BEAUTY

ボディブラシを使う女子が急増中!嬉しい効果や選び方は?

身体を洗う時はどんなアイテムを使っていますか?最近はボディブラシを使う、という方が急増中。そこで今回は、おすすめのボディブラシやボディブラシの効果などをご紹介します。

 

ボディブラシとは?

ボディブラシとバスタオル

ボディブラシは身体を洗うためのバスアイテム。
柄が長いボディブラシを使えば、手では届きにくい背中もしっかり洗うことができます。普通に水に濡らして使うのが一般的でしたが、最近はドライブラッシングという美容法も話題になっています。

 

ボディブラシの効果は?

美しい背中の女性

ボディブラシには様々な効果があります。

◼️毛穴の汚れや角質を除去
ボディブラシを使うと、手洗いでは落ちなかった汚れや角質を除去することができます。硬いボディブラシだと痛い場合があるので、柔らかい馬毛のブラシがおすすめ。角質を除去することで、柔らかい肌に導いてくれます。

◼️冷え性の改善
ボディブラシを使うと適度な摩擦が起こり、血行が良くなります。血行を良くすれば、冷え性の改善にも役立ちます。

◼️リラックス効果
ボディブラシを使ってきちんと身体を洗うと、気分もリフレッシュ。ボディブラシを使うことで、背中やお尻がツルツルになったという方も。肌がきれいになると、ストレスも軽減しますよね。

◼️セルライトの予防
余分な老廃物が溜まりポコポコとなってしまうセルライト。ボディブラシを使ってリンパの流れを良くすることで、セルライトを減らす効果が期待できます。

 

ボディブラシの選び方

色々なボディブラシ

ボディブラシは様々な種類が発売されています。

◼️素材で選ぶ
ボディブラシの主な素材は、山羊毛、馬毛、豚毛、猪毛、ナイロン、シリコンなど。
柔らかいブラシが好きな方は山羊毛のブラシ、少し硬めが好きな方は猪毛がおすすめ。価格的にリーズナブルなのはナイロンブラシです。

◼️柄のデザインで選ぶ
ボディブラシは柄の長さが重要。柄の長い物は背中まで楽々洗うことができます。ただ力の調節をするなら柄の短いものや柄がないものがおすすめ。ブラシ部分だけ取り外しできるものなら、どんなシーンにも対応することができるので便利です。

 

ボディブラシの使い方や注意点

ボディブラシを使う女性

ボディブラシを使う時は、力を込めてゴシゴシこするのはNG。肌の状態を見て、使うかどうか決めましょう。カミソリでムダ毛を処理した後は、肌が弱っている場合もあるので注意が必要です。

ドライブラッシングする時は、ボディブラシも肌も乾いた状態で行います。足先や手先から心臓に向かって円を描きながらマッサージ。あまり時間をかけず3分程度でさくっとブラッシングを終わらせましょう。

また、ボディブラシの最大のデメリットといえば、カビが生えやすいこと。なかでも木製のボディブラシは、お風呂場に使ったまま放置しているとすぐにカビてしまうので気を付けましょう。

 

おすすめのボディブラシ【1】ALTY(アルティ) 全身美容ブラシ・ロングハンドル

テレビでも紹介され話題になったALTY(アルティ)のボディブラシ。ブラシ部分は、カネゴートというアクリル系化学繊維が使われています。50ミクロンの極細毛が48万本も使われており、その柔らかさは抜群の気持ちよさ。お風呂はもちろん、ドライブラッシング用としても使用可能です。

ALTY(アルティ) 全身美容ブラシ・ロングハンドル

¥8,424

販売サイトをチェック
 

おすすめのボディブラシ【2】Neal's Yard Remedies(ニールズヤードレメディーズ) ボディマッサージブラシ

Neal's Yard Remedies(ニールズヤードレメディーズ)のボディマッサージブラシは、ドライブラッシング専用。片面は猪毛、もう片面は木の突起の2wayデザインになっており、マッサージ用としても使うことができます。

Neal's Yard Remedies(ニールズヤードレメディーズ) ボディマッサージブラシ(コットン巾着入り)

¥2,592

販売サイトをチェック
 

おすすめのボディブラシ【3】MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) バンブー ボディブラシ

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)のバンブー ボディブラシは、竹素材に天然の豚毛を植え込んだデザイン。水分と空気を含みやすい設計になっており、石鹼の泡立ちも抜群。柄の部分に紐が付いており、引っ掛けて収納できるのも嬉しいですね。

MARKS&WEB(マークスアンドウェブ) バンブー ボディブラシ S

¥1,328

販売サイトをチェック
 

おすすめのボディブラシ【4】ニトリ ボディブラシ

ニトリのボディブラシはプチプラなので、ボディブラシを使ってみたい!という方も気軽に試すことができますよ。柄の部分がプラスチックなので、木製に比べるとカビが生えにくいのもポイント。

ニトリ ボディブラシ(HF542A クリア)

¥399

販売サイトをチェック
 

おすすめのボディブラシ【5】LuckyWink(ラッキーウィンク) シリコンボディブラシ

コンパクトなシリコンボディブラシは、毎日のボディケアに大活躍間違いなし。シリコンの柔らかな肌触りがリラックス効果抜群です。毛足の長いブラシ面とマッサージに適した突起面の2wayデザインがポイント。

 

おすすめのボディブラシ【6】KOIZUMI(コイズミ) ボディブラシ

ベーシックな手動タイプの他に、電動タイプのボディブラシもあります。KOIZUMI(コイズミ)の電動ボディブラシは、柔らかい極細毛のブラシが回転し、古い角質や毛穴の汚れを除去。軽石のアタッチメントに交換すれば、角質をケアすることもできます。

 

おすすめのボディブラシ【7】SUVÉ(スーヴェ) ボディブラシ ロング

高級ボディブラシなら、SUVÉ(スーヴェ)のものがおすすめです。ふんわりと柔らかい山羊毛が使われており、まるで羽毛のような触り心地を楽しめると評判。肌が弱い方にも安心です。

SUVÉ(スーヴェ) ボディブラシ ロング

¥12,960

販売サイトをチェック

一時期は「肌に悪い……」と言われていたボディブラシですが、最近はその美容効果の高さから愛用する人が増えています。ボディブラシといっても、素材やデザインなどによって使い心地が変わります。この機会に、自分に合ったボディブラシを取り入れて、ピカピカの肌を目指しましょう。