LIFE STYLE

<肌悩み別>美肌に導くフェイシャル美容家電の選び方

お肌のスペシャルケアとして活躍してくれるのが、フェイシャル向けの美容家電です。シミやシワだったり、毛穴の汚れが詰まっていることで発生しているお肌の悩みを改善し、現状よりも美しい状態にしてくれるのが魅力です。今回はそんなフェイシャルの美容家電を、お肌の悩み別で種類をご紹介します。

 

フェイシャルの美容家電、どんなことができるの?

美顔器

美顔器を中心としたフェイシャル用の美容家電は、美しいお肌を維持するためにも必須のアイテム。一昔前だとサロンやエステでしか施術できなかった美容家電ですが、近年は低価格になり一般層でも手に入れやすくなっています。

そんなフェイシャルの美容家電は、効果も製品によってさまざま。基本的にお肌のキメを整え美しい状態に持っていきますが、その過程の中でお肌に悪影響のある要素などを解消してくれるのがポイントです。

例えば毛穴は皮脂や古い角質などが詰まると、黒ずみができたりニキビを発症したりすることになります。フェイシャル美容家電は、この原因である毛穴の詰まりを解消し、引き締めてくれる効果が期待できます。

他にも加齢により発生しやすくなるシミやシワ、たるみなどを解消し、若々しいお肌の状態に持っていくことも可能です。お肌のくすみを改善することで、美白効果が期待できる製品もあります。このように、フェイシャル美容家電には女性が持つさまざまな悩みを解消するアイテムが多いのです。

得られる効果も製品によって違うので、気になる美容家電にはどんな機能があるのかチェックしておきましょう。

 

フェイシャル美容家電はお肌の悩みによって選ぼう

美顔器

 

シミ・そばかす・くすみ・ニキビなどに悩んでいるなら▶︎イオン導入

お肌の悩みで最も多いニキビやシミ、そばかす、くすみなどの症状。一度発症してしまうと改善するのは難しいので、あきらめてしまう方も多いです。そんなニキビやシミ、そばかす、くすみが気になる場合におすすめなのが、イオン導入タイプの美容家電。

スキンケアに必要な美容成分を電気の力でイオン化し、お肌に浸透しやすくするのがイオン導入タイプです。一般的なスキンケアはコットンや手で美容成分を浸透させますが、これだけでは皮膚の深層部分まで届いていません。

美容成分の浸透率を上げ、お肌を健康な状態へと導いてくれるのがイオン導入の美容家電。通常のスキンケア以上にお肌のキメがアップし、シミやそばかす、くすみやニキビなどを解消できるようになります。

イオン導入を選ぶ際にポイントにしたいのが、使用する美容成分です。基本的に製品専用の化粧水や美容液が付属されており、それらをコットンやフェイスマスクになじませ、その上から機器を押し当てゆっくり動かして使います。

専用の化粧水や美容液にはマイナスイオン化できる成分が使われるので、ビタミンC誘導体やプラセンタ、アミノ酸などが中心となっています。コラーゲンやヒアルロン酸はマイナスイオン化できない成分なので、イオン導入の美容家電には使えません。

 

毛穴汚れに悩んでいるなら▶︎イオン導出

イオン導出タイプは、電気の力で汚れを落とす機能に特化している美容家電。排気ガスやほこりなどのお肌に付着しやすい汚れは、マイナスの電気を帯びており、それらを取り除きやすいようにプラスイオンが働きます。

イオン導出タイプは、付属のコットンに化粧水などをなじませ、機器のヘッド部分にセットして使用します。お肌に機器を押し付け、汚れをしっかり取り除くためにもゆっくり動かしながら使いましょう。

コットンになじませる化粧水は持っているものでも構いませんが、マイナスイオン化しやすい成分のものがおすすめ。主にトレハロースやラフィノースと呼ばれる成分が好ましく、精製水や生理食塩水なども良いとされています。

実はイオン導出タイプの美容家電は、イオン導入の機器でも使用でき、機能選択で切り替えるものがほとんど。イオン導出タイプが欲しい方は、イオン導入の美顔器をチェックし、機能が付属しているものを選びましょう。

イオン導出とイオン導入の美容家電は、基本的に週2~3回の使用が目安。たくさん使うほどお肌は良くなるわけではないので注意しましょう。美顔器はお肌に直接触れると負担がかかりやすく、逆に肌荒れをおこすので注意してください。

 

小鼻など、毛穴や角栓の汚れに悩んでいるなら▶︎吸引

小鼻などの毛穴の目立ちやすい場所は、汚れが詰まりやすく黒ずみなども発生します。そんな毛穴の汚れをピンポイントで取り除けるのが、吸引タイプのフェイシャル美容家電です。毛穴に詰まった皮脂や古い角質、ほこりなどの汚れをしっかり吸引し、きれいな状態にするのが主な機能。

この結果、ニキビなどの発症を予防し、毛穴の詰まりもなくなるので引き締まった状態に。キメも整うので、毛穴の角栓や汚れを気にしている方には大きなメリットになることでしょう。

吸引タイプのフェイシャル美容家電は、気になる毛穴部分に機械のヘッド部分を押し当てて使います。毛穴の詰まり具合によっては取り除けないこともあるので、事前にホットタオルで毛穴をしっかり開かせておくのがおすすめです。

吸引タイプも週に1~2回ほどの使用が好ましく、使いすぎると毛穴やお肌に負担がかかるので注意しましょう。

 

ニキビに悩んでいるなら▶︎ハイフルクエンシー

ハイフルクエンシーは、毛穴に詰まっている汚れなどを浮かせて、取り除きやすいようにするフェイシャル美容家電です。サロンやエステでもよく使われる機器の一つで、ヘッド部分がガラス製になっており、そこからオゾンを発生させていきます。

オゾンの作用で毛穴に詰まっている皮脂や古い角質などが浮き、吸引してきれいな状態にします。毛穴の汚れだけでなく、落とし切れなかった化粧汚れやお肌の表面を殺菌する力もあるので、お肌を徹底的に洗浄するのが魅力。

この結果、毛穴がきれいになるだけでなく、ニキビの改善にも期待ができます。細胞が活性化し、肌周期のターンオーバーも整うので、お肌を美しい状態にしてくれます。顔だけでなく背中などのニキビにも効果的で、クレンジング力は吸引タイプ以上ともいわれています。

 

スペシャルなクレンジングがしたいなら▶︎ブラシ洗顔

フェイスクレンジングのアイテムの中で人気の高いブラシ。100均でも販売されており、その優秀さに惚れ込んでいる人もたくさんいます。そんなブラシに電動機能をプラスしたブラシ洗顔は、より気軽に洗顔ができて洗浄力が高いこともあり、手軽な美容家電としても知られています。

スイッチを入れることでヘッドのブラシが作動し、泡をのせたお肌に軽く押し当てゆっくり動かすことで洗顔が可能。素手の洗顔では落とし切れない毛穴の汚れをしっかり落とし、お肌をきれいな状態にするのがポイントです。洗顔後のスキンケアも浸透率が増すので、お肌のキメが整ったりニキビ防止にも一役買ってくれるでしょう。

ブラシ洗顔には回転式や振動タイプなどさまざまなタイプがあり、ヘッド交換をしてマッサージができるものもあります。

 

古い角質や汚れを浮かしてお肌を洗浄したいなら▶︎スクラバー

スクラバーとは超音波洗浄ができる美容家電で、エステやサロンでも使われています。毛穴に詰まっている古い角質や汚れを取り除けるのが主な機能で、ニキビなどを予防する効果が期待できます。

スクラバーの超音波は、水を通してお肌や毛穴の汚れを浮かせていきます。このため使用前にお肌を水で濡らしますが、超音波で水も一緒に振動することで毛穴などの汚れが出てきます。しかも超音波はプラスイオンが含まれており、マイナスイオンを帯びている毛穴の汚れが吸着しやすいというメリットもあります。

 

毛穴の開きやシミ、くすみ、乾燥などで悩んでいるなら▶︎エレクトロポレーション

エレクトロポレーションとは、電気穿孔法(でんきせんこうほう)のこと。電気パルスを利用し皮膚にごく小さな穴を開け、美容成分をお肌の深層部分にまで浸透させる美容家電です。

これまでは美容医療機器という認識だったため、皮膚科や美容クリニックなどでしか施術ができませんでした。しかし家庭用の製品化が実現したことで、一般層でもエレクトロポレーションが利用可能になっています。

美容成分を浸透しやすくする美容家電にはイオン導入タイプがありますが、イオン化できない成分は使えないというデメリットがあります。エレクトロポレーションは成分を変換せず、そのままの状態でお肌の深層部分に届くので、使用する美容液なども限定されません。

このため毛穴の開きやシミ、くすみ、乾燥肌などにも作用し、幅広い効果が期待できます。

 

お肌のたるみに悩んでいるなら▶︎RF(ラジオ波)

「Radio Frequensy」を略して「RF」、別名「ラジオ波」と言われています。「高周波」とも呼ばれ、レントゲンや携帯電話、テレビなどに用いられる電磁波を使って美容効果を上げていきます。

「非電離放射線」と呼ばれる人体に影響の少ない電磁波を使い、お肌に照射して熱を発生させます。お肌の熱が発生すると体温が上昇し、血行やリンパの流れが促進されます。その結果コラーゲン生成が促進されて、たるみなどにアプローチ。

他にもお肌のターンオーバーが整うことで、シミやくすみの改善にもつながります。むくみなどにも効果があるとされているので、アンチエイジングも期待できます。

基本的に体内のコラーゲン生成は時間をかけて行います。このため、RF(ラジオ波)の美容家電は、長期間をかけて施術することで効果が期待できます。

 

お肌の悩みに合ったフェイシャル美容家電で美肌に

女性の顔

フェイシャル美容家電は仕組みがさまざまなため、得られる効果も種類によって違います。このため製品によっては相性もあるかもしれません。まずは自分がどんなお肌の悩みを抱えているかを基準にして選ぶことがポイント。

お肌の悩みとは全く違う効果の美容家電を購入しても、求める効果は得られないので十分注意しましょう。洗顔など日ごろ必ず行うスキンケアで、落としきれていない毛穴やお肌の汚れを取り除く美容家電は、その後のスキンケアの浸透率を上げるため美容効果にもつながります。

特にお肌の悩みがない方は、洗浄力の高い美容家電を選ぶなどして、肌質の向上に努めるのもいいでしょう。


最近はサロンやクリニックなどで用いられる機器が家庭用にも進出しているため、フェイシャル美容家電はさらに幅広い商品が展開されています。お肌の悩みに特化した製品も選べるようになっているので、自分に合った美容家電を選びましょう。肌トラブルを解消し、誰もがうらやむ美肌を手に入れてくださいね。