BEAUTY

2017-03-20

ふんわり優しい印象に♪ナチュラルたれ眉メイク

ナチュラルなふんわり太眉の描き方をご紹介します。
眉が顔の印象を決めるので、メイクの中でも大切なポイントです。
ナチュラルなふんわり眉のポイントは、キリッときつい印象にならないよう、ふんわり太めに仕上げることです。

<使用アイテム>
☆ケイト デザイングアイブロウN EX-4
2種類の筆のうち、太い方の筆だけを使用します。
筆を押したときの太さと、石田一帆さん自身の仕上がりの眉の太さが一緒だから、描きやすいそう。
難しい調整をしなくても、理想のナチュラルな太眉になります。

ケイト デザイングアイブロウN EX-4

¥1,171

販売サイトをチェック
☆イプサ アイブロウライナー BR
芯が楕円形だから、ペンシルだけどふんわりとした質感になります。
パウダーと馴染ませやすいため、お気に入りだそう。

イプサ アイブロウライナー BR

¥1,863

販売サイトをチェック
<工程>
☆ケイト デザイングアイブロウN EX-4
1.中央から真横に向かって平行にパウダーをのせる
 あとで眉頭を描くのでここでは描かない
 元の眉の色素が薄いので ここでしっかり色をつけていく
2.自然な眉頭にするため、余ったパウダーで眉頭を描く

☆イプサ アイブロウライナー BR
1.眉の下と上の部分を描き足す
 パウダーでは足りない部分をペンシルで補うイメージ
2.眉尻はしっかり描かずに、パウダーとペンシルをなじませる程度に描く

<石田一帆さんコメント>
パウダーとマスカラのみでシンプルに仕上げています。
輪郭はボヤッとさせつつも、しっかり色をつけるのがポイントです。
ナチュラルなふんわり太眉にしたい方にオススメの描き方です。