LIFE STYLE

美容家電はどう選ぶ?あとで後悔しないための自分に合った選び方

現在はたくさんの美容家電が売られていますが、自分に合った美容家電はどのようにして選べば良いのでしょうか。ここでは、失敗しない美容家電の選び方についてご紹介します。

 

美容家電の基本①美容家電はどうやって選べばいいの?

光脱毛をする女性

美容家電とは、美容のために使われる家電のこと。顔だけでなく、体や頭皮などさまざまなパーツに使えるものがあり、効果も多岐に渡るので、選ぶのが難しいです。

では、自分に合った美容家電はどうやって選べばいいのでしょうか。美容家電を選ぶときに確認したいポイントについてご紹介していきます。

 

美容家電の基本②今の悩みに合わせて選ぶ

肌をチェックする女性

美容に関する悩みは人によって異なります。顔の乾燥に悩む人からお腹周りの脂肪に悩む人まで美容家電を使う目的はさまざまです。

自分が求める効果を期待できない美容家電を使っても意味はないので、悩みに合った美容家電を選んでケアに役立てましょう。

 

■肌悩みならフェイシャルの美容家電

シミ、シワ、乾燥、たるみ、くすみ、吹き出物などに悩んでいる人にはフェイシャルの美容家電が適しています。

■イオン導入タイプの美容家電
ニキビ跡やシミ、シワなどに悩んでいる人におすすめなのはイオン導入タイプの美容家電です。ハンドケアでは浸透しにくい美容成分をイオン化することによって肌の奥まで届け、肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進します。

■イオン導出タイプの美容家電
吹き出物や毛穴の汚れに悩んでいる人には、電流の力で肌の奥に詰まった汚れを取るイオン導出タイプの美容家電がおすすめです。クレンジングでは取れない汚れを取ると、毛穴が目立たなくなって吹き出物ができにくくなるでしょう。

■超音波タイプの美容家電
むくみやたるみに悩んでいる人は、超音波の振動で血行やリンパの流れを促進してくれる美容家電を使いましょう。超音波タイプの美容家電は簡単に使えて効果が現れやすいと考えられているので、美容家電初心者にもおすすめです。

■スチームタイプの美容家電
乾燥や皮脂の過剰分泌が起こっているときは、スチームタイプの美容家電で肌への潤いを補給すると良いでしょう。製品によってはスチームの温度を調節できたり、ナノイー入りのスチームが出たりするものもあります。

■ローラータイプの美容家電
フェイスラインのたるみやむくみに悩んでいる人には、ローラータイプの美容家電が適しています。肌の上でコロコロするだけなので使いやすく、電源が必要ないので手軽に使えます。

 

■ダイエットしたいならボディの美容家電

美容家電はダイエットにも役立ちます。

■キャビテーション
特殊な超音波で脂肪細胞を分解して減らすキャビテーションは、エステの施術にも用いられています。二の腕や脚などの脂肪が気になる部分に当てるだけで良いので、ダイエットが苦手な人も使いやすいでしょう。

■RF(ラジオ波)
体に熱を発生させて代謝を促すRF(ラジオ波)もダイエットに効果的です。コラーゲンの生産も促進するので、たるんでしまった肌にハリをもたらす効果も期待できるでしょう。

 

■お得感が欲しいならフェイシャル&ボディの美容家電

美容家電の価格は製品によって違いますが、悩みに合わせてたくさんの美容家電を購入するとなると、出費は大きくなってしまいます。顔もボディもケアしたい人は、両方に使える美容家電を選びましょう。

■EMS
筋肉を振動させて脂肪の燃焼を促すEMSには、顔のたるみを引き起こす表情筋の筋力低下を防ぐ効果も期待できます。顔の脂肪を支える表情筋の筋力低下を防げると、顔にハリを与えられるでしょう。

■光脱毛
光の力で毛根に刺激を与えて抑毛を促進する光脱毛は、顔や体のムダ毛ケアに使えるので、ムダ毛が気になっている人は一つ持っておくと便利でしょう。ただし、まぶたなど肌が敏感な部分の使用には注意が必要です。

 

■頭皮や髪の毛が気になるなら頭皮ケアの美容家電

美しくなるためには髪のケアも欠かせません。抜け毛や切れ毛など頭皮や髪の毛に悩みがある人は頭皮ケアできる美容家電を使いましょう。

■電動頭皮ブラシ
指とは比べ物にならないほど高速な振動で頭皮の汚れを落としてくれる電動頭皮ブラシを使うと、頭皮の環境が整います。頭皮環境が整えば、健康的な髪が作られるようになって臭いなどのトラブルも軽減されるでしょう。

■頭皮エステ
サロンのヘッドスパのように頭皮をマッサージしてくれる頭皮エステは、頭皮の環境を整えるだけでなく、リラックスにも役立ちます。一日の終わりに頭皮エステをすると、気持ちが落ち着いてストレスも軽減されるでしょう。

 

美容家電の基本③今の自分に必要か考える

考えている女性

せっかく美容家電を購入しても、継続して使わなければ、お金だけを払って損をするだけです。美容家電を購入するときは「本当に今の自分にとって必要なのか」についても考えてみましょう。

 

今の自分に美容家電は必要かどうか▶︎継続して使える?

基本的に、美容家電は継続して使い続けることによって効果が現れます。そのため、購入後に継続して使えなければ、十分な効果は期待できません。

特に、大きい美容家電は簡単に手に取れる所に収納できなかったり、持ち運びが面倒だったりして使用をやめる人が多いので、購入時には継続して使えるかを確認しましょう。

 

今の自分に美容家電は必要かどうか▶︎自分で何とかなるものは必要ない

美容家電を使わなくても、自分でケアできるものは必要ありません。例えば、スキンケア製品にお金も時間もかけている人にとっては、美容家電が必要でない可能性も高いです。

また、運動や食事制限でダイエット効果が現れている人にとっては、ボディ用の美容家電は必要ありません。

普段からケアを頑張っている人が美容家電を使うと、肌や体に負担がかかり逆効果になることもあるので、美容家電は本当に必要なもののみを購入しましょう。

 

今の自分に美容家電は必要かどうか▶︎複雑なものはNG

どの美容家電を購入しようか悩んでいる人は、簡単に使えるものを選ぶのがおすすめです。

美容家電は短時間で高い美容効果を期待できることが魅力ですが、ケアに時間がかかる美容家電は継続して使うのが面倒くさくなってしまいます。また、操作が難しければ、使うのが億劫になって、使用をやめてしまうことにもつながります。

特に、初めて美容家電を使う人は、短時間で簡単に使える製品を選び、無理なく普段のケアに取り入れましょう。

 

美容家電の基本④価格は適正かチェックする

封筒に入ったお金

美容家電の価格は製品によって大きく差があります。買った後に悔やまないためにも、購入時は価格を確認しましょう。

 

美容家電の価格チェック方法▶︎1点に絞る前に他の製品と比較する

気になる美容家電があっても、1点に絞る前に他の製品と比較しましょう。複数の製品と比較すれば、同じような機能が付いた美容家電のおおよその価格を把握できるため、買おうと思っている美容家電の価格が適正であるのかを見極められます。

節約したい場合は、型落ちの美容家電を選ぶと安く購入できることが多いです。

 

美容家電の価格チェック方法▶︎お店で話を聞いたり実際に触ってみたりする

美容家電を何点かに絞れたら、お店で製品について話を聞いたり、実際に触ってみたりしましょう。効果を期待できる美容家電でも「使いにくそう」と感じた場合は継続して使うのが難しくなる可能性が高いので、買わない方が無難です。

 

美容家電の価格チェック方法▶︎安すぎるものは注意

美容家電は安いものであれば3,000円程度から購入できます。しかし、同じような機能が付いた他の美容家電と比べて、極端に安い美容家電には注意が必要です。

安すぎる美容家電は壊れやすかったり、効果が低かったりする場合があります。長期間使用する美容家電を購入しようと考えている場合は、口コミやランキングなどを確認してから安心できるメーカーの製品を選ぶのがおすすめです。

 

美容家電の基本⑤ランニングコストを確認する

計算する女性

ランニングコストが高い美容家電は、継続して使用するのが難しいです。ランニングコストがかかる美容家電を購入する場合は、あらかじめ必要なコストを考えておきましょう。

 

■ランニングコストとは?

ランニングコストとは、美容家電を使い続けるために必要な費用です。例えば、超音波タイプの美容家電を使うためには、専用ジェルが必要ですので、専用ジェルの購入に必要な費用がランニングコストとなります。

 

■使っていくうちに出費が大きくならない?

美容家電は専用ジェルなどとセットで販売されていることが多いです。しかし、美容家電に付いていた専用ジェルがなくなれば、自分で買い足して使い続けなければなりません。

効果を求めてさまざまなジェルなどを購入すると、出費が大きくなるので、予想よりもランニングコストがかかる可能性があることには注意しておきましょう。

 

■自分の美容代に適している?

美容家電は、化粧水や乳液などの基本的なケアと併用することで効果を高められます。そのため、ランニングコストがかかる美容家電を効果的に使用するためには、専用ジェルなどの購入に加えて普段のスキンケアにも費用をかけなければなりません。

美容家電を買うときは、ランニングコストを加えた美容代に無理がないかを確認して、継続して使えるものを選びましょう。

ランニングコストが心配な場合は、精製水のみで使用できるスチームタイプやランニングコストが必要ないローラータイプの美容家電を選ぶのがおすすめです。

 

美容家電の基本⑥ライフスタイルに合ったものを選ぶ

美容家電を使う女性

美容家電は頻繁に使うものです。継続して使えなくなるのを防ぐためにも、ライフスタイルに合った美容家電を選びましょう。

 

■美容時間を確保できる?

どれだけ良い美容家電を購入しても時間を確保できなければ、使用できません。普段のケアに加えて美容家電を使える時間がある場合のみ、美容家電を購入しましょう。

美容時間の確保が難しい場合は、空き時間に手軽に利用できるローラータイプなどの美容家電を選ぶことをおすすめします。

 

■性格的に無理ではない?

「美容に力を注ごう」と意気込んで美容家電を購入しても、面倒くさくなると、使用せずに放置してしまう人は多いです。

もし、性格的に継続して使うのが難しそうだと感じたら、操作が簡単な美容家電を選んだり、美容家電ではなくスキンケア化粧品などにお金をかけたりする方が良いでしょう。


現在はさまざまな種類の美容家電が販売されています。美容家電を購入するときは、現在の悩みや使い方、ランニングコストなどを考え、効果を期待できるものや継続して使いやすいものを選びましょう。