眉毛、服装、小物使い… サングラスFashionのオキテ

♡ 198

海外旅行に、夏のレジャー。
日差しをたっぷり受ける夏は、紫外線予防のためにも「サングラスを使いたい」という方が多いのではないでしょうか。

ですが、お気に入りのサングラスを買ってかけても、何だかしっくりこないし、日本でかけると浮いている気がする……。

せっかくオシャレなサングラスを買ったのに、難しくてなかなか使う機会がない……。

今回は、そんな方に見ていただきたい、「サングラスFashionのポイント」をご紹介します。


■01 / 眉毛が見えている

solution:眉が隠れる大きさがBEST

外国の方がかけていると、とってもオシャレに見えるのに、いざ自分がかけるとなんだか間抜け……。

その違いは、眉と目の距離なんです。

日本人は眉と目の距離が離れているため、同じサングラスをかけても眉毛が出てしまって、何だか違って見えるのです。

サングラスを購入する際には、しっかりと試着して、眉毛が隠れるものを選ぶようにしましょう。
そうすることで、すっきりと収まって、違和感なくかけることができますよ。


■02 / 服装がミスマッチ

solution:シンプルな洋服を選んで。

いくら可愛いファッションが好きでも、サングラスをかける日は、サングラスに合わせてお洋服も替えましょう。

個性的なサングラスには、シンプルなお洋服を合わせるのが◎
Tシャツとデニムのラフなファッションにサラッと合わせて、気分は海外旅行です。


■03 / 小物の使いすぎ

solution:髪はアップですっきり。アクセは控えめがPOINT。

大きめフレームのサングラスをかけるときは、巻き髪を合わせるとゴージャスになりすぎてしまいますね。

そんなときは、すっきりとポニーテールがオススメ。

首元や顔まわりを出せば、ヘアスタイルが主張しすぎることなく、オシャレにサングラスをかけることができますよ。

アクサセリーも華美になりすぎないよう、ポイントで付けるくらいにしましょう。


いかがでしたか?

「サングラスが似合わない」と思い込んでいる方も、選び方や合わせ方を知れば、簡単にオシャレなサングラスファッションを楽しむことができますよ。

使わなくなったサングラスも、ポイントを押さえて、今年からまた活躍させましょう。