意外と知らない!? 野菜の切り方 基本10選

HowTwo

HowTwo

♡ 242

くし形切り、拍子木切り、乱切り……。

レシピ本で何気なく目にするいろいろな野菜の切り方。

普段はそれほど意識していなくても、改まって考えると、意外と知らない切り方もあるのではないでしょうか?

いろいろな切り方があるのには、理由があります。

作る料理に合わせて、適切な切り方を使い分けられるとスマートですよね。

今回は、知っていると使える、基本的な野菜の切り方を10種類ご紹介します。


【野菜の切り方 基本10選】

1. くし形切り

「くし形切り」とは、トマトや玉ねぎなど丸い野菜を縦半分にし、放射線状に切ること。
トマトならサラダ、玉ねぎならシチューなどの煮込み料理の際によく利用される切り方です。


2. 角切り

食材を立方体に切るのが「角切り」。
「○cmの角切りにする」というように、一片の長さとともに表記されることが多いです。
ちなみに、一辺が5mmのものは「あられ切り」、1cmのものは「さいの目切り」と言ったりもします。


3. 半月切り

半月の形からこの名前がついています。
厚さは料理に合わせて変えましょう。
野菜の形や大きさが整っていると均等に火が通りやすく、見栄えもよくなります。


4. いちょう切り

いちょうの葉に似ていることからこの名前がつけられました。
大根や人参などを切る際に使います。
豚汁などに入っている具材も「いちょう切り」が多いですね。


5. みじん切り

「みじん切り」は多くの方が知っているはず。
1,2mmに細かく切り刻みます。
ハンバーグを作る時など、玉ねぎを「みじん切り」にするのが一般的ですよね。



6. 乱切り

あえて不規則な形に切るのが「乱切り」です。
形は違っても、大きさはそろえるようにしましょう。
「乱切り」は、面が大きく、火が通りやすいのが特徴です。


7. 薄切り

名前の通り、薄く切るのが「薄切り」。
いわゆる「スライス」と同じです。
パスタなどの具材を切る時によく使われます。


8. 輪切り

丸い棒状のものを端から直角に一定の厚さで切るのが「輪切り」。
切り口が輪になることからこの名前がついています。
キュウリがサラダに入っている時は、輪切りが一般的ですね。


9. 細切り

こちらも名前の通り、細長く切ること。
長さは4~5cmくらいに切りましょう。


10. 拍子木切り

四角柱に切るのが「拍子木切り」。
長さ4~5cm、幅1cmくらいが目安です。
「拍子木切り」よりも薄く切ったものは、「短冊切り」と言います。
バーニャカウダなどの野菜は「拍子木切り」されていることが多いですね。


以上、野菜の基本の切り方を10種類紹介しました。

いくつ知っていましたか?

簡単な基本をマスターすることで、より美味しく、より見栄えの良い料理を作ることができます。

ぜひ、実践してみてください♪