BEAUTY

ツヤ肌とテカリの違いとは?清潔感のある上品なツヤ肌のススメ

上品でかつ清潔感溢れるツヤ肌は男ウケ抜群です。一見テカリ肌と間違われやすいツヤ肌ですが、そこにはハッキリとした違いがあるのです。今回はテカリ肌とツヤ肌の違い、そしてテカリと思わせないツヤ肌メイクの方法をご紹介します。

 

テカリ?それともツヤ肌?テカリとつや肌は似て非なるもの

美肌の女性

■そもそもツヤ肌とは?ツヤ肌の特徴
潤い溢れていて、ツヤ感たっぷり!光輝いているようにも見えるお肌、それがツヤ肌です。肌年齢が若ければツヤ不足になることはまずないのですが、加齢とともに潤い成分や保湿成分が減少。化粧品やメイク術を使うことで誰でもツヤ肌に見せることができます。ただし注意したいのが、ツヤ肌に挑戦したのにテカリ肌になってしまうこと。

ツヤ肌とテカリ肌は似ているようですが、全く違うものなのです。ツヤ肌には清潔感や上品さが漂いますが、テカリ肌は皮脂でベタベタした状態です。テカリ肌は清潔なイメージとはかけ離れてしまいます。清潔感があるか否かで、ツヤ肌がテカリ肌かを区別するといいでしょう。

■余分な皮脂が原因!テカリ肌の特徴とは
お肌にツヤが感じられればツヤ肌。確かにその通りなのですが、そのツヤがベタベタの皮脂から生み出されているものなのか、それとも化粧品のアイテム使いでそう見えるのかで、本物のツヤ肌なのかどうかを見極めます。

もし皮脂が邪魔をしているなら、それはツヤ肌ではなくテカリ肌です。ではテカリを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?テカリ肌になる原因として考えられるのは大きく2つあります。

・間違ったスキンケアによってお肌が乾燥気味で、余分な皮脂を分泌することでお肌を守ろうとしている
・食生活やストレス、睡眠不足など生活習慣が原因となっている

本物のツヤ肌を手に入れるには、まずテカリ肌を解消しましょう。解消のポイントは毎日の洗顔と保湿をいかにするか、そしてテカリ肌の原因と思われる生活習慣を見直すことにあります。時間はかかりますが、全ては上品なツヤ肌を目指すため!

<テカリ肌解消洗顔方法>

・洗顔料は泡立てネットを使ってしっかりと泡立て、モチモチ泡を作ります。
・その泡を使って泡で包み込むように洗顔しましょう。このときに手が直接お肌に触れることがないように、余分な力の入らない中指と薬指を使って泡のクッションで洗っていきます。ゴシゴシと洗わないように注意しましょう。
・1~2分程度でぬるま湯でバシャバシャと泡をよく洗い流します。
・最後にタオルでポンポンと水分をふき取り、化粧水などで充分に保湿したら終了です。

化粧水は1分程度コットン使用でパッティングするとお肌に充分浸透するでしょう。

 

ツヤ肌はこう作る!ツヤ肌づくりのコツ~その1~

スキンケアをしている女性

■一番に保湿!素肌づくりに力を入れる

ツヤ肌を作るには、単に下地やファンデーションなどのアイテム重視というわけにはいきません。やはり何をするにせよ、ベースとなる部分が大切です。メイクでは素肌のコンディションが一番大事!ツヤ感があるように見せるには、保湿が充分されているかどうかがポイントです。

化粧水だけでなく、美容液や乳液、その他保湿クリームなどのアイテムもしっかりと使ってお肌を潤わせてあげましょう。ツヤ肌メイクを施すのは5~10分後でOK。もしベタつき感が残り、テカリが気になるならティッシュで軽く押さえてみてください。

 

ツヤ肌はこう作る!ツヤ肌づくりのコツ~その2~

■下地で肌色補正!目指すはテカリ感のないツヤ肌

くすみ肌ではありませんか?ツヤ肌にくすみはNGです。ツヤ肌は健康的なお肌に見えることも大切なのです。すっぴん肌でくすみが解消されるように日頃からピーリングや酵素洗顔などを行なっていればいいのですが、そうでない限りくすみ肌のまま。そんなときには赤みや黄みかかったお肌までも補正してしまう化粧下地を利用しましょう。

塗れば一瞬でお肌のトーンが変わります。また目の下のクマや気になるニキビ跡やその他の赤みなどは、必要に応じてコンシーラーを使って隠していきましょう。ツヤ肌には透明感は必須なのです。

 

ツヤ肌はこう作る!ツヤ肌づくりのコツ~その3~

■パウダーファンデーションよりもリキッド使用

下地までできたら次にファンデーションです。ツヤ肌メイクに使うならマットな感じが強めに出るパウダーファンデーションよりも、リキッドやクッションファンデーションがおすすめです。のっぺりとした感じではなく、ナチュラル感漂う仕上がり感を目指します。

 

ツヤ肌はこう作る!ツヤ肌づくりのコツ~その4~

ツヤ肌のツヤ感を出すには、チークやアイシャドウなどにもこだわりたいところ。チークはクリームタイプ、アイシャドウにはキラキラ感のあるタイプを使います。クリームタイプのチークやアイシャドウをのせるときには、必ず一度手でなじませてから使うようにしましょう。

フェイスパウダーは全体に入れてしまうと、マット感を生み出してしまうので、全く使わない、もしくは部分的に入れるようにします。

 

ツヤ肌はこう作る!ツヤ肌づくりのコツ~その5~

■輝きある肌を演出!光の反射を利用する
ハイライトはツヤ肌には必須アイテムです。ハイライトを入れることでツヤ肌感がUP!鼻筋とTゾーンはもちろん、目尻&こめかみのCゾーンやあご先、目頭の下に逆三角形でしっかりと入れてあげます。


すっぴん肌の状態でツヤ肌であるのは理想ですが、加齢などが重なるとそうもいきません。そんなときにツヤ肌メイク術を使ってツヤ感たっぷりのお肌にしてみましょう。皮脂分が多くなってテカリとなっているのは決してツヤ肌ではないのでご注意ください。