BEAUTY

髪の毛がパサパサに!原因と対策を知って憧れのサラサラヘアに

髪の毛がパサパサになると静電気などで広がりやすくなってしまったり、ツヤ感がなくなってゴワゴワしてしまいがち。髪はいつでもしっとりツヤツヤな状態を維持していきたいものです。今回は、髪の毛がパサパサになる原因や対処法などをご紹介します。

 

髪の毛がパサパサの時は、髪はどんな状態になっているの?

キューティクルがはがれるイメージ

パサパサな髪は、髪をコーティングしている「キューティクル」が剥がれることによって艶がなくなり、その隙間から髪内部の傷みが進んで空洞になってしまっている状態です。髪がパサパサになっている状態を放置すると、切れ毛や枝毛の原因になります。

髪の毛がパサパサだと、髪が広がってしまったり、くせ毛が出やすかったり、思うようなスタイリングができません。また、どうしても老けた印象に見えてしまったりするなど、様々な悩みが出てきます。

 

髪の毛がパサパサになる原因とは?

髪の毛がパサパサになっているイメージ

そもそも、どうして髪の毛はパサパサになってしまうのでしょうか。まずは原因を確認していきましょう。

 

髪の毛がパサパサになる原因【1】紫外線や洗浄力の強いシャンプーなどによる乾燥

髪の毛が紫外線のダメージを受けているイメージ

紫外線は髪を日焼けさせたり、乾燥させる原因になります。帽子をかぶったり、洗い流さないトリートメントなどでカバーし、乾燥を防ぐ必要があります。

また、洗浄力の強いシャンプーも必要な油分や水分まで洗い流し、髪を乾燥させる原因になります。シャンプーを選ぶときは成分まで確認しましょう。

 

髪の毛がパサパサになる原因【2】カラーやパーマによるダメージ

カラーリングしているイメージ

カラーやパーマを繰り返すことで、キューティクルが剥がれて内部のタンパク質や水分が出てしまい、髪の毛がパサパサになります。特に市販のカラー剤はダメージが強めです。

美容院でのカラーリングなら、美容師が髪の傷み具合も見ながらカラーしてくれて、トリートメントなどのアフターケアもすぐにできます。なるべく市販のカラー剤は使わないことをおすすめします。

 

髪の毛がパサパサになる原因【3】お風呂上がりの自然乾燥

お風呂上がりに髪の毛を自然乾燥しているイメージ

お風呂を出て髪が濡れた状態のまま、ドライヤーをめんどくさがってサボったり、自然乾燥することは厳禁です。キューティクルが開いた状態が長く続き、傷みやすくなってしまいます。
正しい使い方でドライヤーで髪を乾かしてから寝るようにしましょう。

 

髪の毛がパサパサになる原因【4】ホルモンバランスの変化

産後の女性のイメージ

産後や加齢によるホルモンバランスの変化によって、髪の毛に必要な栄養素が行きにくくなり、パサパサになってしまうことがあります。きちんとケアしないとパサパサだけでなく、抜け毛もひどくなってしまうので、早めの対策を心がけたほうがいいでしょう。

 

パサパサになってしまった髪の毛に使いたいアイテム

パサパサになった髪の毛を改善するアイテム

パサパサになってしまった髪の毛も、普段のケアを見直したり、アイテムを使用することで良くなるかもしれません。
具体的にどのようにしたらいいか、見ていきましょう。

 

パサパサの髪を良くする方法【1】美容室でのダメージケア

美容室でトリートメントをしているイメージ

やはり一番すぐに変化を感じられるのは、美容室でのダメージケアです。
トリートメントやヘッドスパなど、カラーやパーマをした時はもちろんですが、定期的に行うようにしましょう。

 

パサパサの髪を良くする方法【2】シャンプーは洗浄力の弱いものにシフトチェンジ

洗浄力の弱いシャンプーのイメージ

洗浄力の強いシャンプーは、髪に必要な油分や水分までも洗い流してしまいます。石油系界面活性剤を配合していない洗浄力の弱いシャンプーに変えると良いですよ。

 

パサパサの髪を良くする方法【3】自宅でできるトリートメント

自宅でトリートメントを使っているイメージ

トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがありますが、傷みがひどい場合はどちらも併用するのがおすすめです。

洗い流すトリートメントは、髪につけたらラップなどを巻いて10~15分ほど置き、よく浸透させてから洗い流すと保湿力がアップします。そのあと、タオルドライしてから洗い流さないトリートメントを髪になじませ、ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

 

パサパサの髪を良くする方法【4】卵を使ったヘアパック

卵をヘアパックに使うイメージ

卵を髪につけるなんて驚くかと思いますが、実は卵にはタンパク質が豊富に含まれており、髪など人間の体に必要なアミノ酸をバランスよく摂ることができるのです。タンパク質を豊富に取り入れることで髪に栄養が行き渡り、しっとりしたサラサラな髪を取り戻すことができます。

やり方は簡単。よくかき混ぜて泡立てた卵を、軽くすすいだ髪になじませ、20分ほど置いて洗い流すだけです。そのあとは、いつもどおりシャンプーやトリートメントをしてください。

 

髪の毛をパサパサにさせないための対処法

髪の毛がさらさらな女性のイメージ

パサパサの髪の毛を少しでも良くすることができたら、二度と髪を傷めないようにするためにも事前に予防しましょう。

 

髪の毛をパサパサにしない対処法【1】ドライヤーは髪から離して使用する

ドライヤーを髪から離して使っているイメージ

ドライヤーは手のひらに風を当ててみて、熱くならない程度の距離を保って髪を乾かすようにしましょう。風量が強めのものを使うのがおすすめです。

また、乾かす順番は必ず根元の内側から乾かしてください。傷みやすい毛先や表面から乾かしてしまうと、毛先の水分が奪われすぎて、すぐにパサパサになってしまいます。

 

髪の毛をパサパサにしない対処法【2】ヘアアイロンは低温に設定

ヘアアイロンを低温で使っているイメージ

高温のヘアアイロンはキューティクルを剥がす原因になりますので、時間をかけてもなるべく低温に設定しましょう。
コテなど数十秒当て続けるようなものは135℃以下、1箇所2~3秒で済むような挟んで滑らせるストレートアイロンは170℃以下で使うように心がけて。

 

髪の毛をパサパサにしない対処法【3】髪の毛がパサパサになる前からトリートメント

お風呂でトリートメントをしているイメージ

ダメージを感じてからトリートメントでケアするのではなく、日頃からトリートメントを使用して潤いを保ちましょう。「ダメージ修復」ではなく「予防」を意識することが大切です。
洗い流さないトリートメントは紫外線ダメージの予防にもなるので、外出の際は必ずつけると良いでしょう。


髪の毛がパサパサになってからのケアも大切ですが、まずはパサパサにならないように対処することが大切です。日頃の生活やケアを見直して、しっとりしたサラサラの艶髪を手に入れてください。