LIFE STYLE

その肌荒れは花粉が原因かも!予防法やおすすめアイテムをチェック

花粉症の時期になると、なんだか肌が荒れる。そんな肌荒れは、花粉が原因かもしれません。花粉が原因で起こる肌荒れには、どんなケアを行えば良いのでしょうか。今回は、花粉が原因で起こる肌荒れの症状や対策、おすすめのスキンケアアイテムについて詳しくご紹介します。

 

目・鼻・肌にも?花粉で起こるさまざまな症状

花粉症の女性

花粉が飛び交う季節になると、花粉症に苦しむ人が多くなります。花粉症の症状といえば、目のかゆみや止まらない鼻水・くしゃみが有名ですよね。
しかし、実は花粉が引き起こす症状は、目や鼻だけに起こるわけではありません。

花粉が飛ぶ時期になると、なぜか肌が荒れる……。そんな経験はありませんか?
実は、その肌荒れは花粉が原因かもしれません。

花粉は肌にもアレルギー反応を起こし、肌荒れを起こしてしまうことがあります。では、花粉が原因で起こる肌荒れには、どんな対策を行うといいのでしょうか。

花粉で起こる肌荒れの症状や、対策方法について詳しく見ていきましょう。

 

赤みが出るの?花粉で起こる肌荒れのメカニズムと症状

女性

花粉が原因の肌荒れは、「花粉皮膚炎」と呼ばれています。

花粉皮膚炎の主な症状は、肌の赤みやピリピリするような肌のかゆみ。花粉の時期になると、なんだか肌がむずがゆいという場合は、花粉皮膚炎の可能性があります。

◆花粉皮膚炎の原因

花粉皮膚炎が起こる原因は、肌のバリア機能の低下。バリア機能が低下すると外部刺激から肌を守れなくなり、花粉などのアレルゲンからダイレクトに刺激を受けてしまいます。

敏感肌の人は、もともとバリア機能が低いため花粉皮膚炎にかかりやすい状態です。また、肌の乾燥はバリア機能の低下につながります。乾燥肌の人も花粉皮膚炎への注意が必要です。

 

知っておきたい!花粉による肌荒れの予防・対策

メモ

春は、乾燥しやすい冬を超え、肌の水分バランスが崩れて肌が敏感になりやすい時期。なので、誰もが花粉皮膚炎になる可能性を持っています。

花粉で肌荒れを起こさないよう、予防・対策をしっかりチェックしておきましょう。

 

まずは基本!花粉が肌につかないようにする

マスクの女性

花粉による肌荒れは、花粉が肌に付着することで起こります。そこでまず行いたいのが、肌を花粉から守ること。マスクや眼鏡などを使って、できるだけ肌に花粉が触れないように気をつけましょう。

しっかりベースメイクをしておくと、花粉が肌につきにくくなりますよ。空気中の微粒子から肌を守るタイプのクリームや美容液も販売されているので、こういったものを使用するのもおすすめです。

 

花粉による肌荒れを予防するなら、うるおい重視のスキンケア

化粧水

◆低刺激でうるおい成分豊富なスキンケアアイテムを選ぶ

花粉による肌荒れの原因は、バリア機能の低下です。これを防ぐためには、肌をたっぷりのうるおいで満たし、バリア機能を強化すること。

普段使っているものよりもうるおい成分豊富なアイテムで、しっかりとスキンケアを行いましょう。肌が敏感になりやすい時期なので、できるだけ刺激が少ないものを選ぶのがおすすめです。

◆普段の生活から乾燥の原因をシャットアウトしよう

毎日行うスキンケア方法が間違っていると、肌の乾燥は進行しやすくなります。毎日の生活の中から乾燥の原因となるポイントを、できるだけシャットアウトするように心がけましょう。

【乾燥の原因になりやすい毎日の行動】
・ゴシゴシこすって洗顔する
・熱いお湯で洗顔する
・洗顔後やお風呂上がりにスキンケアをしない

 

内側からケア!花粉による肌荒れにおすすめのサプリとは

サプリ

花粉に負けない肌と体を作るためには、内側からのケアも効果的。肌を健やかな状態に保つビタミンAやビタミンB群、腸内環境を整えて免疫力をサポートする乳酸菌などが含まれたサプリなどがおすすめです。

 

花粉による肌荒れをケアするならこれ!おすすめのスキンケアグッズ4選

鏡を見る女性

花粉による肌荒れをケアするためには、アレルゲンである花粉が肌につくのを防ぐこと。そして、スキンケアでしっかりと肌にうるおいを与えることが大切です。

そこで次は、花粉による肌荒れにおすすめのスキンケアグッズ4選をご紹介します。

 

花粉による肌荒れにおすすめの美容液▶資生堂 dprogram(dプログラム) アレルバリア エッセンス

花粉やほこりなどのアレルゲンから肌を守る、アレルバリアテクノロジー搭載。化粧下地効果があり、SPF40・PA+++なので日中肌を守るのにぴったりの美容液です。紫外線吸収剤不要で肌への刺激が少ないから、敏感な肌でも使いやすいのも嬉しいですね。

資生堂 dprogram(dプログラム) アレルバリア エッセンス

¥3,240

販売サイトをチェック
 

花粉による肌荒れにおすすめのクリーム▶ETVOS(エトヴォス) モイストバリアクリーム

うるおいバリアのベールで、アレルゲンから肌を守り肌荒れを防ぐクリームです。

スキンケアの最後に使うことで、肌を花粉やPM2.5から守るセカンドスキンを形成。さらに、4種類のヒト型セラミドが肌にうるおいを与えてバリア機能をサポートします。

パラベンや合成香料、着色料など肌の刺激となる成分はできるだけ使わない低刺激処方なので、敏感になりがちな肌にもおすすめです。

ETVOS(エトヴォス) モイストバリアクリーム

¥3,780

販売サイトをチェック
 

花粉による肌荒れにおすすめの化粧水▶yucca(ユッカ) ウォーターヴェール

花粉が肌に付着するのを防ぐミスト化粧水。
顔全体に化粧水をスプレーすると、見えないヴェールを形成。花粉キャッチャーが肌に近づく花粉をくるりと包み込んで、肌を花粉の刺激から守ります。

さらに、角質層の水分量を高めて乾燥をやわらげることで、バリア機能をサポート。内側、外側両方から花粉による肌荒れをケアしてくれます。

◆ユッカ ウォーターヴェール
定価:1,500円(税抜)

 

花粉による肌荒れにおすすめのアイテム▶資生堂 イハダ アレルスクリーンEX

イオンの透明ヴェールで微粒子を吸着する資生堂の特許技術「微粒子防止吸着防止技術」を採用。天然温泉水を配合したミストが、優しくブロック効果を発揮。花粉やPM2.5など、空気中に浮かぶ微粒子から肌を守ってくれます。

資生堂 イハダ アレルスクリーンEX

¥972

販売サイトをチェック
 

内側からケアしたい!花粉による肌荒れにおすすめのサプリ2選

サプリを飲む女性

花粉による肌荒れをケアするためには、サプリによる内側からのケアもおすすめです。普段不足しがちな栄養素を補って、免疫力や健やかな肌をサポートしましょう。

 

花粉による肌荒れにおすすめのサプリ▶LION(ライオン) ペアA錠【第3類医薬品】

ターンオーバーの乱れは、肌の乾燥に繋がります。
ペアA錠に含まれるビタミンB2、B6、L-システインは、乱れがちなターンオーバーをケア。花粉皮膚炎の原因となる乾燥を遠ざけます。

さらに、肌荒れを防ぐ効果で知られる生薬・ヨクイニンも配合。肌を健やかな状態に保つことで、花粉によるダメージに負けない肌を目指します。

◆ LION(ライオン) ペアA錠
定価:1,440円(税抜)

 

花粉による肌荒れにおすすめのサプリ▶CALPIS(カルピス) アレルケア

免疫細胞の7割が集中しているとされる腸。整った腸内環境は、花粉を撃退する免疫力のアップに欠かせないものです。

アレルケアには、CALPIS(カルピス)社の長年の研究から発見された「L-92乳酸菌」を配合。一般的な乳製品からは摂ることができないこの乳酸菌が、健康づくりをサポートしてくれます。

CALPIS(カルピス) アレルケア

¥2,100

販売サイトをチェック
 

繰り返す乾燥や強いかゆみには薬もおすすめ

花

スキンケアではどうにもならない!そんな繰り返す乾燥には、医薬品の力を借りるのもおすすめです。なかなか皮膚科に行くことができない人は、ドラッグストアで販売している市販薬を試してみてもいいかもしれませんね。

 

花粉による肌荒れにおすすめの薬▶小林製薬 さいきa【第2類医薬品】

乾燥性皮膚炎による赤みや腫れのお薬です。ローションタイプで使いやすいのがポイント。乱れた肌構造を立て直し、健やかな肌の基盤づくりをサポートしてくれます。

◆小林製薬 さいきa【第2類医薬品】
定価:2,400円(税抜)

肌のかゆみが強いときは、皮膚科で薬を処方してもらうのもおすすめです。
市販薬の中には、皮膚科で処方してもらう「アレグラ錠」と同じ成分の「アレグラFX」も販売されています。しかし、こちらは花粉症による鼻炎に対する薬として販売されていて、アレルギーによる皮膚炎には対応していません。

花粉をはじめとするアレルゲンが原因の皮膚炎の場合は、きちんと医師に診てもらってから処方してもらうようにしましょう。


2月から4月頃までは、花粉が盛んに飛び交う季節。新しい出会いも多くなる季節なので、花粉による肌荒れはなんとかケアしておきたいものです。スキンケアアイテムやサプリ、マスクなどで予防・対策を行い、花粉に負けない美肌を目指しましょう。