FASHION

コーデのアクセントに♪上手なストールの取り入れ方

シンプルな春夏コーデのアクセントになるストールは、取り入れ方次第でコーデの幅が広がるって知っていましたか?1枚あるだけで色々なコーデが楽しめるストールの取り入れ方をマスターして、おしゃれをワンランクアップしましょう!

 

#1 肩にかける

ストールの基本の使い方といえば、シンプルな肩掛け。さらりと肩に掛けるだけで、自然と縦長Iラインが強調されてスタイルアップも叶います。

春夏にこの取り入れ方をするなら、ライトトーンを選びましょう。これからの季節に活躍するストールの使い方なので、ぜひチェックしておいて。

 

#2 ボリューム巻き

くしゅくしゅっとラフに巻いたストールをくるりとひと巻き。首元をゆるめて、片端を輪に差し込んだら出来上がりです。

簡単ですが、くしゅくしゅとストールを立体的にすることで、顔回りにボリュームが出て小顔効果あり!まだ肌寒い春に活躍する取り入れ方です。

 

#3 ぐるぐる巻き

くるんとひと巻きしたストールを顔回りでたゆませるぐるぐる巻きスタイル。エキゾチックなスタイルにも似合う巻き方です。

長すぎるストールの場合は、前からぐるりとひと巻きして手前側まで。短い場合は手前から巻き始めて、後ろに片側の端をたらすと良いバランスになります。

 

#4 エディター巻き

正面から巻いてぐるっと首周りにゆるくひと巻きするだけのエディター巻きは、簡単ながら抜け感が出ておしゃれに見えるストールの取り入れ方です。

春夏のストールは防寒というよりも、全体のバランスUPで取り入れることが多いですよね。ゆるっと巻くことで首周りに涼しげな抜け感が出ますよ♪

 

#5 ショール巻き

ノースリーブやキャミソールで二の腕の露出が気になるときには、ストールをショール巻してエレガントなコーデを楽しむのもGOOD!
ラメ感のある素材ならパーティコーデにも似合いそうですね。カジュアルなスタイルでもショール巻きすると、コーデの雰囲気ががらりと変わるんです。

 

#6 バッグ巻き

お気に入り柄のストールがあれば、バッグのアクセサリーとして持ち手に結ぶのもおしゃれ!細めのストールなら、バランスよく見せられるのでワンポイントになるはず。


シンプルな春夏スタイルのアクセントになるストール。取り入れ方次第で雰囲気が変わって、コーデの幅が広がるはず。ストールは1枚持っているだけで巻き方を変えて印象もチェンジできるので、まだ持っていない人は新しいストールをワードローブにプラスしてみるのもおすすめです。