LIFE STYLE

ヘアケアできる家電で美髪に!髪に嬉しい効果と失敗のない選び方

ヘアケアできる美容家電というと、多くの人がヘアドライヤーをイメージしているのではないでしょうか。近年はヘアケア美容家電も種類がどんどん増えており、髪のツヤを与えたりアンチエイジングができたりなど効果もさまざまです。今回はそんなヘアケア美容家電の種類や選び方をご紹介します。

 

頭皮や髪の毛の悩みにはヘアケア美容家電を

傷んだ髪

肌トラブルや体型などの悩みは、誰もが抱えているもの。美の追求は常に貪欲なもので、髪に関しても美しくありたいと思う人は多いのではないでしょうか。

実は髪に関する悩みを持っている人はかなり多く、乾燥によるパサつきや、傷みを気にしているケースもあります。年を重ねると抜け毛が増えたり白髪が増えたりもします。

髪の毛だけでなく、頭皮も気を抜くと乾燥してフケが出始めたり、逆にベタついてしまったりするので、お肌と同じように丁寧にケアしていくことが重要です。とはいえ髪の毛に加えて頭皮もしっかりケアしようとすると、時間も手間もかかってしまいます。

気軽にかつ丁寧にヘアケアをするためにも、ヘアケア美容家電を取り入れるのがおすすめ。近年のヘアケア美容家電は優秀なものが多く、ドライヤーを一つとっても髪を傷めないように乾かしたり、艶のある髪質へと変化させたりすることができます。以前と比べるとかなり進化しているので、髪の毛や頭皮で悩んでいるのであればぜひ活用していきましょう。

 

ヘアケア美容家電とは?

ヘアケアアイテム

 

ヘアケア美容家電の効果①髪の毛にツヤを与える

ヘアケア美容家電の中で最も人気の高い、髪の毛にツヤを与えるタイプ。髪の毛の表面にあるキューティクルを整え、ツヤを与えて指通りの滑らかな髪質へと進化させます。髪の毛にツヤを与える方法は製品によってさまざまで、マイナスイオンを取り入れたものが代表的です。

美容家電の中でもドライヤーは、マイナスイオンを搭載した製品が多いです。基本的にドライヤーは、熱風で濡れた髪の毛を乾かします。しかし乾かし過ぎると髪の毛に必要な水分が抜けてしまい、乾燥して傷みやすくなる上、ツヤのない髪質になってしまいます。

マイナスイオンが搭載されたドライヤーは、空気中に存在する水分を取り込みマイナスイオン化させてドライヤーの温風と共に髪の毛に届けます。こうすることで髪の毛に水分を供給しながらヘアドライでき、仕上がりもしっとりツヤのある状態になるのです。

髪の毛にツヤを与えるヘアケア美容家電は、マイナスイオンを利用したものの他、キューティクルを整えるなど、さまざまな仕組みで髪質に変化をもたらしてくれます。

 

ヘアケア美容家電の効果②毛穴をケアして清潔な頭皮に

フケが出たりベタついていたりなど、頭皮の悩みを抱えている人も多いです。そんな頭皮のケアとしておすすめなのが、毛穴を清潔な状態にしてくれるヘアケア美容家電です。

電動の頭皮マッサージをする製品が多く、シャンプーで落とし切れない頭皮の汚れをきれいに洗い流し、血行を促進する効果が期待できます。使い続けることで毛穴を清潔に保つことができ、フケを予防し頭皮のベタつきを抑えることが可能です。

毛穴のケアができる美容家電にはドライヤーもあり、機能設定を変えて使用可能です。近年はマッサージ機能付きのドライヤーも登場しており、毛穴をケアしつつ髪を乾かせる製品もあります。

 

ヘアケア美容家電の効果③髪の毛のエイジングケア

年を重ねるとこれまで以上に髪がパサつき、頭皮のバランスも乱れがちになります。そのままにしてしまうと色素が抜けて白髪になったり、うねりやすい髪の毛にも変化していったりしてしまいます。そんな加齢による髪の変化を改善したいのであれば、エイジングケアタイプの美容家電がおすすめです。

髪の毛をエイジングケアできる美容家電は、マッサージやドライヤーなどさまざま。特にドライヤーは髪の毛を乾かしながら頭皮ケアができるものもあるので、一石二鳥の効果をもたらしてくれるものがおすすめです。

頭皮ケアによる育毛も可能と言われており、加齢に伴う抜け毛が気になる人にもおすすめ。エイジングケアの種類も豊富なので、悩みに合わせて製品を選ぶことができます。

 

ヘアケア美容家電の種類

ヘッドスパ

 

ヘアケア美容家電の種類①電動頭皮ブラシ

ヘアケア美容家電というと、どうしてもヘアドライヤーに目が行ってしまいがちですが、電動の頭皮マッサージも新しい製品が増えており、使い心地や効果もバラエティーに富んでいます。

電動の頭皮マッサージの中で注目されているのが、音波頭皮ブラシです。音波頭皮ブラシとは音波振動を使って、頭皮の汚れを落とすヘアケア美容家電。ヘッド部分に歯ブラシのような極細のブラシがついており、音波振動で毛穴の皮脂や角質をきれいに洗浄してくれるのがポイントです。

ブラシが柔らかいので、頭皮に負担をかけずに毛穴洗浄ができるのも魅力。素手でのシャンプーよりも皮脂や汚れの洗浄率が高いので、頭皮を清潔な状態にしやすいです。

使い方は、シャンプーの際に音波頭皮ブラシを用いて洗浄します。本体の電源を入れる際、モードが選択できるのでお好みのタイプでシャンプーを行いましょう。頭皮に優しく押し当てゆっくりと動かし、満遍なく洗髪できたら泡をしっかり洗い流して終了です。後はヘアコンディショナーなどをなじませ、洗い流していきましょう。

 

ヘアケア美容家電の種類②頭皮エステ

頭皮エステもシャンプーの際に使えます。頭皮エステとはヘアサロンなどで受けるシャンプーを人工的に行える美容家電で、ヘッドスパのような使用感があります。

ブラシ部分は4つに分類されており、それぞれが個別に回転して作動。回転速度は比較的緩やかですが、モードを変更することで速度調整できるようになっています。ブラシは音波電動ブラシほど細くはなく、柔らかいゴム製でできており、一本一本は鉛筆ほどの太さがあります。

頭皮エステはゴム製ブラシの反発力がある分、頭皮への指圧を感じられるのがポイント。古い角質や、皮脂を取り除きながらマッサージ効果を得られます。ブラシの先端は小さな突起がついており、毛穴部分の汚れも洗浄してくれるのが特徴。ヘッドスパの指の動きを人工的に再現しているため、スッキリすると評判です。

使い方はシャンプーを泡立て髪になじませていき、頭皮エステのスイッチを入れて頭皮に押し当ててゆっくりと動かしていきます。満遍なく洗浄できたら、シャンプーを流します。その後はヘアコンディショナーなどをなじませ、髪に油分を供給していきましょう。

音波頭皮ブラシと頭皮エステは頭皮ケアの作用が高いので、男女で使える製品です。人によっては、育毛効果や頭皮の血行促進による疲労回復などを感じることもあるようです。

 

ヘアケア美容家電の選び方

考える女性

 

ヘアケア美容家電の選び方①口コミなどをチェック

ヘアケア美容家電は種類や効果もさまざまなので、購入する前には当然何を選ぶかを考えなくてはなりません。自分に合った製品を選ぶためにも、さまざまな情報を集める必要があります。その一つが製品の口コミです。

近年は美容家電もインターネット通販が充実しており、製品の口コミを簡単に閲覧できるようになっているショップがほとんど。口コミの内容も本体の見た目から使い心地、使用後の効果などさまざまなので、製品を購入する指標にもなりやすいです。

口コミは、製品に対しての評価をユーザーが率直にコメントしているので、欲しい美容家電が自分に合っているかを判断しやすいですよ。製品の好みや、さまざまな部分の賛否両論をチェックできるので、それらを踏まえた上で本当に購入していいのかを吟味しましょう。

 

ヘアケア美容家電の選び方②悩みに合わせて選ぶ

ヘアケア美容家電選びで重要になるのは、自分が抱いている髪の毛や頭皮に関する悩みです。
髪のパサつきやフケなどは、ヘアケア美容家電でも解消できる可能性が高いので、製品の効果などをしっかりチェックしながら選んでいきましょう。

髪の毛や頭皮の悩みとは全く違う製品を選んでもいいですが、下手をすれば改善するどころか悪影響にもなりかねないので注意しましょう。

 

ヘアケア美容家電の選び方③毎日使えるかどうか

ヘアケア美容家電選びで重要なポイントになるのが、毎日使えるかどうかというところです。これは美容家電全般に言えることですが、購入した最初のうちは気合を入れて使いますが、時間とともに自然と使わなくなってしまうケースが多いです。

そうならないためにも、購入前は毎日手軽に使えるものなのかどうかを、じっくり考えて選ぶのがポイント。ドライヤーは、ほぼ毎日使うでしょう。しかし頭皮エステや音波頭皮ブラシなどの頭皮マッサージ家電は、あれば便利ですが素手で洗髪できる分、どうしても使用が億劫になりがちです。

製品によっては1週間の使用回数を限定するものもあるので、気づいたら使わなくなっていた、なんてことにもなりかねません。ヘアケア美容家電は、できるだけ必要不可欠と感じるものを選び、継続することが大切です。

 

ヘアケア美容家電の選び方④お試しができれば試してみる

ヘアケア美容家電をネット販売やカタログだけで購入するのもいいですが、いざ使用すると想像とは違った製品でがっかりすることもあります。返品できるものであればいいですが、ヘアケア美容家電は一度使うと難しくなるため、できるだけ購入の選択ミスを減らしていきたいですね。

そのためにも気になったヘアケア美容家電を、実際に試してみるのがおすすめ。特に家電量販店は、美容家電を豊富に揃えており、ヘアケア製品も充実しています。欲しいと思うヘアケア美容家電のサンプルもあるはずなので、まずは家電量販店に足を運んでみましょう。

実際に試してみて、思い通りの使用感であれば、他の要素も考慮して購入すべきか考えていきましょう。あまり良い感触を得られなかったのであれば、別の製品を試してみるのもいいでしょう。


ヘアケア美容家電は、定番のアイテム以外にもさまざまな用途のものが登場しており、髪の毛や頭皮のトラブルを改善したり健康を維持できたりなど効果もいろいろです。このため製品選びに関してはしっかりと情報を集め、何が自分に合っているのかを吟味するのがポイント。お気に入りの一台で、長く愛用できるものを選んでいきましょう。