BEAUTY

鼻に汗をかくのがイヤ!正しい対策やメイク直し方法は?

せっかく綺麗にメイクをしても、鼻に汗をかいてしまって台無しになってしまった経験のある方は多いのでは?今回は、鼻汗の原因と鼻汗を抑える3つの対策方法やメイク崩れを抑えるポイントについて詳しくご紹介します。

 

鼻汗をどうにかしたい……!

鼻に悩みを抱えている女性

顔のパーツの中でも、鼻に汗をかいてしまうと目立ってしまい、恥ずかしい思いをすることがあります。

また鼻に汗をかくことでメイク崩れの原因になりやすく、ファンデーションもヨレてしまい、せっかく綺麗にメイクを仕上げても意味がありません。

今回は鼻汗の原因を解説し、汗を抑える対策法と、鼻汗によるメイク崩れを予防する方法についてご紹介します。

 

鼻汗の原因とは?

ストレスを抱えている女性

鼻に汗をかいてしまう原因は主に4つ挙げられます。それぞれ見ていきましょう。

■緊張によるもの
緊張しているときに鼻に汗をかいてしまう方は、緊張による精神性発汗の可能性があります。人によっては緊張すると脇や手に汗をかく人がいますが、鼻に汗をかいてしまう方もいます。普段自分がどんな時に鼻に汗をかいてしまうのか、思い出してみましょう。

■運動不足によるもの
運動を少ししただけで鼻汗をかいてしまう方は、日頃の運動不足によって鼻汗を引き起こしています。運動不足に陥ると、日常的に汗をかく機会が減ってしまうため、身体全体の汗腺が弱っている状態になります。しかし全ての汗腺が弱るというわけではなく、一部の汗腺の働きは持続しているため、その一部の汗腺が鼻の場合、運動することで鼻に汗をかいてしまいます。

■心臓の働きが弱くなっている
顔汗のなかでも特に鼻に多く汗をかいてしまう方は、心臓の調子が鼻に現れている場合があります。鼻によく汗をかく人で鼻の頭が赤い方は、心臓の働きが弱くなっている場合があるので注意が必要です。

鼻に大粒の汗をかく人で、油っこいものが好き、怒りっぽい、近親者に心臓疾患が多いなど、心当たりがある方は、医療機関にて一度診察をしてもらいましょう。

■更年期障害
女性の場合は、更年期障害によってホルモンバランスが乱れ、身体の汗が増えることで鼻にも汗が出てしまうこともあります。

 

鼻汗を抑える方法は?

汗を抑制する大豆イソフラボン

メイク崩れや見た目の印象も悪くしてしまう鼻汗は、どうにかして予防したいものです。次に鼻汗を抑える効果的な対策方法を3つご紹介します。

①首を冷やす
首の後ろや鎖骨などのリンパ節を冷やすことで、体温を下げて鼻汗を止めることができます汗を止めたいときは、冷えたペットボトルや濡れタオルを使ってみましょう。

②ツボを刺激する
汗を止める「屋翳(おくえい)」と「大包(だいほう)」という2つのツボを刺激することで、上半身の汗を抑える効果が期待できます。

■屋翳(おくえい)
両乳首の4センチほど上にあるツボです。ここを刺激することで顔汗を抑える効果が期待できます。

■大包(だいほう)
両脇の真ん中のくぼみから少し下にあるのが、大包です。女性の場合はブラジャーをしている位置と重なります。そのため指で刺激するだけでなく、ブラジャーを普段よりきつくするだけでも効果が見込めます。

③大豆イソフラボンを摂取する
更年期によって汗が増える原因は、女性ホルモンが減少することが考えられます。つまり、女性ホルモンと同じ働きをしてくれる「大豆イソフラボン」を積極的に摂取することで、汗を抑える作用があります。日ごろから納豆や豆腐を摂取して、身体の内側から汗対策を行いましょう。

 

鼻汗によるメイク崩れを抑える方法は?

メイクをする女性

鼻汗でメイクが崩れると、せっかくのメイクも台無しです。次に鼻汗の化粧崩れを防ぐメイク方法をご紹介します。

■スキンケア
化粧を開始する前に、まずは肌のコンディションを整えてあげることが必要になってきます。特に毛穴を引き締める効果のある収れん化粧水を使用すると効果が高まります。

■ベースメイク
化粧下地は肌とファンデーションの間に入って、日中のファンデーションの持ちを良くしてくれるため必ず使用しましょう。その際には、汗や皮脂に強い皮脂崩れ防止下地や、小鼻用の部分下地を使いましょう。

■ファンデーション
ファンデーションはパウダータイプを選ぶと毛穴カバーとの相性が悪いため、できるだけリキッドタイプを選びましょう。

 

鼻のメイク崩れの直し方

メイク直しをする女性

上記のような対策をしても鼻汗をかいてしまった場合は、メイク直しも正しい方法でしなければすぐに化粧崩れを招いてしまいます。

鼻のメイク崩れを直す方法をご紹介します。

■ミストと乳液でファンデを落とす
まず、崩れている部分の化粧を綺麗に落とさなければ、化粧ムラを引き起こしてしまいます。ファンデを綺麗に落とすには、ミスト(化粧水)と乳液を使いましょう。

1.まず、化粧水のミストを顔全体に吹きかけてなじむのを待ちます。
2.次にコットンに乳液を染み込ませます。
3.乳液を染み込ませたコットンを崩れた部分に滑らせてファンデーションを取った後、今度は乳液を手に取って保湿します。

■下地を塗り直す
乳液で保湿した後は、軽くティッシュオフしてから化粧下地を塗り直します。この時の量は普段使うよりも少なめの量にして使います。

■ファンデーションを薄く塗る
最後にファンデーションを薄く塗っていきます。ファンデーションは均一に、そして境界ができないように薄く塗ることがポイントです。
ファンデーションを塗り終わったら、なじませるようにフェイスパウダーを重ねてあげると綺麗に仕上がります。


もともと鼻は汗腺が発達しているため汗をかきやすい場所です。汗を少なくするためにも、ツボ押しなどの対策方法を上手に活用すると鼻汗を抑えることができます。また、メイクもポイントを押さえることでメイク崩れを予防することができるため、鼻汗でお悩みの方はぜひ今日から崩れ防止のメイクを実践してみましょう!