LIFE STYLE

痩せ期を利用して効率的に痩せる!おすすめのダイエット法は?

痩せ期はその名前の通り、痩せやすい時期。女性は痩せ期を利用すると、効率的にダイエットできます。ここでは、痩せ期の仕組みや痩せ期におすすめのダイエット方法などをご紹介します。

 

痩せ期は生理開始日から何日目?

ダイエットに成功した女性のお腹

ダイエットしているのになかなか痩せない人は効率が悪いのかもしれません。女性の場合、痩せ期を上手く利用すると、無理なく理想の体型を手に入れられます。

痩せ期とは、生理終了後から1週間の期間。この間は痩せやすいだけでなく、気持ちが沈みにくいため、ストレスを溜めずにダイエットできます。また、痩せ期は肌状態も安定している時期。ダイエットと一緒にスキンケアを頑張れば、さらに綺麗になれるでしょう。

 

痩せ期の仕組みとは?

考えている女性

痩せ期には「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる2つの女性ホルモンが関係しています。

■エストロゲン
妊娠の準備をしたり、女性らしい体を作ったりするホルモン。新陳代謝を高める作用があります。つまり、エストロゲンの分泌量が多い生理終了後1週間の痩せ期はダイエット効果が現れやすいです。

■プロゲステロン
妊娠に備えて栄養や水分を蓄えるホルモン。プロゲステロンの分泌量が多い時期は、ダイエットをしても体重が減らないことが珍しくありません。

 

痩せにくい時期は?生理周期を上手に利用してダイエット

 

生理周期とダイエットの関係【1】生理中

カレンダーを持つ女性

生理開始日を1日とした場合、1日~7日までの生理中は体に負担をかけないようにダイエットを控えた方が無難。この時期はゆっくりと休んで体をいたわってあげると、痩せ期のダイエットで効果が現れやすいでしょう。

体重の増加を防ぐために、どうしても体を動かしたい場合は、ストレッチなどの軽い運動がおすすめです。

 

生理周期とダイエットの関係【2】痩せ期

ダイエットに成功した女性

8日~14日目の生理終了後1週間は、ダイエットに最適な痩せ期。新陳代謝が高まるため、運動や食事制限をすると、一気に痩せることが多いです。

■痩せ期は何キロ落ちる?
痩せ期に集中的にダイエットすると、3キロ程度痩せられる人もいます。何キロ痩せるかは体調や体型によって違いますが、生理周期を上手に利用すれば、今までダイエット効果を実感できなかった人でも理想の体型を目指せるでしょう。

■ダイエットをしなければ痩せない
痩せ期はダイエットに最適な時期ですが、何もせずに痩せられることはありません。生理が終わった後、自然に1~2㎏程度体重が減るのは、プロゲステロンが溜め込んでいた水分が排出されるからです。

「痩せ期はどんどん痩せる」と安心して暴飲暴食をすると、逆に太ってしまうため、理想の体型を目指すならしっかりとダイエットしましょう。

 

生理周期とダイエットの関係【3】排卵後

ウォーキング中の女性の脚

生理周期14日目の排卵と共に痩せ期が終わると、15日からは少しずつエストロゲンの量が減ります。ただし、この時期もまだダイエット効果は期待できるので、ウォーキングなどの運動をして痩せ期に落とした体重がリバウンドしないようにキープしましょう。

15日~21日の間に少しずつ運動の量を減らしていくと、体への負担を和らげられます。

 

生理周期とダイエットの関係【4】生理前

部屋でゆっくりと過ごす女性

22日~28日の生理前は最も痩せにくい時期。体は妊娠のために栄養や脂肪を取り込もうとするので、食欲が旺盛になり、ダイエット中でも1㎏程度増えてしまうことも少なくありません。

また、生理前は体に水分が溜め込まれるため、むくみも起こりやすいです。体がむくむと、痩せ期で痩せても太って見えるため、入浴中などにリンパマッサージをしてむくみを解消しましょう。

生理前は便秘や腹痛、頭痛などの症状が現れたり、イライラしたりすることも多いので、体に負担をかけずにゆっくりと過ごすことが大切です。

 

痩せ期におすすめのダイエット方法【1】食事

痩せ期は代謝がアップして脂肪の燃焼が促される時期。食事を見直すと一気に痩せられることが多いです。

■糖質を減らす
糖質は体や脳のエネルギー源ですが、摂りすぎると脂肪として蓄積されます。痩せ期は糖質の摂取量を減らし、脂肪の蓄積を予防しましょう。

■タンパク質はしっかりと摂る
痩せ期は筋肉が発達しやすい時期でもあります。痩せ期に筋肉の材料となるタンパク質を摂取すると、筋肉量が増えて代謝が上がり、痩せやすい体質を手に入れられるでしょう。

タンパク質は肉類や魚類、卵、乳製品などからも摂取できますが、痩せ期を利用したダイエットには豆乳や豆腐などの大豆製品がおすすめ。大豆製品はタンパク質だけでなく、エストロゲンの働きを促すイソフラボンを含んでいるので、ダイエット効果を実感しやすいでしょう。

■プチ断食もおすすめ
体調が安定している痩せ期は、朝食を抜く半日断食や一日一食にするプチ断食に挑戦してみても良いでしょう。プチ断食をすると、摂取カロリーを抑えられるだけでなく、老廃物などがデトックスされて代謝も高まります。

 

痩せ期におすすめのダイエット方法【2】筋トレ

スクワットをする女性

筋トレは筋肉量を増やす運動。痩せ期は脂肪を効率的に燃焼するエストロゲンの分泌量が多いため、筋トレで筋肉を刺激すると、効率的にボディラインを引き締められます。

ダイエットでは、体全体を鍛えられるスクワットと部分的な引き締めに効果を期待できる腹筋や腕立て伏せなどを組み合わせるのが良いでしょう。

 

痩せ期におすすめのダイエット方法【3】有酸素運動

有酸素運動は脂肪の燃焼を促す運動。エストロゲンの働きで脂肪が燃焼されやすくなっている痩せ期は、できるだけ毎日10分~15分程度有酸素運動を行いましょう。

有酸素運動はヨガやジョギング、サイクリングなどから無理なく続けられるものを選んでください。体を動かすと、カロリーを消費できるだけでなく、ストレスの発散にも効果を期待できます。

 

自分の痩せ期がわかるアプリ▶ルナルナ

ルナルナは生理周期を管理できる人気アプリ。生理開始日や生理期間を入力すると、生理周期を計算し、痩せ期や痩せにくい時期を教えてくれます。肌の調子や美容ケアに役立つアドバイスも表示されるため、綺麗になりたい人にぴったりです。


痩せ期は最も痩せやすい時期。この時期にダイエットをすると効率的に痩せられます。痩せ期を利用したダイエットで理想の体型を目指してみてはいかがでしょうか。