BEAUTY

何から始めればいいの?気になる「エイジングケア」の基本

♡ 274

30歳前後から少しずつ気になり始めるお肌の老化。
無意識にエイジングケア化粧品などが目につくようになるのは、そんな変化に対処しなければ……と密かに思っているからに他なりません。

5年後、10年後のお肌は、今の自分の努力次第で変えられるからこそ、将来の自分へのギフトとしてエイジングケアをはじめてみませんか?
基本のスキンケア方法を知っておきましょう。

エイジングケアは将来の自分のお肌への投資です!

「今の自分は神様からのギフト。将来の自分は自分からのギフト」と言われることもあるくらい、20代後半から30代に始めたスキンケアが、将来のお肌がきれいかどうかを決めるもの。

とはいえ、エイジングケアが必要なような気がしても、具体的にはエイジングケアって何があるのかよくわからないものですよね。

どんなアプローチ方法がいいのか、日々の生活で心がけたほうがいいことは何なのか、一つずつ見ていきましょう。

基本的なエイジングケアのアプローチ方法①保湿

シミやシワ、くすみなどの肌老化を防ぐためのエイジングケア。一番の基本は、保湿です。

自分の肌は一番自分がよく知っている、と過信して、今までのスキンケアを続けていると、加齢に伴いどこかでケアが足りなくなってしまうことが……。

エイジングケアが気になり始めたのなら、まずは保湿ケアに力を入れてみましょう。

クレンジングをする際には、肌の油分を必要以上に取り去ってしまう刺激の強いメイク落としや熱いお湯でのクレンジングは避け、優しくメイクオフすることを心がけましょう。

また、洗顔をしたら早めに化粧水でしっかり保湿を。
化粧水を手のひらに伸ばして、両手で顔を包み込むようにハンドプレスし、水分を浸透させるといいですよ。

また、美容液や乳液、クリームなども保湿効果が高いものを優先して選ぶと◎

基本的なエイジングケアのアプローチ方法②紫外線ケア

乾燥と並んで、肌の老化を早めるのが、紫外線によるダメージです。なかでも肌に対しては、UV-Aという紫外線により光老化が進みます。

このダメージを防ぐためには、しっかりとUVカット効果のあるファンデーションや化粧下地を使うことが大切です。

また、紫外線を浴びてしまっても、メラニンが沈着してシミになるのを防ぐために、意識してビタミンCが含まれている食材を日々の食生活に取り入れてみましょう。

柑橘類に加えて、ゴーヤやパプリカなどもビタミンCを多く含む食材です。

ビタミンCは水溶性で尿などと一緒に体外に排出されやすいので、毎食こまめにビタミンC補給を心がけるといいですよ。

基本的なエイジングケアのアプローチ方法③食生活と生活習慣の改善

エイジングケアを考えたとき、素肌の基礎体力をどれだけキープできるかが、今後の大きなポイントとなってきます。

そのため、日々の生活習慣や食生活を一度見直して、体内環境を改善することも大切!

生活習慣で言えば、過度なストレスや睡眠不足は、お肌の健康を損なう原因に。

特に、肌の代謝(ターンオーバー)を促進するのは夜眠っているときですから、良質な睡眠を毎日確保できるようにしていきましょう。

また、体内の血液や体液の循環を促して代謝をアップするために、運動習慣も少しずつでいいので継続しましょう。

1回30分、週に3〜4回でも継続は力なり。10年後のあなたの体が大きく変わります。

体の中からエイジングケアするために大切な栄養素

体の中からエイジングケアをするために必要な栄養素はたくさんありますが、悩み別に必要とされる栄養素を整理してみましょう。

●ビタミンC
先ほども少し触れましたが、紫外線による色素沈着を防いでくれるビタミンCは、アンチエイジングを始めたいと思ったら積極的に補給したい栄養素です。

●ビタミンA
肌や粘膜を強くするためには欠かせない栄養素、ビタミンAはほうれん草や人参、レバーなどに豊富に含まれている栄養素です。抗酸化作用もありますので、たっぷり食べておきたいところ。

●ビタミンE
お肌の酸化(=老化)を防止してくれるビタミンEは、お肌をバリアする機能を正常に保ってくれる栄養素でもあります。アーモンドなどに豊富に含まれています。

●タンパク質
お肌だけでなく、体をつくるのに欠かせないタンパク質は、意識して摂取しておきたい栄養素。ダイエットなどでタンパク質が不足してしまえば、肌老化はスピードアップしてしまいます。肉や魚などの良質なタンパク質を毎日の食事に取り入れましょう。

「エイジングケアが必要」サインを見逃さないで!

エイジングケアっていつから必要になるのか、はっきりしたルールがないのでわかりにくいところですよね。

基本的に、エイジングケアは早く始めれば始めるほどいいことばかり。

もちろん、基本は保湿・紫外線対策・生活習慣の見直しなので、いつ始めても悪いことはありません。

とはいえ、これはエイジングケアを始めた方がいいかも!というサインはあるもの。

次のようなサインに思い当たる節があるなら、今日からでもエイジングケアをスタートさせましょう。

<肌の老化のサイン>
・目の下のクマがコンシーラーでもなかなか消せない
・肌のキメが荒くなってきた
・ほっぺの毛穴が目立つ
・朝起きてから枕の跡などがなかなか消えない
・二重が奥二重になってきた
・フェイスラインがたるんできた
・まぶたのアイメイクが目の下に気がつくとついている

エイジングケアアイテムの選び方

アラサーから始めるエイジングケア。スキンケア用品を選ぶ際には、自分の肌質を一度見直してみて、肌質に合った化粧品を選んでみましょう。

もしも今まで愛用していたスキンケア化粧品が合わないな、と感じたら、肌が老化してきているサインです。

化粧品売り場などで肌質チェックをしてもらうのも一つの手です。

また、自宅でセルフチェックするなら、洗顔後に化粧水をつけずに時間を計り、つっぱりが落ち着いてくるまでにどのくらいかかるかを判断基準に、肌質を見極めてみましょう。

洗顔後、20分以内に肌のつっぱりが落ち着くなら、オイリー肌の可能性大!

逆に洗顔後のつっぱりが40分以上経ってもなくならない場合には、肌が乾燥しているかもしれません。

今までのケアに加えて、美容液をプラスしたり、定期的にパックをするなどプラスアルファのケアを日常に取り入れましょう。
いかがでしたか?今回ご紹介したエイジングケアは、とっても基本的なことばかり。
肌の老化をストップさせたいなら、まずは今回ご紹介したことを徹底して実践してみましょう。