LIFE STYLE

2017-07-19

パーソナルフェイストレーナー木村祐介の 姿勢改善で小顔&バストアップ魅せ

半袖、ノースリーブ、キャミソール。
夏になると、洋服の生地が薄くなり、暑さで自然と肌の露出も増えますよね。

だからこそ、夏に向けてダイエットに励んでいる方も多いと思います。

でも、一方で、ダイエットをコツコツ頑張るのはなかなか難しい……という方もいるのではないでしょうか?

そんな方に朗報です。

今回は、姿勢を改善するだけで、小顔見せやバストアップ見せなど、痩せてスタイルアップしたように見える方法をご紹介します。

やり方を紹介してくれるのは、パーソナルフェイストレーナー・木村祐介さん。

木村さんは、均整のとれた優れた美しい小顔を一緒に作り上げてくれる、日本で唯一のパーソナルフェイストレーナー。
運動力学や機能解剖学を基に独自のメソッドを考案し、芸能界からのリピーターも多い超人気トレーナーです。

それではさっそく、スタイルアップのための姿勢改善をご紹介します。


<ステップ>

1. 背骨の間の”胸椎”を意識する

まずは、意識をすることが大切です。
背骨の間にある、胸椎と呼ばれる骨を意識します。


2. 鼻で息を吸いながら反らせる 

丸まってしまった胸椎をまっすぐ立たせるようなイメージで、体を反らせていきます。


たったこれだけです。

このように姿勢改善をすることで、首のラインが長く感じられ、小顔見せ効果があります。
バストラインも引き上がるので、バストアップ見せも叶います。

さらに、フェイスラインの脂肪が上に引き上がり、顔まわりもすっきり。目もぱっちり大きく見えます。
ほうれい線などの悩みがある方は、まずは姿勢改善でフェイスラインから整えていきましょう。

自然と肩甲骨が寄って腕が後ろへ下がるので、腕が細く長く見えるそうです。

姿勢改善一つで、それぞれのパーツが美しく、体のシルエットが全体的に整って見えるようになります。

一石二鳥どころではありませんね。


姿勢改善をする際に、間違いやすいNG例を2つご紹介します。

<NG 例1>
胸を張りすぎてはダメ。

胸を張りすぎると、肩甲骨のスペースがなくなって肩が上がってしまいます。
肩が上がると顔が前へ出て、首は短く、顔は大きく見えてしまうのです。

さらに、フェイスラインの崩れから顔のたるみや二重アゴを助長してしまうそう…

胸の張りすぎはNGです。


<NG 例2>
腰を反りすぎてはダメ。

腰を反りすぎると、足が前へ行きすぎて、太ももが太く見えてしまいます。
それによって、足も短く見えてしまうそうです。
足が細く見える位置を心がけましょう。

首のラインが長く見える、ちょうど良いところまで反らせましょう。




ちなみに、姿勢改善によって、スタイルアップだけでなく、日常生活のあらゆる問題が改善されるそうです。

たとえば、姿勢は肩こりに大きく影響しています。
また、寝ているあいだの歯ぎしりも姿勢が大きく関わっているそうです。

木村さんいわく、起きている時の癖が寝ている時に出やすいそうなので、普段の生活の中から少しずつ意識を変えていきたいですね。

皆さんもぜひ、正しい姿勢で美しく快適な生活を送りましょう。


木村さんのトレーニングを希望される方は、下記へお問い合わせください。

「NATURE BODY HOUSE」
address:東京都港区赤坂9-5-12 パークサイドシックスC棟1F
tel:03-3470-5551
open/close:HP参照