どじょう掬いまんじゅう

♡ 313

楽天ウィークリーランキング3位のどじょう掬いまんじゅうをご紹介します!
インパクト大なので、話題になること間違いなしですよ〜!

島根県安来市に伝わるどじょう掬いの踊りをモチーフにしたお饅頭です。
ほんのり洋風の外皮に、しっとりした白あんが美味しい♪
甘さも控えめで、とっても上品な味わいです。

山陰銘菓どじょう掬いまんじゅう

¥755

販売サイトをチェック

愛され続けるお饅頭

1967年から愛され続けている、中浦食品のどじょう掬い饅頭。
安来節に合わせて踊る「どじょう掬い踊り」に使う"ひょっとこの面"をデザインしたひょうきんに親しみを感じますよね♪

山陰地方の代表銘菓は、山陰のお土産品として大ヒットしてから、数々の賞を受賞しているんです。
白あんだけじゃなく、抹茶餡、チョコ餡、いちご餡、20世紀梨餡など、新味もその都度発売されています。

あらえっさっさー!

ドラマ「好きな人がいること」で注目をあつめた、桐谷美玲さんのひょっとこ姿。
彼女がお話の中でも踊っていた安来節は、「あらえっさっさー」の合いの手とユーモラスな「どじょう掬い」の踊りで、大正から昭和にかけて一世を風靡したんです。

元々は、鉄の積み出しで賑わった安来港で、船頭たちが歌った追分や佐渡おけさが元歌だと言われています。

「どじょう掬い」の踊りの由来は、一つは砂鉄をすくう動作を真似たと言う説があります。
最も有力視されているのは、こちら!安来地方では盆踊りがすむと「笠破り」といって若者が川からどじょうを掬い、畑から野菜を失敬して慰労の宴を開く習慣があり、その座興から発展したと言う説だそうですよ。