BEAUTY

髪の毛の分け目がうまくいかない!正しいブローや解決策をご紹介

髪の毛の分け目は、位置を変えるだけで大きく印象が変わります。イメージを変えたい時にとてもおすすめですが、思い通りに分け目を変えられないことってありますよね。今回は髪の毛の分け目がうまくいかない時の正しいブロー方法についてご紹介します。

 

髪の毛の分け目の悩みとは

まずはよくある髪の毛の分け目の悩みについてご紹介します。

 

思い通りに分けられない

分け目を変えたいと思っても、思い通りに分けられないことで悩んでいる人が多いです。分け目を変えるだけで印象が大きく変わるのですが、なかなか自分の思った通りの位置に分けられないことがあります。

最初のうちはしっかり分けられていたのに、時間が経つとだんだん元通りになってきてしまい、結局いつも通りの分けに戻してしまう、ということもあります。いろいろな分け目の位置に挑戦したいと思っても、なかなか再現できず苦労することが多いです。

 

分け目が薄くて目立つ

髪のボリュームがつきにくい人の中には、髪の毛の分け目部分が薄くて目立ってしまうと悩んでいる人が多いです。髪のトップ部分はある程度ボリュームがあった方が魅力的に見えます。

しかし、朝しっかりブローしたのにボリュームがだんだん減ってきてしまい、その結果分け目部分が薄く見えてしまうことがあります。トップのボリュームがなくなればなくなるほど分け目部分の薄さが目立つので、何度も何度も鏡でチェックしながら1日過ごすことになってしまいます。

 

パックリ割れてしまう

髪の毛の分け目の悩みの中には、パックリ割れてしまうことに悩んでいる人も多いです。いつもとは違う方向の分け目に仕上げたら、なぜかまったく関係ない部分にも分け目ができてしまうことがあります。

せっかくセットしたにもかかわらず、割れができてしまうことで、思い通りの髪型をキープできずに悩んでしまいます。

 

セットしてもすぐ崩れる

髪の毛の分け目を変えようとしっかりセットした状態だとしても、なぜかすぐに崩れてしまうということもあります。ブローしてセットして、スタイリング剤もしっかりつけたにも関わらず、崩れてしまうこともあります。

センター分けからかきあげ前髪に挑戦したいと思っても、結局すぐに崩れてしまうため元の髪型に戻してしまったという人も少なくありません。

 

髪の毛の分け目が決まらない原因

髪の毛の分け目が決まらない原因には、一体何が関係しているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

つむじの位置

髪の毛の分け目は、つむじの位置が関係していることがほとんどです。つむじの位置は人によって異なります。このつむじの巻き方によって、毛流れが決まってきています。

この毛流れに沿った分け目であればしっかり決まりますが、まったく反対方向に向かって流そうと思うとなかなか跡がつきにくくなってしまいます。いつも何となく分けている髪の方向は、このつむじの位置によって分けやすい位置に決められていることが多いです。

 

生えグセ

髪の毛の分け目は、生えグセもかなり影響しています。髪の毛はまっすぐに生えているわけではなく、さまざまな方向に生えています。人それぞれ髪の毛穴の位置は生まれつき決まっているもので、これを解消するのはなかなか難しいです。

これは毛穴の問題なので、逆らうことができません。なかなか決まらないと悩んでいる人の中には、生えグセが関係していることがほとんどです。

 

髪質

髪の毛の分け目は、髪質が影響していることもあります。分け目が目立ちすぎてしまうという場合は、髪の毛が細くもともと量が少ない人が悩みやすいです。もともとボリュームを出しにくい髪質のため、分け目の部分となる頭頂部は目立ちやすくなってしまいます。

反対に硬さのある髪質の場合、なかなか跡がつきにくいこともあります。しっかりブローをして根元から整えるようにしなければ、思い通りの場所に分け目をつけることが難しくなってしまいます。

 

髪の毛の分け目を変える方法

髪の毛の分け目を変えるには、どうすればいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

水でしっかり濡らして乾かす

分け目を変えるためには、水で濡らした状態からしっかり乾かす必要があります。髪に少しでもクセがついていると、分け目を作りにくくなってしまいます。髪を濡らすのではなく、頭皮部分からしっかり濡らすことが大切です。

見た目ではクセがついているように見えなくても、必ず髪をセットする前に水でしっかり濡らしてから乾かすのが大切ですよ。

 

パーマをかける

どうしても分け目がつかないという場合は、パーマを当ててしまうのもおすすめです。自分のセットだけでどうにかなることもありますが、生えグセが強すぎる場合は、自分で分け目を変えるのが困難なことがほとんどです。

そのため、ふんわりと跡をつけるように根元にパーマを当てることで、分け目をつけやすくなります。また、分け目が目立つのが悩みだという場合でも、パーマを当てることで、分け目が目立ちにくくなりますよ。

 

美容室で分けやすく切ってもらう

生えグセやつむじが影響して分けにくくなっている場合は、美容室で分けやすいようにカットしてもらうのもおすすめです。やはり、髪の悩みは髪のプロに任せるのが1番です。自分が分けたい方向にしっかり流れるように、不要な髪の毛をカットしてもらいましょう。

美容師さんであれば、自分のつむじや生えグセも考慮したうえでカットしてくれるので、髪を切る前に分け目を変えたいことを伝えておくと良いでしょう。

 

髪の分け目を変える時の乾かし方

自分で髪の分け目の位置を変える時におすすめな乾かし方をご紹介します。

 

水でしっかり濡らす

まずは水でしっかり濡らすところから始まります。髪の毛を濡らすのではなく、髪の根元から濡らすことがポイントです。そのため、手にすくって濡らそうとなると、なかなか難しいので、スプレーを使ってピンポイントに濡らしていくのがおすすめです。

寝癖直しスプレーのようなものだと、よりまっすぐにスタイリングしやすくなるのでおすすめです。もともと髪がまっすぐな人でも、必ず水で濡らしてからスタイリングするのがおすすめです。

 

軽く乾かしていく

まずは軽く髪全体を乾かしていきます。この時は、分け目を意識せずに、とりあえずまっすぐに乾かすことを意識しましょう。ある一定方向から乾かしてしまうと、そこで跡がついてしまうので、できるだけ正面だけでなく左右からも乾かして、全体的にまっすぐな状態に乾かしていきます。

こうすることで、髪についているクセをリセットすることができます。

 

分けたい方向と反対方向から乾かす

ここから実際に髪の毛の分け目をつけるために、クセをつけていきます。ポイントは、分けたい方向と反対方向から乾かすことです。反対方向からアプローチしていくことにより、根元にボリュームが生まれます。根元からしっかり乾かしていくことが大切ですよ。

しっかり温風を当てて乾かしたら、次に自分が分けたい方向に戻して、クセをつけていきましょう。根元にしっかりボリュームをつけてから、自分の好みのボリュームに調整していってください。

 

冷風でしっかり形をつける

自分のなりたい方向に分けたら、最後に冷風を使ってしっかり形を作っていきましょう。髪の毛は冷える時に形が作られるので、このタイミングでしっかり形をつけてあげることが大切です。

しっかり冷やしたら、スプレーやワックスなどをつけて、さらに固定していくと良いでしょう。どうしても髪のボリュームが足りないという場合は、スプレーやワックスなどをつける前に、マジックカーラーをつけてボリュームを出すのがおすすめですよ。

 

髪の毛の分け目を目立ちにくくする方法

続いて、髪の毛の分け目を目立ちにくくする方法についてご紹介します。

 

8割くらいまでしっかり乾かす

まずは髪全体を濡らした状態でセットします。濡れていない状態だと、どうしてもボリュームがつきにくくなるので、セットする前に必ず髪を濡らすようにしましょう。

髪を全体的に乾かしていきますが、ふんわりとボリュームが出るように少し立ち上げるようなイメージで乾かすのがおすすめです。全体の8割くらいが乾くまでは、手で乾かしていきましょう。

 

ロールブラシを使ってトップにボリュームを出す

次にロールブラシを使ってボリュームを出していきます。髪の分け目が気になる人は、必ずロールブラシを使ってください。自分の髪の毛の分け目の周りの髪を、ロールブラシで掴みながら乾かしていきます。

トップの髪のみを取り、ロールブラシで髪を巻きながらボリュームをつけていきます。2.3回でしっかりボリュームがつくわけではないので、髪にボリュームが出しにくい人はよりしっかりとかしながらブローしていきましょう。

これだけではどうしてもボリュームが出ないという場合は、マジックカーラーをつけるのもおすすめです。ボリュームを出したい部分にカーラーをつけて、そのままドライヤーで乾かしていきましょう。

 

冷風でしっかりクセをつける

ある程度ボリュームがついたら、冷風を使ってボリュームを固定していきます。しっかり空気を含ませるようにしながら乾かしていきましょう。しっかり乾いたら、スプレーをつけていきます。つけすぎると重みでつぶれてしまうので、ふんわりとキープできるタイプのスプレーがおすすめです。

トップの髪の毛を固定する時は、分け目の上に髪をかぶせるような形でセットすると、分け目が目立ちにくくなります。ボリュームが出せるタイプのワックスを使うと、よりセットしやすくなるのでおすすめですよ。

あまり硬めすぎると不自然になってしまうので、ふんわりとしたボリュームがなくならないスタイリング剤を使うようにしましょう。


髪の毛の分け目についてご紹介しました。髪の毛の分け目は、少し変えるだけで印象が大きく変わります。気軽にイメチェンしたい時にもとても便利なので、ぜひ試してみてください。