眉毛の衣替え 秋の大人深み眉メイク

♡ 519

秋メイクといったら、アイメイクやリップメイクなどで秋らしさを演出することが多いですよね。

ですが、普段の秋メイクはちょっと飽きた…
そもそも秋メイクの仕方がわからない…
という方も多いはず。

そんな時に眉メイクを普段とは違うメイクにすることで、簡単に秋らしさを演出することができるのをご存知ですか?

そこで今回は、誰でもすぐに取り入れられる「秋の大人深み眉メイク」をご紹介します。


<秋の大人深み眉メイク プロセス>

まずは、暗めのブラウンで眉を秋色にします。

暗めのブラウンを使うことによって深みが出るので、大人っぽい印象を与えてくれます。

このとき、小鼻と目尻の延長線上に眉尻があるようにすると、バランスのとれた美しい眉になりますよ。

使用アイテム:「exel パウダー&ペンシル アイブロウ EX #PD05」

exel パウダー&ペンシル アイブロウ EX

¥1,566

販売サイトをチェック
次に、毛流れに沿って整え、眉頭からふわっとパウダーをON。

こうすることによって、パウダーで眉がぼかされ、優しい印象の眉に仕上がります。


そして、鼻筋とまぶたのくぼみに影を作ります。
この時、影は黒目の上まで入れます。

鼻筋とまぶたのくぼみに影を入れることによって、顔にメリハリができ、鼻筋が通って見えるので小顔効果が期待できます。

使用アイテム:「JILL STUART アイブロウパウダー #01」

JILL STUART アイブロウパウダー

¥3,456

販売サイトをチェック
最後に、顔とコームが90°になるように持ち、軽く触れる程度に、眉頭から眉尻へ毛流れに沿ってコームを当てていきます。

すると、1本1本にしっかり色づき、秋顔になります。

眉マスカラを使うことにより、程よい抜け感を出すことができます。
あえて暗めの色をチョイスすることにより、雰囲気がとっても秋っぽくなりますね。

使用アイテム:「shu uemura ブロー:コーム #アッシュブラウン」

shu uemura ブロー:コーム

¥3,564

販売サイトをチェック
「秋の大人深み眉メイク」はいかがでしたか?

夏は全体的のカラーが明るめなので、眉メイクも自然と明るくなりがちですが、秋メイクでは眉に深みを持たせることによって、それだけで一気に秋っぽさと大人っぽさが出せるのでとってもオススメです。

そのほかにも、季節によって眉メイクを変えると、こなれ感も出すことができますよ。

また、普段のメイクにこの眉メイクを取り入れるだけで秋らしさを演出することができるので、カラーメイクが苦手な方でも、チャレンジしやすいですよ。

誰でも簡単にできるので、みなさんもいつもとは一味違う眉メイクで、秋っぽさを演出してみませんか?


<staff credit>
director / yuri sugiyama
videographer /HowTwo staff
movie editor / HowTwo staff
writer / natsumi shimo