BEAUTY

ベビーピンクのリップの魅力とは?メイクする時のポイントや選び方

かわいらしい雰囲気を作ることができるベビーピンクのリップ。しかし、中には血色感がないように見えてしまうのではないかと、なかなか挑戦できない人もいるのではないでしょうか?今回はそんなベビーピンクのリップを使うコツについてご紹介します。

 

ベビーピンクのリップとはどんな色?

まずはベビーピンクのリップの特徴についてご紹介します。

 

元の色味より明るいカラー

ベビーピンクのリップは、元の唇の色味よりも明るさのある色味になります。少し白みを感じるカラーで、色味としてはそこまで目立つようなカラーではありません。ヌーディ系のカラーのリップよりも、柔らかい印象に色づくリップカラーでもあります。

かわいらしさがあるカラーなので、10代や20代に特におすすめできるリップカラーになります。

 

唇をふっくらと見せてくれる

ベビーピンクリップは、唇をふっくらと見せてくれる効果もある色味になります。さりげなく唇に色を乗せるようなカラーなので、グロスと同じような使い方をすることも可能です。色味だけを主張させるのではなく、唇のふくらみを強調させることもできます。

なりたい唇の形にかたどってしまえば、唇の大きさを変えることも可能です。特にツヤ感がしっかりあるタイプのリップを使うと、より唇のふっくら感を強調させることができますよ。

 

人によっては顔色が悪く見える

ベビーピンクリップは、ほんのり唇を色づけるような色味ですが、人によっては顔色が悪く見えてしまうこともある色味です。かなり白っぽさのあるカラーなので、似合わない人にとっては唇ばかりが浮いて見えてしまいます。

万人に似合うカラーというわけではないですが、さまざまな塗り方や使い方をすることによって、不自然さを軽減することも可能ですよ。

 

ベビーピンクのリップを使うポイント

ベビーピンクリップは人によっては悪目立ちしてしまうこともあるカラーです。そんなベビーピンクリップを使う時は、どんなことに注意した方が良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

唇の主張が控えめになる

ベビーピンクリップを使う時は、唇の主張が控えめになるのでそれをしっかり頭に入れておいた方が良いでしょう。ベビーピンクリップは見た目の色味に反して、メイクに対する効果はあまりないことが多いです。

しっかり唇を強調するメイクが好きな人にとっては、少し物足りなさを感じることもあるので、注意が必要になります。唇の印象が減ることによって、普段のメイクと印象が変わることもありますので、唇にリップを乗せてからそのほかの部分をメイクするのがおすすめです。

 

顔全体のバランスを考える

ベビーピンクリップを使う時は、顔全体のバランスを考えてメイクをすることがポイントです。ベビーピンクリップは、色味があまり強く出るものではないので、他の部分のメイクがあまりにも弱いと、唇ばかりが悪目立ちしてしまうことがあります。

とてもナチュラルなカラーでもあるベビーピンクリップを使う際は、全体的なメイクもナチュラルに仕上げるのがおすすめです。

 

チークで血色感を作る

ベビーピンクリップを使う時は、チークを一緒に使って上げることも大切です。ベビーピンクリップを使うと、どうしても唇の血色感がなく見えてしまうことがあります。それを軽減するためには、チークを使って血色感を調整することが大切です。

顔全体にあまりにも色味がないと、全体のバランスが崩れてしまうことがあるので、チークでしっかり血色を作るようにしましょう。チークを使う時も、できるだけベビーピンクリップに近いような色味を使うと、バランスを取りやすくなりますよ。

 

ベビーピンクリップの選び方

ここからは、ベビーピンクリップの選び方についてご紹介します。

 

質感

ベビーピンクリップを選ぶ時は、質感に注目して選ぶのがおすすめです。ベビーピンクリップには、大きく分けるとマットタイプとツヤタイプがあります。マットタイプはベビーピンクでも控えめな印象になります。

かっこよさや大人っぽさのあるリップメイクに仕上げたい時は、マットタイプがおすすめです。また、唇の大きさを拡張させて見せたい時は、マットタイプの方が違和感なく仕上がるのでおすすめですよ。

 

塗り心地

ベビーピンクリップを選ぶ時は、塗り心地にも注意して選ぶようにしましょう。リップにもさまざまなタイプのものがありますが、人によって塗り心地の感じ方は違います。口紅タイプのものは、スルスルと唇に乗せることができるものもありますが、唇のコンディションによっては引っ掛かりを感じてしまうこともあります。

リキッドタイプのものは、細かい部分まで塗りやすいため、唇全体をしっかり縁取りたい時におすすめです。ベビーピンクリップを使う時は、ストレスなく使いやすいものを選ぶようにしましょう

 

色持ち

ベビーピンクリップを選ぶ時は、色持ちの良さにも着目して選ぶのがおすすめです。すぐに取れてしまうようなリップは、何度も塗り直さなくてはいけないため、化粧直しができないようなタイミングで使うのはおすすめできません。

できるだけメイク直しの手間を省きたいと思っている人は、色持ちの良いタイプを選ぶようにしましょう。また、オーバーリップに仕上げたいという場合も、しっかり唇に密着してくれるようなタイプのものがおすすめです。

 

保湿力

ベビーピンクリップを選ぶ時は、保湿力があるアイテムを選ぶことも大切です。あまりにも保湿力がないようなタイプのものを使ってしまうと、すぐに唇が乾燥してしまいます。特にマットタイプのものは割れが目立ってしまうこともあります。

唇に優しくリップを使うためにも、できるだけ保湿力の高いタイプのリップを使うのがおすすめですよ。

 

ベビーピンクリップに合わせるおすすめのメイク

ベビーピンクリップに合わせるおすすめのメイクについてご紹介します。

 

チークは彩度の高いものを入れる

ベビーピンクリップに合わせるチークは、彩度の高いものを選ぶのがおすすめです。ベビーピンクリップは明るさがあるカラーで、血色感をあまり強調できないカラーでもあります。

チークに使うものは、同じようなピンク系のカラーを使うのがおすすめですが、特にくすみがあるようなものよりは、鮮やかに発色するようなものを使った方がバランスがとりやすいのでおすすめですよ。

 

アイメイクに力を入れる

ベビーピンクリップを使う時は、アイメイクに力を入れてメイクするようにしましょう。唇にポイントが来ないメイク方法なので、アイメイクで顔全体の雰囲気を変えていく必要があります。

だからといって、あまりにも濃いアイメイクにしてしまうと、目元ばかり目立ってしまい唇の色味が浮いてしまうこともあります。全体のバランスを見ながら、悪目立ちしないような濃さに調整してメイクをするようにしましょう。

 

柔らかい雰囲気にするのがおすすめ

ベビーピンクリップを使う時は、柔らかい雰囲気に仕上げるのがおすすめです。ベビーピンクリップを使うことで、ふんわりとしたかわいらしい雰囲気に仕上げることができます。そのため、メイク全体でもふんわりとした雰囲気を作り出すことで、まとまりのあるメイクに仕上げることができますよ。

目元にも同じようなピンクを使ったりパープルでグラデーションにするのもおすすめです。とことんかわいらしい雰囲気を作り出すことで、ベビーピンクのリップが映えるかわいらしいメイクが作れますよ。

かわいすぎるメイクが苦手な人でも、グレーやダークブラウンなどの深みのある色味は使わずに、暖色系のカラーを使ってあげるのがおすすめですよ。

 

おすすめのベビーピンクのリップをご紹介

ここからはおすすめのベビーピンクのリップについてご紹介します。

 

おすすめのベビーピンクのリップ【1】ADDICTION(アディクション)ストールンキスエンハンサー

ADDICTIONのストールンキスエンハンサーは、みずみずしさに反応するベビーピンクのリップです。唇の水分によってピンクに色づき、潤いのある唇を作ります。リップの上に重ねればブレンドされて曖昧カラーを楽しめます。

ADDICTIONストールンキスエンハンサー

¥3,080

販売サイトをチェック
 

おすすめのベビーピンクのリップ【2】SUQQU(スック)モイスチャーリッチリップスティック

SUQQUのモイスチャーリッチリップスティックは、濃密バームとシアーな発色で唇を染めるリップです。染み込むようにうるおい感を与えて、にじみ出るように艶めく唇を演出します。するすると伸びて唇に密着します。

SUQQUモイスチャーリッチリップスティック02

¥5,500

販売サイトをチェック
 

おすすめのベビーピンクのリップ【3】Dior(ディオール)アディクトリップグロウ

Diorのアディクトリップグロウは自分の血色感を活かすリップです。ピュアな透明感を与えながら1日中潤い続けます。1人1人の唇の水分量に反応し、ナチュラル唇を色づけます。内側からよりふっくらした唇を作ります。

Diorアディクトリップグロウ001

¥4,180

販売サイトをチェック
 

おすすめのベビーピンクのリップ【4】REVLON(レブロン)キスグロウリップオイル

REVLONのキスグロウリップオイルはひと塗りで、オイルならではの透明感のあるツヤ感を与えるリップです。独自のティント処方で、つけたてのカラーが長持ちします。唇をケアしてうるおうのに、軽いつけ心地が特徴的なリップです。

REVLONキスグロウオイルグレアリングローズ

¥1,650

販売サイトをチェック
 

おすすめのベビーピンクのリップ【5】NARS(ナーズ)アフターグローリップバーム

NARSのアフターグローリップバームは、淡く色づくリップバームです。なめらかでふっくらとした唇を作ります。透けるような唇を作り魅力的な唇に仕上げます。するするとなめらかに広がり、乾燥から唇を守ります。

NARSアフターグローリップバーム

¥3,850

販売サイトをチェック

ベビーピンクリップについてご紹介しました。ベビーピンクのリップはほんのりと唇の色味を与えます。色味が薄いのでなかなか挑戦できないと思っている人も多いですが、メイクのバランスを考えるだけで一気に雰囲気が変わり、いつもと違ったメイクが楽しめます。今まで試したことがないという人でも、ぜひ試してみてくださいね。