BEAUTY

セルライトはエステで除去できる?エステの効果とは

「気づいたら、お尻や太ももがでこぼこした脂肪に覆われていた」「醜いセルライトを消したい」という人はいませんか?体にセルライトがあると、水着になるのも抵抗がありますよね。セルライト除去のために、エステに通うことを考えている人もいるでしょう。エステの効果や、自宅でもできるセルライト解消法をご紹介します。マッサージ方法も、合わせてチェックしてみてくださいね。

 

セルライトとは?

セルライトとは、脂肪細胞の周辺に、水分や老廃物がくっついて塊になった状態をいいます。セルライトができる原因としては、運動不足や冷えによる代謝の低下、食事バランスの崩れがあげられますね。

セルライトができた肌は、表面上がでこぼこしているのが特徴です。脂肪が塊状になると、脂肪細胞にスムーズに栄養素や酸素が送りこめなくなります。そのため、本来なら有酸素運動で分解される脂肪が燃焼しにくくなるのです。

いったんセルライトができると、できた部分が痩せにくくなります。有酸素運動をすると脂肪の分解が起こりますが、固くなったセルライト部分は分解しづらいため、燃焼が後回しになります。そのため上半身など、セルライトが少ない部分から痩せていくのです。

 

エステでセルライトを除去できる?

エステでは、セルライトを落としやすくしてくれます。ただし「エステに行くとセルライトを除去できる」と考えるのは間違いでしょう。セルライト除去には、食生活の改善や運動などの努力も必要です。エステに行っても、食生活や水分補給などについて、担当者からの指導がありますよ。

エステでは、セルライトを押しつぶしたり、もみほぐしたりして柔らかくします。マッサージに加えて、器具やマシンを併用することが多いですね。セルライト脂肪がやわらかくなると、運動をしたときに脂肪が燃焼しやすくなります。つまり、セルライトがやわらかくなったタイミングで、しっかり有酸素運動をして、脂肪を燃焼させることが大切なのです。

せっかくエステに通っても、食事や運動の生活習慣を改善しなければ、あまり効果は見られないでしょう。「大金を費やしたのに、まったく効果がなかった」ということになりかねません。エステに通うならお金をムダにしないためにも、野菜をたっぷりとる食生活を心がけ、有酸素運動で脂肪を燃焼させてくださいね。

 

エステに行かず自分でセルライト対策はできる?

「エステに通いたいけど値段が高くて悩んでいる」「なるべくお金をかけずにセルライト対策したい」という人も多いのではないでしょうか?

エステに行かなくても、自分でセルライト対策をすることは可能です。基本は毎日マッサージすること。ただし自分でマッサージをする場合、太ももの裏側やお尻は、少しマッサージしにくいのが難点ですね。

マッサージは、お風呂上がりで体が温まっているときに行うと効果的ですよ。何もつけずに行うと摩擦でうまくマッサージできないので、マッサージオイルをたっぷりつけて行いましょう。

マッサージは最初は痛いですが、それはエステに行っても同じ。長期的に継続して行うことによって固まったセルライトがやわらかくなり、痛みも減少していきます。

やわらかくなった脂肪を燃焼するための運動も、欠かさず行いましょう。下半身の脂肪を燃焼されるには、ウォーキングやジョギング、エアロバイクがおすすめです。また新たな脂肪をつきにくくするために、下半身の筋トレも平行して行ってください。

① マッサージ
② 食生活の改善
③ 運動や筋トレ

をセットで行うことが大切ですね。

エステに通おうか悩んでいる人には、まず自分でやってみて、様子を見ることをおすすめします。「セルフマッサージだとサボってしまう」「ダイエットのモチベーションが保てない」という人は、エステを検討してみてもいいでしょう。

 

自宅でのセルライトマッサージのやり方

リンパが流れる方向に沿うように、マッサージしていきます。ふくらはぎ→太もも→お尻の順序で行いましょう。下から上に、流すようにマッサージしてくださいね。ふくらはぎ5分、太もも5分、お尻5分など時間を決めて、順番に行うといいでしょう。

マッサージを行うときは手をグーにして、指の第一関節 (根本に近いほうの関節) の部分を肌に当てて行います。関節の骨の部分を、脂肪に押し当てる要領ですね。手が疲れにくくおすすめです。市販のマッサージローラーを使ってもいいでしょう。

オイルはとくにこだわりがない場合、市販のベビーオイルでかまいません。300ml入りのものなら、ドラッグストアで1,000円以下で購入できますよ。安価でたっぷり使えるのでおすすめです。


セルライトやエステの効果、自宅でのマッサージ方法をご紹介しました。「エステに行くと高いし通うのが面倒だから、まずは自分で対策したい」という人は、ぜひセルフマッサージを行ってみてくださいね。
どうしても太ももやお尻がマッサージしにくかったり、モチベーションが保てなかったりする場合には、エステを検討してみましょう。