HAIR

2017-07-29

1分でできる!ロングに似合うCAPヘア

夏は日差しが強いし、日焼け止めだけだとどうしても日焼けが気になる。
でも、日傘は何だかキャラじゃないし、キャップをかぶると子供っぽくなりすぎる。
日焼け止め以外の顔の紫外線対策って、どうしたら良いの?

そんな方にオススメしたいのが、「ロングに似合うCAPヘア」アレンジ。

忙しい朝でも1分でできますし、出先でもゴム1本だけでサッとできてしまう簡単アレンジです。

バタバタした忙しい朝でも、夏のお出かけ先でも、ぜひ試してみてください。


<ヘアアレンジ工程>

1.後れ毛を多めに残してポニーテール。

顔まわりや耳上、うなじの髪を多めに残し、ざっくりとポニーテール。
キャップをかぶるので、位置は低めに結びましょう。


2.くるりんぱ。

ポニーテールした結び目を少し緩め、くるりんぱします。 


3.くるりんぱ部分をほぐす。

くるりんぱしたら、ゴムの部分から外側に向かって髪を引き出し、ほぐしていきます。
このひと手間で、キャップ下にボリュームが出てとても可愛くなりますよ。


4.CAPを脱いだ時のためにトップもほぐす。

ここがポイント。
キャップを脱いだ時に残念ヘアにならないように、トップの髪もバランスを見て毛束を引き出し、ボリュームを出します。
 

5.後れ毛をコテで巻く。

最初に残しておいた後れ毛をコテで巻き、こなれ感を演出。
内巻きと外巻きをMIXしましょう。


6.顔まわりの髪を巻く。

バランスを見て、顔まわりに残っている髪も程よく巻きます。
可愛らしい雰囲気が好きな方は内巻きで、
大人っぽい雰囲気にしたい方は外巻きで、
こなれ感を出したい方は細めのコテでMIX巻きがオススメです。


いかがでしたか?

ゴムを1本使ったくるりんぱだけで、キャップを被っても大人っぽく、しかも女性らしい雰囲気になれるヘアスタイルの完成です。

今まで「キャップって何だか難しくてかぶれない」
そう思っていた方も、ぜひチャレンジしてみてください。

髪型や帽子を変えるだけで、ファッションの幅も広がって、新しい自分に出会えるかもしれません。