光と影で 進化系 小顔メイク

♡ 605

女性にとって"小顔"は憧れのもの。

小顔になりたいと思い、小顔ローラで顔周りをコロコロしたり、エクササイズをしたり、今より少しでも小顔になるために、努力をしてきた女性は多いはず。

しかし、顔の骨格はそう簡単に矯正されず、小顔への道を諦めた方もいるのではないでしょうか。

なんとかして小顔に近づきたい!
けれど、小顔エクササイズなどをして効果が出るのを気長に待ってはいられない。

そんな方におすすめなのが、「小顔メイク」です。

実は、普段のメイク法を少し変えるだけで、簡単に小顔に近づくことができます。

顔が大きいのが気になっていた。
すぐにでも小顔になりたい!

今回は、女性の憧れである「小顔」に近づくためのメイク方法をご紹介します!


<小顔メイク プロセス>

STEP1 堀り深EYE

アイホールより広めにブラウンをON
下まぶたも囲うように塗る

小顔にメイクで見せるには、立体感のあるメイクに仕上げることが鍵になります。
そこで、目元にブラウンシャドウを広めに入れていきます。

そうすることで、陰影がつき、ぱっちりした目元に仕上がります。



STEP2 逆立て ぼさぼさ眉

上に向かって眉マスカラを塗る
上向き眉で抜け感と立体感をプラス

上に向かって眉マスカラを塗ることで、縦長の印象を与えることができます。



STEP3 すっきりFACE LINE

耳前にチークブラシを置く
鼻へ向かってシュッとぼかす


チークは、耳前から鼻へ向けて斜めに入れることで、すっきりした縦のイメージを与えます。
また、笑った時の一番高い位置にチークが入るので、立体感が出て小顔効果につながります。



STEP4 うるうる目元

鼻〜目頭のくぼみにハイライト

小顔メイクに欠かせない、ハイライト。
鼻、目頭のくぼみにハイライトを入れることで、目元に立体感を与え、鼻筋を高く見せてくれます。

鼻筋くっきり&うるんだ瞳に

目線が集まりやすい場所にハイライトをプラスすると、メリハリがつき、引き締まって見えます。


4STEPに分けて小顔メイク法をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

小顔メイクは、立体感を演出することが必要不可欠。
各箇所でメリハリに気をつけてメイクをすることで、全体の印象が引き締まった小顔に見せることができます。

小顔エクササイズで疲れた方、小顔になりたいけれど諦めていた方。
ぜひ今回ご紹介したメイク法を実践して、小顔に近づいてみませんか?



<staff credit>
director /rubi kato
videographer / HowTwo staff
movie editor /HowTwo staff
writer / megumi shimada