異素材で甘辛MIX 大人っぽピンクNAILのオキテ

♡ 62

秋になると、ついつい手にとってしまう「くすみカラー」。
お洋服や小物はもちろん、ネイルにもいち早く取り入れて、指先からもトレンドの秋を感じたいですよね。

身につけるアイテムなら、グレーやカーキなどのダークな色味もオシャレですが、指先なら断然ピンクが綺麗見えしますよ。

トレンドのデザインを取り入れることもオシャレな女性には必要ですが、せっかくなら指自体も綺麗に見せたいですよね。

ということで今回は、くすみピンクをベースにした「異素材で甘辛MIX 大人っぽピンクNAIL」をご紹介します。

可愛らしくなりがちなピンクネイルも、くすみカラーをチョイスすれば簡単に大人っぽく仕上がりますし、のせるパーツによってさらにオシャレ上級者にもなれちゃうんです。

イメージと違ったネイルにならないための、ネイルサロンでのオーダーポイントも交えてご紹介します!

<失敗しない ORDER POINT>

■BASE
くすみカラーを選ぶと大人っぽい。

ベースとなるカラーは、秋なら断然「くすみカラー」がオススメ。

可愛くなりすぎてしまうピンクでも、肌に馴染むような色味をチョイスすれば、大人っぽく、秋らしく仕上がりますよ。

クリアな質感だと夏らしく見えてしまうので、何度かカラーを重ねてしっかりと「くすみカラー」を発色させましょう。


■DECORATION
メッシュは辛めな色がオシャレ
ワンカラーの指を残して甘辛MIX

素材1:メッシュ
素材2:シェル
素材3:天然石
素材4:パール
素材5:スタッズ

高さのないパーツを下にし、徐々に立体的なパーツを重ねていきましょう。

メッシュやシェルで爪の中心部分を埋め、ポイントに大粒の天然石とパールを置いたら、バランスを見てスタッズで隙間を埋めていきます。

のせすぎくらいが可愛く仕上がるので、思い切ってのせるのがオススメです。

これで完成です!

ピンクでも、メッシュや大ぶりの天然石をのせることで、程よく辛さがプラスされ、大人の甘辛MIXネイルになりますよね。

「ピンクは甘めだからちょっと苦手…」という方でも、今回ご紹介した異素材を組み合わせたネイルなら、きっと挑戦しやすいはず!

秋のネイルに迷っている方も、甘すぎるネイルに飽きてしまった方も、ぜひチャレンジしてみてください。


<staff credit>
director / anna tsuboi
videographer / HowTwo staff
movie editor / HowTwo staff
writer / rubi kato