラー部分にはチタン素材を使用して、日本人の顔に最もフィットするサイズと固さに仕上げました。

8月10日の発売直後から話題となり、多くの方から嬉しいお声をいただいております。

今回は、そんなマルチビューティブラシ1本を使った「パウダー&ハイライトでつや感メイク」をご紹介します。


<マルチビューティブラシの使い方>

■Powder Foundation

余分なパウダーをOFF。

パウダーファンデーションをブラシにとったら、まずは手の甲ではらい、余分なパウダーを落とします。

最初に塗った箇所にべったりと付いてしまうのを防ぎ、ふんわりと自然に仕上げます。

-小鼻-

1.毛穴が気になる部分にクルクル。

ふんわりとパウダーファンデーションを含ませたブラシを、小鼻にクルクルとあて、毛穴をカバー。

2.トントン重ねて さらにカバー。

上からさらにトントンとタップするように重ねて、カバー力を高めましょう。

-フェイスライン-

パウダーファンデーションをつけ直したら、顔周りはサッと滑らせて。
内側から外側に向けて滑らせるイメージで、ナチュラルに仕上げます。

-目の周り-

残りのパウダーを馴染ませる程度に。

フェイスラインにパウダーを塗ったら、残りのパウダーを目の周りに馴染ませます。
目の周りは皮膚が薄く乾燥しやすい部分なので、薄く馴染ませる程度に塗っていきます。

■High Light

POINT:ブラシを短くして使用。

ブラシを少し戻して、長さの調節をしましょう。
ハイライトはピンポイントでおいていくので、短くして使用するのがオススメです。

-Tゾーン-

光を集めて、鼻筋を高く。

おでこにはふんわりとオン。ふんわり丸いおでこに仕上げます。
のっぺりしがちな鼻根から鼻筋は、高く見せるために縦に細く入れましょう。


-頬-

頬骨の上につや感をプラス。

チークを塗る少し上に、スッとハイライトをプラス。
若々しいつや感が出て、顔色が明るく見えますね。


-顎-

顎先にのせて、立体感を。

残ったハイライトを軽く付けるイメージで、顎先にちょんちょんとのせます。

使用後はティッシュOFF。


マルチビューティブラシ1本で作る、立体つや感メイクをご紹介しました。
使うアイテムによって筆の長さを変えて、より立体的なつや感メイクを楽しみましょう。


<staff credit>
director / rubi kato
videographer / hikaru nakajima
movie editor / HowTwo staff
writer / rubi kato