LIFE STYLE

2017-07-02

もう素手は使わない フォークとナイフでエビを食べる方法

HowTwo

HowTwo

♡409

レストランやパーティーなど、少しかしこまった場所でふと出された有頭エビ。
普段なら手で殻を剥いて食べる……けれど、今日ばかりはスマートに、フォークとナイフを使って美しくエビを食べたい。

そんな時に使える、手を汚さずに「フォークとナイフでエビを食べる方法」をご紹介します。

思ったよりも簡単にできるので、ぜひ動画を見て試してみてください♪


<STEP>

1. 自分から見て、エビの頭を左上にして置く
自分のお皿にエビを取ったら、エビを回転させて頭が左上になるようにして置く。

2. 頭側の脚の付け根にフォークを刺す
エビの頭側の脚の付け根に向かって、フォークを刺し、エビの頭部を固定する。
 
3. 頭部の殻と身の間をナイフで切る
エビの頭部を固定したら、頭部の殻と身の間に、斜めにナイフを差し込み、頭を切り離す。

4. ミソを出して食べる
頭部を切り離したら、入っているミソをナイフで出し、食べる。

5. 脚をおさえ、切り落とす
フォークで脚をおさえ、ナイフで脚を切り、身から切り落とす。
足が細くておさえづらい場合は、数本ずつに分けて切っていく。

6. 節と節の境目を切る
殻にある節の境目のうち、大きい頭部側をまずは1つ切る。

7. 身の部分にフォークを刺して固定
小さく切れたら、身の部分だけにフォークを刺し、固定する。

8. ナイフで身から殻を外して、食べる
ナイフを身と殻の間に差し込み、殻を外して食べる。

9. 尻尾まで食べ進める
同様に、1節ずつナイフで切り、尻尾まで食べ進める。


残った殻は、お皿の右側にまとめて置いておくと、食べ終わった器も美しいですよ♪

シェフが心を込めて、綺麗に美味しく作ってくれた料理。
できることなら、食べる姿も、食べ終わった後も、スマートに美しくいたいものです。

普段はざっくばらんに、楽しみながら食べるものですが、たまにはかしこまって、フォークとナイフで上品に食べてみるのはいかがでしょうか?

食べ方ひとつですが、上品な所作を心がけることで気持ちが落ち着き、穏やかな気持ちになれるかもしれません。

みなさんもぜひ試してみてくださいね。