BEAUTY

口紅を塗るときはリップブラシがマスト!選び方や長持ちするお手入れ

口紅やグロスを塗るとき、リップブラシは使っていますか?実はスティックのまま直に塗るよりも、リップブラシを使ったほうがメリットがたくさんあるのです。今回はリップブラシを使うメリットや選び方と使い方、おすすめアイテムなどをご紹介します。お手入れ方法も要チェックです!

【目次】

 

リップブラシを使うメリット

 

リップブラシを使うメリット【1】細かい部分まで綺麗に塗れる

リップブラシを使って細かい部分まで綺麗に塗っているイメージ写真

口紅を直塗りするだけでは、唇のキワやリップラインまで綺麗に塗ることができません。
リップブラシを使うことで、細かい部分や唇の縦ジワの間まで、しっかりと綺麗に塗り広げることができます。

また、絵を書くみたいに細かくコントロールできるので、唇の形に合わせて塗る調整ができるのもポイントです。

 

リップブラシを使うメリット【2】グロスもムラなく好みの仕上がりに

リップブラシを使ってグロスを塗っているイメージ写真

口紅をつけるとき、上下の唇を合わせて塗り広げたりしていませんか?この塗り方は非常にムラになってしまいます。
また、口紅の直塗りは手に過剰な力がはいってしまうこともムラの原因に。

リップブラシを使うとムラなく均一に仕上げられるほか、少量ずつ重ねることで好みの濃さに塗ることができます。
塗りすぎてムラになってしまいがちなグロスも、程よく塗り広げられます。

 

リップブラシを使うメリット【3】厚塗りにならず口紅の密着力と持続力がアップ

リップブラシを使って薄く口紅を塗っているイメージ写真

リップブラシは、直塗りに比べて口紅がしっかりと唇に密着します。
そのため発色がいいだけでなく、取れにくくなります。何度も塗り直す必要がありません。

また、厚塗りにならないため、ヨレにくく、綺麗な状態を持続できます。

 

リップブラシを使うメリット【4】口紅を最後まで使いきることができる

折れてしまった口紅のイメージ写真

口紅が折れてしまったり、最後まで使い切ろうとしても底に少し残った分が使い切れず、もったいない……と感じることはありませんか?

もしリップブラシがあれば、底に残った分もすくい取ってくれますし、最後まで使い切ることができて経済的です。

 

リップブラシの正しい選び方と使い方

 

リップブラシの選び方と使い方【1】筆の形状で選ぶ

2種類のリップブラシのイメージ写真

リップブラシは大きく分けて2種類。平たい形の平型と、先端が尖った山型に分かれています。
どちらも使い方は同じ。中央から口角に向けて輪郭を描いてから、中を塗りつぶすように塗っていきます。

平型は塗りつぶすときに広い部分をサッと塗れるのが特徴です。
山型は、輪郭など細かい部分を丁寧に仕上げたいときに便利です。

平型なら角を使って細かい部分も描けるので、初めて使うのであれば平型の方が簡単かもしれません。

 

リップブラシの選び方と使い方【2】筆の毛質で選ぶ

様々な毛質のメイクブラシのイメージ写真

ブラシの毛質も大きく分けて2種類に分かれていて、人工毛と天然毛があります。

天然毛は主にイタチ科の獣毛を使用しており、コシがあって塗りやすく、人工毛に比べて色ムラが少ないのが特徴です。
しかし、その分値段が高く、水洗いができないなど、お手入れのしにくさがデメリットでもあります。

一方、人工毛はポリエステルの毛を使っており、抗菌剤を配合しているためお手入れが楽です。
価格もリーズナブルなので、気軽に使えるのが嬉しいですね。

 

おすすめのリップブラシ5選

 

おすすめのリップブラシ【1】ちふれのリップブラシはプチプラで天然毛の熊野筆

ちふれのリップブラシは平型タイプ。天然毛100%の上質な熊野筆ですが、1,700円(税抜)というリーズナブルな価格が魅力的。
熊野筆は、本来の毛先を活かすために、職人がひとつひとつ手間をかけて作っています。
そんな本格品が低価格で購入できるのは嬉しいですね。

ちふれ リップ ブラシ 平筆タイプ

¥1,836

販売サイトをチェック
 

おすすめのリップブラシ【2】デパコスの中でも上質なのはCHANEL(シャネル)のパンソー レーヴル

しっかりとコシがある、描きやすい山型のリップブラシ。
CHANEL(シャネル)のメイクブラシは厳選された素材を用い、高度な専門技術で作られている上質なブラシです。高価ですが初心者でも使いやすく、綺麗な仕上がりになります。

CHANEL(シャネル) パンソー レーヴル

¥3,600

販売サイトをチェック
 

おすすめのリップブラシ【3】リップライナーとセットで便利なLUNASOL(ルナソル) リップシャドウライナーN

LUNASOL(ルナソル) リップシャドウライナーNは、リップブラシとリップライナーがセットになっています。
リップライナーは別売りで、好みの色をセットすることが可能。リップライナーとセットで使って、より綺麗な唇に仕上げてみて。

 

おすすめのリップブラシ【4】無印のリップブラシは携帯型で持ち運びに便利

無印のリップブラシ・小は、山型タイプのブラシで、全長67mmのコンパクトサイズ。ポーチに入りやすいサイズで便利。
人工毛ですが、植物由来のポリエステル繊維を使用しており、適度なコシで描きやすいのが特徴です。

無印良品 リップブラシ・小

¥490

販売サイトをチェック
 

おすすめのリップブラシ【5】100均のリップブラシといえばダイソーの春姫が人気

「ごくふわっ」で有名なダイソーの春姫 メイクブラシ。リップブラシも見逃せません。
山型ですがボリュームがあって平面にも塗りやすく、伸縮タイプでコンパクトかつ使いやすいのも特徴です。

ーーーーーーーーーー
◆ダイソー 春姫 携帯スライド式リップブラシ
定価:100円(税抜)
ーーーーーーーーーー

 

リップブラシのお手入れ方法

 

リップブラシのお手入れ方法【1】使い始めは一度洗うようにしましょう

使い始めで硬いリップブラシのイメージ写真

新しいリップブラシを使い始めたときは、形を整えるために糊で固めてあり、口紅が取りにくい場合があります。
この場合は、一度水で優しく洗って乾かしましょう。そして、透明のリップクリームをなじませて、形を整えてから使うといいですよ。

 

リップブラシのお手入れ方法【2】毎日のお手入れはティッシュオフでOK

リップブラシを汚れを落とすためのティッシュの写真

使用したあと、そのままにしておくと口紅が固まって付着してしまい、色ムラの原因や筆を傷めてしまいます。
また、口に塗るものなので、特に衛生面も心配です。

毎日水洗いする必要はありませんが、使用後は必ずティッシュで優しく汚れを拭き取りましょう。

 

リップブラシのお手入れ方法【3】1~2ヶ月に1度は中性洗剤を使用して洗浄しましょう

洗ったリップブラシを立てかけて乾かしているイメージ写真

毎日のティッシュオフの他に、1~2ヶ月に1度を目安に中性洗剤を使用して水洗いし、溜まった汚れを落とすことが大切です。
中性洗剤で洗浄する前も、いつものようにまずはティッシュオフしましょう。

そして、コップに2~3cmほどのぬるま湯を入れ、中性洗剤やメイクブラシ専用のクリーナーを2~3滴落とします。そして、毛の根元部分までをぬるま湯に入れてから、左右に振るようにしてかき混ぜて洗います。
この時、ブラシの口金部分までつけてしまうとサビの原因になりますので、気をつけてください。

最後に流水で洗剤をすすぎ、ティッシュで水気を切ったら形を整え、コップなどに毛先を上にして立てかけて乾かしましょう。

 

リップブラシのお手入れ方法【4】お手入れが面倒なら使い捨てタイプを買うのもアリ

洗ったりなどのお手入れが面倒と感じたり、衛生面が気になる方は、使い捨てタイプのリップブラシもあります。
撮影現場などでよく使われているので、業務用として販売していることが多いです。

通常のリップブラシに比べると使いやすさは劣りますが、ズボラさんにはいいかもしれません。
また、様々な色の口紅を使う方は、いちいち洗う必要がないので便利ですね。


リップブラシを使えば、普段直塗りで塗っている口紅がより綺麗に映えるかもしれません。今日からリップブラシを使って、口紅を塗ってみてはいかがでしょうか。