周りと差がつく  オフショルワンピ着こなし4WAY

♡ 221

夏のトレンドファッションといえば、今年も「オフショル」ですよね。

鎖骨や首元を女性らしく綺麗に見せてくれて、二の腕もカバーできる万能シルエットのアイテムです。

その上、女性ウケも男性ウケも良いため、ついつい週末はオフショルばかり着てしまう。
でも、同じシルエットだから、なんとなくどれも似て見えて、いつも同じ着こなし……。

そんな方にぜひ試していただきたい、オフショルワンピースの着こなしをご紹介します。
ワンパターンになりがちなオフショルですが、実は色々な着方ができるんですよ。


<オフショルワンピの着こなし4WAY>

1.OFF-SHOULDER

今年も流行のオフショル。
夏アイテムで定番コーデ。

まずはそのまま、トレンドの定番オフショルシルエットで。
さらっと着るだけで今年らしく仕上がるワンピースは、1着は持っていたいですね。


2.ONE-SHOULDER

あえて片側のみを出す上級者コーデ。エレガントな印象に。

今度は片方の肩を上げて、片側だけを残してワンショルダーに。
あえて残すことでより色っぽく、女性らしく見えます。
夜のパーティやイベントにオススメの着こなしです。


3.BARETOP-ONEPIECE

胸上でとめて帽子をON。
リゾート感をプラスして。 

今度は腕をすっぽりと通してしまって、ベアトップワンピースとして。
街中でも良いですが、水着をチラ見せさせても可愛いですし、ゆったりとしたラフ感がビーチやプールにぴったりの着こなしです。

4.WAIST MARK

黒ベルトをプラスして引き締め。高見えコーデに。

ラストは定番のオフショルに黒のサッシュベルトをプラスして。
ベルトをつけるだけで全体が引き締まって見えますし、ぐっと高級感が出ますね。
ショッピングや女子会にオススメの着こなしです。


いかがでしたか?

同じオフショルワンピースでも、着方を変えるだけでこんなにも印象が変わるんです。

マンネリになりがちなシルエットも、少し着方を工夫して、印象をチェンジしてみましょう。
TPOに合わせて変えると、より一層ファッションを楽しめますよ。

<staff credit>
director / yuri sugiyama
videographer / GOMEZ
movie editor / GOMEZ
writer / rubi kato