LIFE STYLE

どの種類を選べばいい?美容家電初心者さんにおすすめなのはコレ

普段のケアが物足りないと思っている人は、美容家電を使うのがおすすめです。今回は、初心者さんに向けて美容家電の選び方やおすすめの美容家電をご紹介します。

 

美容家電を使うメリットは?

オッケーサインをする女性

美容に力を入れたい場合、スキンケアにもっとお金や時間をかけたり、エステに通ったりする方法もあります。では、自分でできるケアを充実させたり、エステで施術を受けたりせずに、美容家電を使うことのメリットとは何なのでしょうか。

 

■エステのようなケアを自宅でできる

美容家電の一番のメリットは、エステのようなケアを自宅でできることです。例えば、エステなどで用いられるレーザー光は、メラニン色素を破壊する効果を期待できるため、シミやそばかすのケアに良いと言われています。

化粧水や美容液などを使ったケアでは、メラニン色素の発生を抑えられても、破壊するのは難しいですが、美容家電を使えば、自宅でエステのような効果を期待できるのです。

また、自宅で本格的なケアができることもメリットです。忙しい時などは、エステに通うのが面倒に感じることがありますが、自宅に美容家電を置いておくと、手軽に使えるのでとても便利です。

 

■コスパが良い

美容家電はコスパが良いこともメリットです。一般的に、エステは通うたびに施術費用が必要ですが、美容家電の中でも人気が高いスチーム美顔器やローラー型美顔器は、使い続けてもほとんど費用がかかりません。

また、高価な美容液などを購入する場合と比べても、美容家電はコスパが良いと言えます。美容液などは使い切ってしまったら新しいものを購入しなければならないですが、美容家電は長期間使い続けられるので、一回のケアにかかる費用は安いことが多いです。

さらに、購入する美容家電によっては、さまざまな悩みのケアに使えることも嬉しいです。例えば、毛穴の汚れを取り除くイオン導出と表情筋に刺激を与えるEMSの機能が搭載された美容家電を使えば、一台で毛穴ケアとたるみケアができます。

エステに行く場合は、それぞれのケアに高い費用がかかりますが、追加費用が安い美容家電を使えば、美容にかかる費用を節約できるでしょう。

ただし、美容家電がエステや高額な美容液と比べてコスパが良くなるのは、購入後に継続して使用した場合のみです。美容家電は本体購入にかかる初期費用が安くなく、一度の使用では効果を期待できないので、継続して使わなければ、コスパは悪いでしょう。

 

■好きな時にできる

好きな時にケアできることも美容家電のメリットでしょう。

多くの場合、エステに行く時は予約を取ってから施術をしてもらいます。希望の日に予約できれば良いですが、人気が高いエステや施術は予約を取るのが難しいため、効率的にケアを進められないことも多いです。

また、忙しい人はスケジュールを調節して予約が取れるエステに通うのが難しくなることもあります。一方で美容家電を使えば、自分の都合に合わせて無理なくケアを続けられます。

「今日は時間があるから丁寧にケアしよう」「肌が乾燥してきたからしっかりと保湿しよう」などと思った時に本格的なケアができることはメリットです。

 

■家族などでシェアできる

エステに通う場合、当然ですが施術を受けられるのは契約した人のみです。一方、美容家電は家族などとシェアできることもメリットでしょう。家族で使えば、一人当たりにかかる費用も抑えられます。

 

美容家電を選ぶ時のポイント

考えている女性

最近はたくさんの美容家電が販売されています。初心者さんが美容家電を購入する時は4つのポイントに注意して自分に合ったものを選びましょう。

 

■本当に使う?

せっかく購入した美容家電を、使わずに放置している人は意外と多いです。美容家電が欲しいと思っている人は「本当に必要か」をもう一度考えてから、購入しましょう。

■今のケアで満足できているなら買わない
現在のケアで満足できている人には、美容家電は必要ありません。普段のケアで美しさをキープできているのに、美容家電を購入しても、効果を実感できずに放置してしまう可能性が高いです。

美容家電は、現在のケアに満足できていない人のみ購入することをおすすめします。

 

■値段は適正?

美容家電の値段は機能やメーカーによって大きく差があります。安いものは約10,000円で購入できますが、高いものは100,000円を超えるものも存在します。

美容家電を購入する時は予算を明確にして、値段に納得できる商品を選びましょう。

■他の商品と比べる
欲しい美容家電が決まっている人も、すぐに欲しい商品を購入せずに、他の商品と比較してみましょう。他の商品と比較することで、同じような機能を持った美容家電のおおよその相場を把握できます。

■安すぎるものには注意が必要
型落ちの美容家電は機能と比較して値段が安いことが多いですが、理由がないのに、極端に安い美容家電には注意が必要です。

安すぎる美容家電は効果を期待できなかったり、すぐに壊れてしまったりすることもあるので、安い美容家電の購入を考えている人は、口コミなども確認してみましょう。

 

■使い方はわかりやすい?

初心者さんが美容家電を買う時は、使い方の確認も大切です。美容家電を購入しても、使い方がわからなかったり、難しかったりすると、使い続けられません。

間違った使い方で使っていると、効果が現れにくくなるため「美容家電を使っても意味がない」と感じて、ケアをやめてしまう人もいるでしょう。

美容家電を購入する時は「初心者でも簡単に使えるか」を確認して、無理なくケアを続けられるものを選びましょう。

 

■続けられそう?

美容家電は一度で効果を期待できるものではありません。早い場合は2週間程度で効果を実感できる人もいますが、遅い場合は効果が現れるまで数か月間かかることもあります。

美容家電を購入しても、長期間使い続けなければ効果は期待できないので「継続して使い続けられるか」の確認も必要です。

■ランニングコストは?
使用する時に専用のジェルや美容液を使わなければならない美容家電を購入した場合、ケアを続けるためにはランニングコストがかかります。

せっかく美容家電を購入しても、ランニングコストが高ければ、継続して使用するのが難しいので、美容家電を選ぶ時は継続使用に必要な費用を計算してみましょう。

■時間はある?
美容家電を買うと、美容のために必要な時間が増えます。美容家電は10分から15分でケアできるものが多いですが、現在のケアで目一杯の人は、美容家電の使用に必要な時間を確保するのが難しいでしょう。

使用する時間がなければ、効果は期待できないので、忙しい人は空き時間に使えるローラー型美容家電などの購入を検討することをおすすめします。

 

初心者さんにおすすめの美容家電

自宅で脱毛する女性の脚

現在は、家電量販店でもインターネットでもたくさんの美容家電が販売されています。「どの種類を選んだらいいかわからない」という方に、初心者さんでも使いやすいおすすめの美容家電をご紹介します。

 

■スチーマー ナノケア EH-SA67

初心者でも簡単に使える「Panasonic(パナソニック)」のスチーマー美容家電。ナノサイズのスチームが角質層に潤いを与えることで、キメを整えたり、乾燥を改善したりする効果を期待できます。

スチーマー美容家電は顔だけに使える製品が多いですが「Panasonic」のスチーマーは髪にも使えるところも魅力的。ナノ化されたスチームを毛先に当てれば、指通りの良いツヤのある髪を目指せるでしょう。

寝ている間にも使えるので、忙しい人にもおすすめです。

■使い方
1.モードを選択します。
2.顔や髪にスチームを当てます。

リラックスしたい時は専用のアロマタブレットをセットして使用しましょう。

◆スチーマー ナノケア EH-SA67
定価:オープン価格

「Panasonic」スチーマー ナノケア EH-SA67

¥36,504

販売サイトをチェック
 

■リファカラット

顔にも体にも使える大人気のローラー型美容家電。ローラー型の美容アイテムは100均などでも販売されていますが、リファカラットはソーラーパネルに光を集めてマイクロカレントを発生させることが特徴です。

マイクロカレントとは、人の体に流れている電流と似ている微弱電流のこと。マイクロカレントに刺激された細胞は活発に働くと考えられているので、たるみやむくみの改善に高い効果を期待できます。

防水機能も付いているため、お風呂でも使えて便利でしょう。

■使い方
1.気になる部分をローラーでつまみます。
2.両方向にコロコロと動かします

◆リファカラット
定価:23,800円(税抜)

「ReFa(リファ)」リファカラット

¥25,704

販売サイトをチェック
 

■LUNA mini2

両面をブラシとして使える電動の洗顔ブラシ。毎分約8,000回の超音波振動を与えることで、手洗顔では落としにくい皮脂や角質、メイク汚れなどを浮かして洗い落としてくれます。

肌の表面に溜まった汚れが落ちると、化粧水の浸透力が上がるため、丁寧にスキンケアすると肌の水分量も上がるでしょう。

タッチポイントは柔軟性に優れたシリコン製なので、肌が敏感な人でも使いやすいです。また、水分が根元に残らない仕様なので、雑菌が繁殖しにくく、衛生的に使えます。

■使い方
1.洗顔料を顔に付けてクレンジングモードに設定します。
2.1分間、顔にまんべんなくブラシを当てて洗顔します。
3.しっかりとすすぎ、化粧水などでケアします。

◆LUNA mini2(ルナ ミニ2)
定価:18,000円(税抜)

「FOREO(フォレオ)」LUNA mini2

¥19,440

販売サイトをチェック
 

■美ルル クラッシィ

一台に超音波エステ、イオン導入、イオン導出、振動エステ、LED光エステの5機能が搭載された美容家電。超音波エステやイオン導出で、肌の奥に溜まった汚れを弾き出し、イオン導入で美容成分を肌の奥まで届けたり、LED光で肌の細胞を刺激したりすることで美肌を目指します。

上下に分かれたセレクトボタンとLEDパネルで操作が簡単なことも、美ルル クラッシィのおすすめポイント。初心者さんでも、悩まず操作できるので、ストレスなく使用を続けられます。

■使い方
1.電源を入れてモードやレベルを選択します。
2.本体を肌に当てて、顔の内側から外側にかけて動かします。

イオン導出でクレンジングする場合は、本体にコットンを取り付けて化粧水を浸透させてから使いましょう。

◆美ルル クラッシィ(ビルル クラッシィ)
定価:11,093円

「belulu(ビルル)」美ルル クラッシィ

¥11,980

販売サイトをチェック
 

■レイボーテRフラッシュPLUS

肌の上を滑らせるだけでエステのような脱毛ケアができる美容家電。肌の上を転がりながら移動距離を感知するインテリジェントローラーが付いているため、照射漏れや照射のしすぎを防ぎながら、効率的にムダ毛をケアしてくれます。

肌の色を感知して出力レベルを自動的に変えてくれるので、一人ひとりに合ったお手入れができるだけでなく、美肌効果も期待できるでしょう。

クール機能が付いているので、照射後に保冷ジェルや保冷剤を使う必要もありません。

■使い方
1.お手入れする場所のムダ毛を剃っておきます。
2.電源を入れてレベルを選択し、照射面を肌に当てます。
3.ローラーを動かしながらムダ毛をケアします。

◆レイボーテRフラッシュPLUS(レインボーテアールフラッシュプラス)
定価:58,000円(税抜)

「YAMAN(ヤーマン)」レイボーテRフラッシュPLUS

¥62,640

販売サイトをチェック

初心者さんはまず、現在の肌の状態を確認し、本当に必要だと思ったら使い続けられそうな美容家電を購入しましょう。普段のケアに美容家電を使ったケアを取り入れると、効率的に肌悩みをケアできます。