BEAUTY

花粉の時期のスキンケアステップは?肌荒れ中におすすめのアイテムも

花粉症の人は花粉の影響で肌荒れしたり、皮膚炎になったりすることがあります。花粉による肌荒れ症状を緩和したいなら、スキンケアを見直しましょう。ここでは、花粉の時期のスキンケアステップや花粉対策におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

 

花粉が原因の肌荒れとは?

スギ花粉

花粉症は2月下旬から春にかけて症状に悩まされる人が多いですが、最近は秋の花粉に苦しむ人や一年中、何かしらの不快症状が出る人も少なくありません。

花粉の時期はくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出るだけでなく、肌も荒れがちなので、憂鬱な気分になる人が多いでしょう。まずは、花粉が原因で起こる肌荒れについて確認していきます。

■花粉で肌が荒れるメカニズム
花粉が原因の肌荒れは花粉が肌に付着することで起こります。しかし、通常、肌にはバリア機能が備わっているので、花粉が付いても肌の表面でブロックされて奥まで入り込むことはありません。

ところが、乾燥や摩擦などが原因で肌のバリア機能が低下すると、花粉が浸透してかぶれや炎症、ニキビのようなぶつぶつなどを伴う花粉皮膚炎になることがあります。

そこまで肌荒れが酷くない場合も、花粉症の人は花粉の時期に「何となく肌の調子が良くない」と感じたり、赤みが出たりすることが多いでしょう。

■花粉の時期はバリア機能が低下しやすい
スギ花粉が飛ぶ2月ごろは乾燥の影響でバリア機能が低下しやすいです。しっかりとスキンケアしているつもりでも肌の潤いが不足し、バリア機能が下がって肌荒れすることが少なくないでしょう。

 

花粉の時期のスキンケアステップ

スキンケアをする女性

花粉による肌荒れを予防したい人はスキンケアを見直してみましょう。花粉の時期に適したスキンケアの方法をステップごとにご紹介します。

■1.クレンジング
花粉による肌荒れは肌に花粉が付くことで起こります。花粉の時期は帰宅後、なるべく早く花粉やメイク、汚れを落して肌荒れを予防しましょう。クレンジングは肌への刺激が少ないミルクタイプがおすすめです。

■2.洗顔
洗顔料はしっかりと泡立てて使いましょう。十分に泡立っていない状態で顔を洗うと、摩擦でバリア機能が低下し、花粉の影響を受けやすくなります。

■3.化粧水
肌が乾燥していると、バリア機能が低下して肌荒れを起こしやすくなるので、花粉の時期はたっぷりの化粧水で潤いを与えましょう。肌が荒れている時は摩擦を与えないように、コットンではなく、手で化粧水を塗ってください。

■4.美容液
乾燥を感じる場合は、基本のケアに保湿美容液をプラスしましょう。美容液も化粧水と同じように優しく塗ってください。

■5.乳液
乳液は水分や潤い成分をキープする役割があります。化粧水や美容液で与えた潤いがどんどんと蒸発してしまうので、花粉の時期は必ず、乳液を使いましょう。

■6.クリーム・バーム
肌にかさつきを感じるなら、スキンケアの仕上げに保湿力の高いクリームやバームを使いましょう。クリームやバームに含まれる油分は肌の表面を覆って花粉の浸透を防いでくれます。

 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【1】ACSEINE(アクセーヌ) ミルキィ クレンズアップ

伸びの良いミルクタイプのクレンジング。メイクと一緒に乾燥やニキビの原因になる余分な角質を取り除きます。無香料・無着色・アルコールフリーの低刺激処方で肌が敏感な花粉の時期でも使いやすいです。

ACSEINE(アクセーヌ) ミルキィ クレンズアップ 120g

¥3,080

販売サイトをチェック
 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【2】CARTE CLINITY(カルテ クリニティ) モイスト ウォッシュ

キメ細かくクリーミィな泡で汚れや余分な皮脂を洗い流すプチプラの泡洗顔料。花粉で敏感になった肌も擦らずに優しく洗います。消炎成分が配合されているため、肌荒れ対策に役立つでしょう。敏感肌向けのスキンケアブランドの商品なので、肌がデリケートな時も安心です。

 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【3】Kiehl’s(キールズ) ハーバル トナー CL アルコールフリー

「皮膚のガードマン」と呼ばれて昔からスキンケアに使われてきたカレンデュラのエキスや花びらが入っている化粧水。花粉の影響でデリケートになった肌を穏やかに整えます。乾燥が気になる時はコットンパックするのもおすすめです。

Kiehl’s(キールズ) ハーバル トナー CL アルコールフリー 250mL

¥4,400

販売サイトをチェック
 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【4】IHADA(イハダ) 薬用エマルジョン

高精製ワセリンの働きで花粉や外的刺激から肌を守るプチプラの乳液。潤い成分が肌の奥まで浸透し、なめらかな美肌に導きます。抗肌荒れ成分が配合されているため、赤みやニキビがある時のスキンケアにも良いでしょう。

IHADA(イハダ) 薬用エマルジョン

¥1,760

販売サイトをチェック
 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【5】Curel(キュレル) 潤浸保湿 フェイスクリーム

保湿成分のセラミド機能成分やユーカリエキスが配合された花粉の時期におすすめのスキンケア用クリーム。角質の奥まで浸透して花粉や外的刺激の影響を受けにくい肌を作ります。しっとりとするのに、軽い付け心地も人気です。

 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【6】TSUDA SETSUKO(ツダセツコ) スキンバリアバーム

皮膚科医の津田攝子先生が開発しているスキンケアブランドのコスメ。花粉やPM2.5、黄砂などの刺激から肌を守りながら、現代の女性に不足しがちなビタミン・ミネラルを与えます。敏感肌でも毎日安心して使える処方です。

TSUDA SETSUKO(ツダセツコ) スキンバリアバーム

¥5,940

販売サイトをチェック
 

花粉の時期におすすめのスキンケアアイテム【7】dプログラム アレルバリア エッセンス

花粉、ちり、ほこり、紫外線などから肌を守る日中用美容液。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で、肌がデリケートな人や子供でも使用できます。スキンケアの仕上げに使うと、ファンデーションののりを良くする化粧下地効果も実感できるでしょう。

dプログラム アレルバリア エッセンス

¥3,300

販売サイトをチェック
 

スキンケア以外の花粉対策方法は?

花粉対策にサプリを飲む女性

花粉による肌荒れに悩んでいる人はスキンケア以外の方法でも対策してみましょう。

■薬を使う
花粉症の症状が辛い人は抗アレルギー薬を服用しましょう。また、皮膚が薄く、デリケートな目元が荒れてしまった場合は、ひどくなる前に皮膚科やアレルギー科で診察を受け、塗り薬などを処方してもらうのがおすすめです。

■サプリでインナーケア
花粉対策では、免疫力やバリア機能を高めるのが大切。亜鉛やビタミンDなどが含まれたサプリでインナーケアすると、肌荒れを予防できるでしょう。

■発酵食品で腸内環境を整える
腸には免疫細胞が集中しています。花粉の時期はヨーグルトなどの発酵食品で腸内環境を整え、免疫力を高めましょう。

■花粉ブロックスプレーを使う
外出時は花粉をブロックしてくれるスプレーを使うのも良いでしょう。保湿成分が配合されたスプレーを選べば、乾燥対策もできます。

■肌に優しい化粧品を使う
花粉の時期は普段、使っている化粧品で刺激を感じることもあります。肌荒れが心配な人は敏感肌でも使える肌に優しい化粧品を使いましょう。


花粉の時期は肌トラブルに悩む人が多いです。ぶつぶつや赤み、炎症などのトラブルが現れたら、スキンケアを見直してみましょう。優しく潤いを与えるスキンケアを心がければ、少しずつ肌荒れを緩和できるでしょう。