HAIR

2017-07-06

ねじり&三つ編み 低めおだんごで大人な浴衣ヘア

HowTwo

HowTwo

♡ 429

日に日に暑くなって、もう夏本番ですね。
これからの季節に増える楽しみなイベントの1つといえば、「お祭り」。

お祭りの日くらいは、浴衣を着て、いつもより少し気合いを入れたヘアやメイクで、普段と違った自分を楽しみたいものです。

ですが、浴衣を着るには着付けが必要だったりと、何かと費用がかかりますよね。
今年新たに浴衣を購入しようとしている方は、なおさら費用にシビアになるのではないでしょうか。

せめて、ヘアアレンジだけでも自分でできたら節約になって嬉しいのに……。

そんな方のために、今回は、自分でできる「大人の浴衣ヘア」の作り方をご紹介します。
簡単なのに、手が込んでいるように見えるのでオススメです。


<大人の浴衣ヘア プロセス>

1. サイドの髪を2つに分ける
サイドの髪を適量とり、2つに分けます。

2. ねじりながら編む
耳上部分から、2つに分けた髪をねじりながら編んでいきます。
襟足の髪を上から下へ、少しずつ取りながら進めるのがポイントです。

3. 反対側まで編んだら、髪をまとめて1つに結ぶ。
襟足を過ぎるくらいまで編んだら、反対側で髪をまとめて、結びましょう。

4. 毛先まで三つ編みする
結んだ毛束を、毛先の方まで三つ編みしていきます。
崩れないようにしっかりと、きつめに三つ編みをしていきます。

5. 毛先からくるくると巻き、おだんごを作る
三つ編みができたら、編んだ三つ編みを持ち、上へ向かってくるくると巻いていきます。
ゴムで結んだ部分が隠れるようにおだんごを作りましょう。

6. 髪飾りをつければ、完成。
浴衣に合うお気に入りの髪飾りをつければ、一気に華やぎます。

ゆるっとした印象がありつつも、崩れにくい「大人の浴衣ヘア」の完成です。

アップスタイルといいつつも、低めの位置におだんごを作ることで、落ち着いた大人らしい雰囲気を演出することができます。

友達とのお祭りではもちろん、彼とのお祭りデートでも、ぜひ試してみてください。


ちなみに、男性にとって浴衣ヘアの“きゅんポイント”は、「普段は隠れているうなじが見えること」だそうですよ♪

いつもはヘアアレンジをしない方も、特別な日にはセルフアレンジを取り入れて、彼をドキッとさせてしまいましょう。


衣装協力 Tokyo135°渋谷店
HP : http://tansuyasb.exblog.jp/
Instagram : @tokyo135do_shibuya