秋の薔薇で大人ピンクの飾り方

♡ 142

女性なら誰もが一度は憧れを抱く、ロマンチックな薔薇。
映画でも大人気となった「美女と野獣」でも、赤い薔薇がキーポイントとなってとても魅力的ですよね。

みなさんは、そんな薔薇が季節によって種類が異なるというのをご存知ですか?
実は、春薔薇・秋薔薇と、薔薇には2種類あるんです。

5月〜6月にかけて見頃なのが、春薔薇。
春薔薇は、ボリューム感があるのが特徴です。

一方それに対して秋薔薇は、10月〜11月に見頃を迎えます。

この2つの大きな違いは、色です。
気温差が大きいほど濃い色になる薔薇。

秋〜冬にかけて見頃の秋薔薇は、色味が濃く、深い香りがします。

今回はそんな濃いピンクの秋薔薇を中心に使用した、お花の活け方をご紹介します。
きっとお部屋のアクセントとなり、素敵な空間が作り出せますよ。

まず、用意するのは、薔薇やグリーンの綺麗な手まり草、ベロニカ、セダム。
全体の色味は濃いピンクを中心に、統一感を持たせた薄いものやグリーンなど。

花瓶に綺麗に活けるコツは、まずブーケを作ってから花瓶に入れること。
色の薄い薔薇を中心に集めましょう。

その周りに三角形を作るようにして濃いピンクで囲みます。
濃い色は一箇所に固めないのがポイント。
さらに、その周りを三角で囲むようにして足していきます。
ここで全体のボリュームが一気にアップします。

ブーケが大きくなってきたら、花瓶に挿しましょう。
バランスを見て、長いものなどを周りに飾って。

最後にボリュームがしっかりとある、手まり草を加えたら完成。
グリーンがプラスされることで、よりピンクとのコントラストが映えて綺麗に見えます。


いかがでしたか?
普段、花束をもらっても、花瓶に入れずに放置してしまっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

花瓶に活けて、お花のある素敵な空間を楽しんでくださいね。



Flower artist yukaRi

2012年よりフラワーアレンジメント
『Wreath&Candle』レッスンサロン主宰。和の生け花やハーブをふんだんに使ったフラワーリース、フラワーアレンジメントを教えるフラワーアーティスト。
花で季節を感じる幸せを伝えたい想いと花や植物が人を癒す効果を
レッスンに取り入れる。
週末の朝に皆んなで花をアレンジするイベント『フラワー朝活』も主宰。

美容研究家、料理研究家とのフラワーレッスンコラボイベントも多数開催。
<staff credit>
director / yuri sugiyama
videographer / HowTwo staff
movie editor / HowTwo staff
writer / yuri sugiyama