ラップの切れ目が見つからない!3つの対処法

♡ 1581

食品ラップを使っていると、切れ目が巻き取られてしまって、どこが切れ目なのかわからなくなってしまうこと、よくありますよね。

一度巻き取られてしまうと、もう自力ではなかなか探せずにどうしてもイライラ……。

とがったもので無理やり切れ目を探そうとすると、中の層まで傷がついて使えなくなりますし、傷をつけることでラップ同士がくっつき、さらに使用しにくくなります。

また、「ラップをコンロの火にかざすと端が丸まる」というやり方も、ネットで検索すると出てきますが、直火は絶対にNGです。
とっても危険ですし、ラップが溶けてくっついてしまいます。

ほぼ毎日使うラップだからこそ、正しい裏ワザを知って安全に、そして快適に使いましょう。

ということで今回は、ラップの切れ目が見つからないときの、3つの対処法をご紹介します。

<Solution>

Item 1.セロハンテープ

テープで側面をペタペタする。

セロハンテープを5センチくらいに切り取り、ラップの片方の端をペタペタ貼ってはがしてを繰り返し、一周します。
切れ目とテープがうまくくっつけば、テープに引っ張られて、切れ目が現れます。

Item 2.スポンジ

スポンジの柔らかい面でこする。

乾いたキッチンスポンジの柔らかい面を使い、ぐりぐりとラップをこすります。
ひねりながらこすると、簡単に切れ目が出現します。

Item 3.輪ゴム

輪ゴムを4本通し、くるくると回す。

輪ゴムを4本用意したら、親指と小指に掛け、ラップを手に押し付け、くるくるとこするように回します。
ラップの切れ目が輪ゴムに巻き付くように出てきます。

いかがでしょうか。
私たちでも、とっても簡単にラップの切れ目を見つけることができました。

全てキッチンにあるグッズで簡単にできるので、ラップの切れ目が見つからなくてイライラすることもなくなりますね。

ちなみに、上記でご紹介した3つの対処法以外にも、簡単なものがいくつかあるので、ご紹介したいと思います。

対処法4つめは、「濡れ布巾でラップをこする」という方法です。

くっついている原因である静電気を除去することで、吸着力が弱まり、ラップの切れ目が見つかりやすくなります。

5つめは、「冷凍庫に入れる」という方法です。

ラップを箱から取り出したら、そのまま、冷凍庫に1分ほど入れます。
箱ごと入れると冷えるまでに時間がかかるので、直接入れるのがオススメです。

冷凍庫から取り出すとラップの表面に霜が降りて、切り口の凹凸がハッキリするので、目で切れ目が確認できます。

身近な道具を使えば、意外にも簡単にラップの切れ目が見つかります。

皆さんも、自分に合ったやり方でぜひ試してみてくださいね。