日本の常識 実は世界でマナー違反?

♡ 752

国別で全く違う食べ方のマナー。
日本では常識的な食べ方も、実は海外ではマナー違反になっていたりします。

今回は、海外旅行先で失礼がないように覚えておきたい、各国の食べ方マナーをご紹介いたします!

<韓国>

器を持ち上げてはいけない。

韓国では日本と同じようにお箸を使って食事をします。

しかし、日本とは決定的に違う食事マナーがあります。それは「食器を手で持ってはいけない」ということです。

日本では味噌汁など、汁物は食器を持って口に運びますし、食器を持って食べたほうが丁寧で綺麗に見えることもあります。

しかし、韓国では例え汁物であっても、食器を持って食べるのはNGなんです。

また、箸とスプーンを両方使うこともNGです。
箸を使っているときはスプーンを置く、スプーンを使っているときは箸を置くというように、どちらか1つだけを使わなくてはなりません。

<中国>

出された食べ物は少し残すのが感謝の表れ。

中華料理の食事会ではテーブルにたくさんの料理が並びます。

もてなす側は食べきれないほどの料理を用意してゲストをもてなします。

そこで、ゲスト側は出された皿の料理を全部食べてしまうことは、もてなしてくれた人にへ失礼にあたり、マナー違反となります。

中国では、料理を少し残すことがルールなのです。
ちなみに、残した料理を持ち帰ることはマナー違反ではありません。
お持ち帰りしたいほど、おいしい料理を振る舞ってくれたと敬意を表すことにも通じます。

レストランでも、プラスチックパックや紙製の弁当箱を用意している場合が多いので、持ち帰りたい料理があったら遠慮なく店員さんに頼むとよいでしょう。

<インド>

食べるのは右手だけで 左手は「不浄の手」とされています。

インドのもっとも基本的で注意が必要な情報のひとつに、食事のマナーがあります。

基本的に、インドでご飯を食べるときは右手の指先だけを使います。
使っても指の第2関節まで。そして、左手は絶対に使いません。

左手は、トイレのお尻を拭くのに使われるので「不浄の手」と呼ばれており、食事をすることは、とても大きなマナー違反になります。

<イタリア>

パスタはフォークだけで食べます。

日本ではスプーンも使って食べることが多いですが、イタリアの伝統的な食べ方は、フォークのみ使ってパスタを巻き取って食べます。

頂上付近にフォークをつきたてるのではなく、麓のパスタから積み木崩しをするように一度外側に口に運ぶ量だけ引き出し、そこでフォークを回してフォークに巻き取るようにして口に運びます。
今回は4ヶ国ご紹介いたしましたが、他にも国別の食べ方マナーはたくさん存在するので、旅行前に確認するように心がけましょう♪