LIFE STYLE

お風呂のゴムパッキンの頑固な汚れを撃退!掃除の仕方や交換する方法

お風呂のゴムパッキンについた落ちない黒カビ!何をしても落ちない汚れはどうすれば良いの?とお悩みの方も。今回は、お風呂のゴムパッキンの掃除から交換まで、様々な方法をご紹介します。

 

お風呂のゴムパッキンの汚れやカビについて

お風呂のゴムパッキンに付着した黒い点や赤いシミは、カビの可能性大。根を張ってしまうと、スポンジやブラシで擦ったところで落ちない場合も!

通常の掃除では落とせないゴムパッキンの汚れには、しかるべき対処が必要です。

 

お風呂の汚れの原因

お風呂の壁と換気扇

お風呂にはカビが発生しやすいですが、これは湿気が原因。浴室内だけでなく、窓や壁など結露しやすい場所もカビが生えやすいです。

もちろんゴムパッキンも、湿気が残ったまま放置すると容赦なくカビが発生。

特に黒カビの場合は、ゴムパッキンの奥まで侵入すると、乾燥しても再び湿度が上がるまで潜伏するという特徴あり。

しつこい黒カビを排除するには、根元から取り除くことがポイントです。

■カビが発生する条件

・温度 20℃~30℃
・湿度 70%以上
・皮脂や石鹸カスがある

お風呂はまさにカビが発生する条件が揃っている場所。特にゴムパッキンは丁寧に水気を拭きとるのを忘れがち。

放っておくとひどくなるのはもちろん、カビが胞子を飛ばしてほかの場所にも広がってしまいます。

 

お風呂のゴムパッキンの汚れ対策

カビが発生しやすく、しかも定着しやすいお風呂のゴムパッキン。まずは、カビが好む環境を作らないことが一番の対策です。

 

こまめに掃除する

バスタブは、使うたびに掃除をするのが普通ですが、他の場所もこまめに掃除することが汚れ対策に。

毎日のお風呂掃除の時に、ゴムパッキン周辺の水分も拭き取ります。その後、洗剤や除菌シートで拭いて清潔に保つと、さらに効果あり。

特にドア下にあるゴムパッキンは水気が溜まりやすいので、溝の水気までしっかり拭き取りましょう。

 

換気はマスト

浴室に湿気がこもらないように、換気を心がけることも汚れ対策に。

使用後の換気はもちろん、お風呂場の窓は、使用していない時は常に開けておくのが理想的です。

窓がない場合は、扇風機で風を送るだけでも効果あり。特に湿気が多い時期は、使用する度にきちんと乾かしましょう。

 

黒カビが落ちない場合

お風呂のゴムパッキンは、カビで汚れやすいうえに劣化しやすいという特徴があります。

蛇口周りのゴムパッキンが劣化すると、水漏れが発生しやすくなり、水道料金が高くなることも。最悪の場合はリフォームが必要になる場合があります。

どうしても黒カビが落ちない場合は、交換するのもひとつの方法。

となれば、業者に依頼する必要があるのでは?と思われがちですが、実はお風呂のゴムパッキンの交換は自分でもできます。

しかも、業者に依頼するよりも格安!いくつか方法があるので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、賃貸物件にお住いの場合は、勝手に交換することが禁じられています。

退去時は入居時の状態で立ち退く必要があるので、たとえゴムパッキンの交換でも修繕費を請求されてしまうかもしれません。

どうしても気になる場合は、管理会社や大家さんに相談してみましょう。

 

お風呂のゴムパッキンを交換する方法【1】テープを使う

ゴムパッキンを交換する一番手軽な方法は、市販のテープを貼ってカバーする方法。

使用するのは、水周りにも使用することができる防水テープ。ホームセンターなどで購入できます。

ゴムパッキンの上から、空気が入らないようにしっかりとそのテープを貼るだけ。黒カビが見えなくなり、亀裂や隙間もカバー。

貼る前に、ゴムパッキン部分の汚れや水気をしっかりと拭き取ること。また、既存のゴムパッキンにフィットするよう、長さをきちんと測ってから貼るのがポイントです。

ただし、この方法はあくまでも応急処置。貼り付けたテープの下には黒カビが存在したままです。

根本的にカビを取り除くなら、ゴムパッキンごと取り除く方法を選びましょう。

 

お風呂のゴムパッキンを交換する方法【2】コーキング剤を使う

コーキング剤とは、隙間を埋めるためのシリコンやウレタンを用いた目地材。防水性や気密性を高めるために使われます。

実は、コーキング剤は素人でも使いやすいのがメリット。ホームセンターで簡単に購入できて、行程も簡単なうえに本格的な修繕が可能。

ゴムパッキンにおすすめなのは、防カビ剤が入ったコーキング剤。カビの繁殖を防ぐことができます。

■ゴムパッキンの交換の仕方

・用意するもの

コーキング剤
マスキングテープ
ヘラ

・手順

1.カッターなどを使って、床や壁に傷がつかないよう慎重にゴムパッキンを剥がします。

この時点で、カビが床や壁まで浸透している場合は、カビキラーなどで処理しておきましょう。

2.コーキング剤を塗る部分の水分を拭き取り、しっかり乾かします。

3.コーキング剤を塗る部分を残して、その左右(上下)にマスキングテープを貼って保護。真っすぐに貼ることできれいに仕上がります。

4.マスキングテープの間にコーキング剤をのせて、ヘラで隙間ができないように埋めながら均一にのばします。

5.コーキング剤が乾く前にマスキングテープを剥がします。コーキング剤のパッケージに記載されている規定時間より長い時間放置してよく乾かしましょう。

 

お風呂のゴムパッキンを交換する方法【3】交換用ゴムパッキンを使う

カビで汚れたゴムパッキンを剥がして、交換用のゴムパッキン(後付けビート)に交換する方法もあります。

交換用ゴムパッキンは、必要な長さやサイズで購入できます。ヘラや目打ちがあればはめ込むことができるので、一番手軽で簡単だと思われますが、そうとは言えません。

実は、交換用ゴムパッキンの種類は実に豊富。目に見える部分ではなく、はめ込み部分の形状が同じものを見つけるのにひと苦労します。

苦労して見つけた結果、形が違って隙間ができてしまう場合も。

また、角など細かい部分に入りにくく、きれいに仕上げるにはちょっとしたテクニックが必要。

ゴムパッキンを交換する方法としては難易度高め。普段からDIY作業に慣れている方にはおすすめです。

 

お風呂のゴムパッキンの掃除方法

お風呂のゴムパッキンの掃除方法はいくつかあります。市販の漂白剤でサッと落ちる場合もあれば、頑固でなかなか落ちないものも。

段階別に、用意するものと効果的な方法をチェックしておきましょう。

 

通常の掃除方法

黒カビ菌は、柔らかいゴムパッキンの中に入りこむと表面を擦るだけでは落とせなくなります。

そうなってしまったら、塩素系漂白剤が必要。カビ菌を死滅させて、さらに、奥まで染み込んだ菌糸にまで浸透して色素を分解します。

基本的にはシュッとスプレーして数分間放置すれば取り除けますが、それでも無理な場合はティッシュでパックをして除去しましょう。

■用意するもの

・塩素系漂白剤(カビキラーなど)
・不要になった布
・ティッシュペーパー
・ゴム手袋

■手順

1.ゴムパッキンの水気を、乾いた布でしっかり取り除きます。

2.塩素系漂白剤をゴムパッキンにかけます。カビを覆うようにたっぷり吹きつけましょう。

3.ゴム手袋をはめて、塩素系漂白剤を吹きかけた部分を指で軽く押さえてなじませます。その上からティッシュをぴったり貼りつけて、ゴムパッキンにじっくりと浸透させます。

カビがひどい場合は、この上からもう一度塩素系漂白剤を吹きかけてもOKです。

4.そのまま30分ほど放置してからティッシュをはがし、シャワーで洗い流して終了です。

 

頑固なカビを落とす場合の掃除方法

カビの除去には有効成分を浸透させる必要があるので、ペースト状にして密着させるのが効果的。そこで役立つのが片栗粉です。

■用意するもの

・片栗粉
・塩素系漂白剤
・ゴム手袋
・洗面器

■手順

1.片栗粉と塩素系漂白剤を1:1の割合で混ぜて、ペースト状になるまで練ります。手で混ぜる場合は、必ずゴム手袋をしましょう。

2.1.のペーストを、カビが気になる部分に手で塗り込みます。

3.ペーストをカビにしっかり付着させるために、5分ほど放置します。あまり長い時間放置すると、ゴムパッキンが傷んでしまうので気をつけてください。

4.なるべく熱めのシャワー(50℃以上)で洗い流します。

 

掃除する時の注意点

カビを除去するには塩素系漂白剤が効果的ですが、使用する際にはいくつか注意点があります。

塩素系漂白剤で掃除をすると、塩素系ガスが発生して頭痛や吐き気を催すことも。必ず浴室の換気扇を回しながら、窓がある場合は開けましょう。マスクやゴーグルをはめて掃除するのもおすすめです。

塩素系ガスは空気よりも重いので、低い場所に溜まります。しゃがんで掃除をする時は特に予防を徹底してください。

また、肌に触れると荒れてしまうこともあるので、ゴム手袋は必須。

塩素系漂白剤のパッケージには必ず記載されていますが、酸素系漂白剤との併用も×。有毒ガスが発生する可能性があるので、要注意です。

 

お風呂のゴムパッキン掃除に使えるアイテム【1】UYEKI(ウエキ) カビトルデス PRO 防カビ剤配合

頑固なカビ取りにおすすめの、ゼリー状のカビ取り剤。カビ汚れに密着して、奥深くまで浸透することでカビを根こそぎ除去!

ジェルは赤く着色されているので、塗った部分が一目瞭然。流し残しの心配もありません。

掃除後も防カビ効果が約1ヶ月間持続。定期的に使うことで、常にきれいな状態をキープできます。

UYEKI(ウエキ) カビトルデス PRO 防カビ剤配合

¥1,320

販売サイトをチェック
 

お風呂のゴムパッキン掃除に使えるアイテム【2】COGIT(コジット) パワーバイオ お風呂のカビきれい

お風呂の天井に貼るだけで、赤カビや黒カビなどを予防することができるアイテム。

バイオとは、微生物の働きを利用してカビや嫌な臭いを抑制するシステム。酵素でコーティングすることでカビの侵入を防ぎ、ゴムパッキンも守ってくれます。

貼るだけでカビ取り掃除の手間が省け、さらに予防までしてくれるという優れものです。

 

お風呂のゴムパッキン掃除に使えるアイテム【3】鈴木油脂工業 かびとりいっぱつ185

頼もしい名前の通り、これまで何をしても除去できなかったカビに試してほしい業務用のカビ取り剤。ゴムパッキンを傷めることなく効果を発揮するのが嬉しい点です。

チューブタイプなので、そのままゴムパッキンに直接塗るだけ。透明ジェルが、カビを包み込んで除去する様子を確認できます。

塩素系特有の嫌な臭いもないので、刺激臭が苦手な方でも安心。ハウスクリーニング並みの仕上がりが期待できます。


お風呂のゴムパッキンの汚れは、気になりだすとどうしても落としたくなるもの、そんな時は、ぜひご紹介したような掃除方法を試してみてください。