LIFE STYLE

頭皮エステがあれば自宅でサロン気分。頭皮への効果やメリット

ヘッドスパを試してみたいと思っても、何かと多忙でなかなか行く時間がないという場合に便利なのが美容家電です。自宅でサロン並みのヘッドスパが体感できる「頭皮エステ」は、ワンランク上のヘアケアができる美容家電として性別を問わず注目されています。では、頭皮エステを使ってどのような悩みが解決できるのか、得られる効果やメリット、そしてデメリットなどをご紹介します。

 

「頭皮エステ」とは?

頭皮をケアしてもらう女性

頭皮エステは、お風呂で使用できるヘアケアグッズの1つで、自分で頭皮をマッサージしながら美容や癒しを得ることに役立つセルフヘッドスパ美容家電です。

ヘッドスパとは総合的に頭皮ケア・ヘアケアすることですが、主に頭皮の毛穴汚れや老廃物を除去するクレンジング、血行促進やコリをほぐすマッサージ、エッセンスで栄養を与えながら頭皮環境を整備するなどで、頭皮ケア・ヘアケアしていくことをいいます。

通常なら専門店や美容室などでしか体感することができないヘッドスパですが、頭皮エステは自宅でお風呂に入りながらリラクゼーション効果を得ることができるという優れモノです。

 

頭皮エステの特徴

頭皮エステにはいろいろな商品があり、エステティシャンの指の大きさや圧力、指先間のピッチなど、手の動きを意識して作られたものなどもあります。そのため、本当にサロンでヘッドスパを行っているような感覚になれるかもしれません。

頭皮エステを使用する場合、シャンプーの泡がついた頭に頭皮エステのブラシ部分をあてて、頭皮を挟むように引き上げながら洗い上げていきます。ブラシの回転で通常の洗髪では取りきることができない毛穴の汚れまでしっかりと取り除き、さらに頭皮をマッサージしてくれます。

 

頭皮エステの効果

例えば「ヘッドスパが好き!」という人が求めているものは、リラクゼーション感や爽快感など、癒し部分が大きいかもしれません。頭皮エステでも同じように、癒しを得ることはできますが、それだけでなく、薄毛予防や健康な髪を育てていくという部分でも効果を期待できます。ただし一回きりで効果を実感できるわけでなく、日々の頭皮ケアがあってこそだということは理解しておきましょう。

 

美容家電「頭皮エステ」でのヘアケア

頭皮を美容機器でケアする女性

洗髪をするとき、頭皮の毛穴に詰まった皮脂などの汚れをしっかり落とそうと、つい指先に力を入れてゴシゴシ洗いすぎていないでしょうか。確かに毛穴に皮脂汚れが詰まった状態では、髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなりますので、毛穴を綺麗な状態にしておくことは重要です。

しかし、強く洗いすぎれば爪で頭皮に傷を付けてしまうこともありますし、指先だけで汚れを取ることにも限界があります。そこで利用したいのが頭皮エステです。もっとも、正しい使い方をしないと効果を体感できなくなってしまいますので、まずは一般的な使い方を理解しておくようにしましょう。

 

頭皮エステの一般的な使い方

頭皮エステを使って頭皮ケアを行う場合には、まず髪と頭皮をお湯で濡らす前に、手のひらを側頭部にあてて頭皮を包み込むようにしながら全体を1~3分くらいマッサージしましょう。また、指かブラシを使って髪の毛先でもつれている部分をほぐしておいてください。

その後、指の腹を使って髪と頭皮をお湯で洗い流し、適量のシャンプーを手に取って後頭部につけたら、側頭部に向かうように泡立てていきます。

頭皮エステ本体で利用できるモードの中から、自分が一番心地良いと感じるモードを選んで、本体のブラシを頭皮に軽く押しあてます。髪が密集している部分は先端が頭皮に届きにくいので、髪をかき分けて少し強めに押しあてると良いでしょう。

あとは生え際から頭頂部に向かうようにゆっくりと滑らせながら洗っていきます。後頭部、左右の側頭部、頭頂部、前頭部という順に、下から上に向かって毛の流れに逆らうように髪の根本に指を潜り込ませて押しあてていくのがポイントです。

 

頭皮エステのメリット

髪がサラサラの女性

頭皮エステで頭皮をクレンジングしたりマッサージしたりすることは、頭皮に柔軟さを与え血行などを良くするなどいろいろなメリットがあります。血流が悪く硬い頭皮は抜け毛や薄毛を促進させてしまいますので、頭皮エステで頭皮ケア・ヘアケアを行うようにしましょう。

 

頭皮エステのメリット①頭皮が柔らかくなる

頭皮が硬く柔軟性を失った状態では、頭皮の表面に存在する毛細血管が正常に機能しなくなってしまいます。毛細血管を伝い、髪に栄養を運ぶ血液の流れを妨げることになれば、髪が健康に育たなくなってしまいますので、抜け毛・薄毛対策には頭皮のコリをほぐして柔らかさを保つことが欠かせません。

頭皮エステでマッサージを行うと、硬くなった頭皮のコリをほぐすことができますので、頭皮を柔らかい状態にすることができます。

 

頭皮エステのメリット②血行が良くなる

頭皮が柔らかくなると、それに伴い頭皮の毛細血管の血行が改善されます。髪の毛は、毛細血管から毛乳頭を経て、さらに毛母細胞に栄養と酸素が運ばれなければ成長できません。そのため血行を良好な状態に保つことは、健康な髪を育てるためにとても重要なことです。頭皮エステで頭皮が柔らかくなり、血行がよくなれば、髪に必要な栄養がしっかり届くようになります。

 

頭皮エステのメリット③毛穴に詰まった汚れが取れる

頭皮を自分で洗うとき、気になるのはしっかりと頭皮まで洗うことができているかということですが、丁寧に洗ったつもりなのに嫌な臭いがしたりベタついた感覚が取れなかったりということもあるのではないでしょうか。

しかし頭皮エステを使って洗うことで、簡単に毛穴の汚れを落とすことができます。

爪をたててゴシゴシと洗うと、髪を洗いすぎてしまったり刺激的な洗い方をしたりなどで、頭皮が乾燥してしまう可能性があります。頭皮の乾燥や皮脂によるベタつきは、いずれもフケやかゆみの原因になりますので、しっかり頭皮エステで毛穴に溜まった汚れを洗い落としていきましょう。

 

頭皮エステのデメリット

髪を洗う女性

頭皮を清潔にして血流を改善するなど、頭皮環境を整えるためには良いことばかりと思える頭皮エステですが、使用にあたって少し不便だと思われる部分もあるようです。どのような点がデメリットとして感じてしまうのか、確認しておきましょう。

 

頭皮エステのデメリット①腕が疲れる

頭皮エステは、後頭部、側頭部~前頭部、耳周り、頭頂部、生え際など頭のパーツに分けてゆっくりと頭皮エステ本体を滑らせるように押しあてていくため、常に腕を上げた状態をキープしなければなりません。そのことから、腕が疲れてしまうという点がデメリットとして挙げられるでしょう。

 

頭皮エステのデメリット②髪が長いと難しい

頭皮エステを使うときには、後頭部の髪の内側などは洗いにくいため、襟足中央部分から頭頂部に向けて下から上へ滑らせていく必要があります。髪の内側までしっかり洗うためには、このように毛の流れに逆らうように上手く滑らせることがポイントです。

しかし髪が長い人の場合、髪をかきわけながら行わなければならない中で、洗いづらい部分を重点的に洗っていくことが必要になります。そのため、扱いが難しいと感じることもあるようです。

 

頭皮エステはどんな人におすすめ?

ヘッドスパをサロンに通って行う場合、サロンやメニューによって異なるものの、1回につき5,000円から1万円程度が相場です。毎月1回通ったとしても、年間で6~12万円程度はかかる計算になりますので、目に見えて効果が感じられなければ、費用対効果という部分で不満が出る可能性もあります。

しかし頭皮エステなら購入するための費用はかかりますが、わざわざサロンに行かなくても自宅で頭皮のマッサージやクレンジングが可能ですので、交通費や施術にかかる費用を削減でき、費用対効果という部分で満足できるはずです。

また、頭皮に1ミリたるみが出ると、顔は1センチたるむともいわれています。頭皮も顔も同じ皮膚で繋がった状態ですが、頭皮が硬く血流が悪い状態では、頭皮をたるませることになりますので、結果として顔までたるんでしまうことになります。頭皮の筋肉をほぐして血流を改善させることは、顔のリフトアップの近道とも考えられます。

そのため、頭皮エステは、ヘッドスパで十分な費用対効果を得たいという人や、最近顔のたるみが気になるという人におすすめです。

 

頭皮エステの平均価格は?

自宅でヘッドスパができるようになると考えると、ある程度購入するために費用がかかるのでは……?と不安になるかもしれません。しかし、機能を限定すれば本体価格1万円を切るものもあるなど、価格はかなりリーズナブルです。

1万円台のものでも、機能が十分揃っていることが多いため、サロンを予約して行く手間が省ける上に施術費用もかからなくなるのは魅力的だといえるでしょう。

 

おすすめの頭皮エステ

横になる女性

自宅でサロン並みのヘッドスパが体感できる美容家電、頭皮エステ。まずは使ってみたいけれど、種類がたくさんあってどれを選んでよいかわからないという場合もあるでしょう。

ここからは、おすすめできる頭皮エステをご紹介しますので、それぞれどのような特徴があるのか確認し、自分の希望に合うものを選んでみてください。

 

おすすめの頭皮エステ①しっかり密着するブラシで頭皮ケアが可能

ヘッドスパの動きをそのまま再現できる「スカルプDメカノバイオ」なら、サロンで施術を受けているような感覚を自宅で味わうことができます。

本体のブラシ部分が頭皮に密着し、皮脂や汚れをしっかりと取り除きます。また、急加速と減速を繰り返す強弱リズムが可能なモードなどがありますので、同じリズムで飽きてしまうことがないように、継続できる頭皮ケア習慣をサポートしてくれます。さらに、ブラシ部分は頭皮を傷つけないシリコンブラシが採用しています。

スカルプD メカノバイオ

¥14,904

販売サイトをチェック
 

おすすめの頭皮エステ②サロンのハンドテクニックを実現した頭皮エステ

パナソニック「頭皮エステ(サロンタッチタイプ) EH-HE99」なら、サロンのハンドテクニックに学んだ動きを行う4つのブラシでしっかり頭皮をケアできます。

頭皮を動かしながら引き上げるように洗い上げてくれるので、サロンでのヘッドスパを体感することができます。

 

おすすめの頭皮エステ③ソフトに頭皮をケアしたいなら

同じパナソニックの製品でも、「パナソニック 頭皮エステ(皮脂洗浄タイプ) EH-HM79」では、柔らかさのある健やかな地肌を目指すことができます。頭皮に心地よく絞り出しながら洗浄するタイプの頭皮エステなので、ソフトな頭皮ケアを求める人におすすめです。


ヘッドスパで頭皮をマッサージすると、毛穴に溜まった余分な皮脂や汚れを除去しながら血行促進が可能になるため、頭皮環境を整え、ヘアケアをすることができます。しかしサロンで施術を受けたくても、費用がかかって続けられないこともあれば、忙しくて時間が取れないということもあるでしょう。そのような場合、ヘッドスパ用の美容家電である頭皮エステを使うことで、自宅でいつでも好きな時にヘッドスパを行うことができます。頭皮エステにもいろいろな種類のものがありますので、何を重視するのかなどを考えながら、自分に一番合うタイプのものを選ぶようにしてください。