BLUEをプラス Healthyビーチメイク

♡ 136

ビーチにプールに、水のレジャー。
これからの季節、そういった場所に皆でワイワイ行く機会も増えてきますよね。
すでに遊びに行かれた方もいらっしゃるのでは?

ですが、海やプールに行く際に悩むことといえば、“メイク”。

いつものメイクだとキメすぎだし、この年になるとまさかすっぴんでは行けない……。
カラーメイクで遊んでみたいけれど、浮かれていると思われそう……。

結局、トレンドを取り入れた浮かないビーチメイクって、どういうものが良いの?

そんなあなたにオススメしたいのが、“BLUEをプラス”したメイク。

足し算、引き算をしっかり考えて、盛り過ぎず華美にしすぎないのが、失敗しないコツ。
あくまでも大人のビーチメイクは、「#Healthy」であることがカギなんです。


<メイク工程>

■STEP1 EYE SHADOW
ラメ感のあるブラウンをのせる。

メインカラーは、やっぱり定番色のブラウンをON。
目元を引き締めつつも、ラメ感で夏っぽさをプラスしましょう。


■STEP2 COLOR LINER
夏らしいブルーのラインを引く。

メイクの夏ポイントは、目尻のブルーライン。

ブルーのアイシャドウでは目立ち過ぎてしまうので、アイライナーで爽やかに、ワンポイントだけカラーを取り入れましょう。
細くアイラインに沿って引けば、派手になり過ぎずに、トレンドを取り入れることができます。


■STEP3 CHEEK
目尻の三角ゾーンに日焼け感。

鼻の頭に日焼けチークは、大人ならもう卒業。
目尻の三角ゾーンにクリームチークをのせて、さり気ない血色感を。
自然に焼けて見えて、近づきやすい印象になりますよ。


■STEP4 LIP
口元は落ち着いたベージュで。

目元のカラーや日焼けチークで遊んだら、あとのメイクはシンプルに。
口元には浮かないベージュカラーを塗って、大人っぽさをプラスしましょう。
ブルーラインが引き立って、より印象的なメイクの完成です。


ビーチに行くときくらいは挑戦したいカラーメイクも、これならハードルが低く、取り入れやすいですよね。

普段のメイクのカラーをマイナスして、ほんの少しだけ、トレンドカラーを取り入れてみましょう。
夏の今なら、ブルーやイエローを取り入れるのが爽やかでオススメです。

ちなみに、肌はマット肌よりも断然ツヤ肌が◎
海やプールには、フレッシュでヘルシーな印象のメイクが似合いますよ。

週末くらい、ナチュラルなツヤ感を生かして、ちょっぴり肌も息抜きしちゃいましょう。