BEAUTY

美容院帰りの仕上がりに♪自宅での髪の毛ケア方法

自宅で髪の毛のケアをする方法は、基本をしっかりと行うことです。
基本のケアをしっかりと行った上でヘアパックなどのスペシャルケアを行うならば、美容院帰りの仕上がりになるでしょう!

 

自宅での髪の毛のケア方法①シャンプーの仕方

シャンプーは自宅でのヘアケアの基本です。
毎日するものですし、シャンプーの仕方が正しいものならば、美髪の土台を作ることができます。

まず、シャンプーの前には下準備が必要です。
シャワーを浴びる前にブラッシングをしましょう。

ブラッシングすることで、髪についている埃や塵を取ることができ、必要最低限の力で髪を洗うことができます。

さらにシャンプーをつける前に、髪をお湯でしっかりと洗い流すことも重要です。
お湯で予め洗うことで、髪の毛についている汚れをある程度落とすことができます。

この2工程を行うことで、シャンプーの際には地肌の脂のみを落とすことに集中できるんです。
そのため、余分な力、シャンプーを使うことなく地肌に優しい洗い方ができますよ。

シャンプーは手のひらで泡立ててから、頭皮に優しくつけていきましょう。
髪の毛に泡をつけるのでなく、頭皮をマッサージするようにシャンプーで洗っていきます。

そうすることで頭皮の血行促進にもなりますし、毛穴につまった汚れが取れて、髪一本一本の健康状態も良くなることでしょう。

 

自宅での髪の毛のケア方法②コンディショナーのつけ方

コンディショナーも、自宅での髪の毛ケアの基本です。
シャンプーの後に髪に栄養を与えるために、トリートメントを使いましょう。

トリートメントで栄養を与えたら、その栄養を閉じ込めるためにコンディショナーを使います。
そのため、コンディショナーはすべての工程の最後につけるべきです。

トリートメントをつけた後にクシでとかせば、髪の毛の隅々までコーティングすることができます。
なので、お風呂で使えるクシを常備しておくと良いでしょう。

 

自宅での髪の毛のケア方法③髪の乾かし方

毎日自宅で使っているドライヤー。
実は、髪の毛に良い乾かし方があることをご存知でしたか?

まずは、タオルドライをしっかりしましょう。
そして髪を保護するトリートメント剤をつけることで、ドライヤーの熱から髪を守ることができます。

ドライヤーをあてる際には、タオルドライをしながらドライヤーをあてましょう。
ドライヤーがタオルを温め、水分の吸収率が良くなります。

また、髪が早く乾くので、ドライヤーをあてる時間が短縮されて、髪が傷むのを防ぐことができます。

 

自宅での髪の毛のケア方法④自宅でできるヘアパック

自宅でヘアパックを手作りして、お手軽に美髪を手に入れましょう。
ここで自宅にあるものでできる、ヘアパックのレシピをお伝えします。

・卵黄…2個
・はちみつ…小さじ2
・オリーブオイル…大さじ2

これらをボウルでよく混ぜます。

適度なペースト状になったら、少しずつ毛先から髪の毛につけましょう。
アミノ酸やビタミンがたっぷりで、効果的な自宅ケアができるトリートメントです。


自宅で髪の毛をケアする方法は、基本をしっかりと行うことです。
基本のケアをしっかりと行った上でヘアパックなどのスペシャルケアを行えば、美容院帰りの仕上がりになるでしょう!