LIFE STYLE

結婚式やお葬式。知らなきゃ恥をかく基本マナー

♡ 375

大人になると避けては通れない冠婚葬祭ですが、なんとなくあやふやな知識で参加していませんか?
オトナ女子なら知っておかないといけないこと、スルーしていたら知らない間に恥をかいてしまうかも!

今回は、「結婚式の招待状返信マナー」「お祝いの席とお悔やみの場でのパールの使い方」「御祝儀のマナー」についてご紹介します!

サクッとわかりやすく解説した動画もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

冠婚葬祭の基本マナー①結婚式招待状の返信

最近は、招待状が届く前に結婚式への出席の打診があることが一般的です。結婚式があることが事前に分かっていても、招待状が届くとやはりわくわくしますよね。

いくら仲が良い間柄だったとしても、結婚式は立派な儀式でありセレモニーの場。

しっかりとしたマナーを持って出席するためには、まず招待状の正しい返信の仕方から身につけておきましょう♡

招待状の返信は、1週間以内を目安に早めに返すことがマナー。

「○月○日までにご返信ください」という期限が書かれていることが多いですが、その期限にかかわらず早めに返しましょうね。

もし欠席しなくてはいけないときは、早めに返すと逆に失礼にあたります。

「行けるかどうか本当に迷ったんだけど」という気持ちを表すため、少し日を置いて返信しましょう。

出席できるかどうか、期限ぎりぎりまでわからない……という場合は、電話などで一報しておくことがベスト。

何の連絡もなく返信を待たせてしまうと、相手を不要に心配させてしまいます。

招待状の返信には、黒のボールペンや万年筆を使用しましょう。不祝儀にあたるグレーは絶対にNG!

招待状の宛名は、相手の名前部分に「○○行」と書いてあります。この「行」をそのまま使用するのはマナー違反。

定規を使って二重線で消しましょう。「×」印や塗りつぶしで消すこともNGです。

二重線で「行」を消したら、横に「様」と書きなおします。

出席の場合、「御欠席」と“御出席”の「御」を二重線で消し、「出席」にマルをつけます。このとき、「喜んで」と「させていただきます」を付け加えるととてもスマート。

そして、おめでたい「寿」の文字で消すと、より上級者な雰囲気に♡

他にも、「亀」や「鶴」や「松竹梅」などのおめでたい漢字で消す方法もありますよ。


冠婚葬祭の基本マナー②パールの着け方

お祝いの席とお悔やみの場、唯一両方で使用できるパール。
様々なシーンで身につけることができますが、それぞれのマナーをしっかり守ることが大切です。




■お祝いの席でのパールの付け方

2連、3連などのパールの重ね付けなど、パールをつけすぎてしまうのはNGです。

花嫁よりも目立ってしまう付け方をするのはマナー違反なので、気をつけましょう。

あまり長すぎない、40cm程度のパールを控えめにつけるのがベスト。
これくらいの長さだと、上品で落ち着いた佇まいになりますね。

華やかなパールをつけていても、黒一色のドレスをそのまま着ることはNG。せっかくのお祝いの場なのに、お葬式を連想させてしまいます。

黒いドレスを着るときは、明るい色合いのショールやボレロ、コサージュをプラスして華やかさを添えましょう。

黒1色でなくても、バイカラーになっているものは“別れ”を連想するので避けたほうが無難です。





■お悔やみの場でのパールの付け方

長めのパールは、「哀しみが長引く」という意味合いを持つためNGです。

また、パールの重ね付けも「不幸/哀しみが重なる」という意味になるためNG。

お悔やみの場でもお祝い時と同じく、40cm程度のものを付けましょう。

そのため、マルチに使い回せるこの長さのパールを持っておくことがベスト!

パールは耳につけてもOKですが、耳元で揺れるタイプのものは華美すぎるため、マナー違反です。

付けなくてもいいものなので、どうしても付ける場合は留めるタイプのものにしましょう。

パールは一見華やかな装飾品ですが、「涙」をあらわすものでもあるため、“哀しみを添える”という意味で身に付けることが許されます。

付けても付けなくてもいいものではあるのですが、マナーを守って身につけると、落ち着いた大人の装いに見せることができますよ。


冠婚葬祭の基本マナー③正しいご祝儀のいろは

お祝いの気持ちを包む御祝儀にも、ふさわしいマナーがあります。金額や書き方の注意点などをしっかりと押さえておきましょう!




■御祝儀で包む一般的な金額はどれくらい?

御祝儀で包む一般的な金額は、次のうちどちら?

【A】3万円

【B】2万円

答えは【A】の3万円。地域性や関係によって異なりますが、一般的な相場は3万円とされています。

とはいえ、ドレスや小物、ヘアセットに加え、交通費や二次会の会費など、結婚式に出席するには何かと出費が重なります。

“割り切れる数字”を避けるために偶数は避けるべきですが、どうしても御祝儀が2万円などの偶数になってしまう場合は、5千円札×2枚に1万円札×1枚で奇数枚にするようにしましょう。




■御祝儀袋の水引はどちらが正しい?

御祝儀袋についている水引、たくさんの種類がありますが、一般的に選ぶことが望ましいのは次のうちどちら?

【A】蝶結び

【B】結び切り

答えは【B】の結び切り。「簡単にはほどけない」という意味になるため、結婚式の場にふさわしい水引の形になります。




■御祝儀袋の表書きに使うペンは何?

御祝儀袋の表に記入するためのペンは、次のうちどちら?

【A】筆ペン

【B】ボールペン

答えは【A】の筆ペン!

結婚式のご祝儀袋には、「御祝」や「寿」などの名目が書かれていますが、その文字よりも少し小さめに筆ペンで名前を記入しましょう。

慶弔両方で使用できる2wayタイプの筆ペンも多く売られていますが、弔事のときに使う“うす墨”を使用しないように気をつけて!

中袋にも同じく、筆ペンで記入します。表面には金額を漢数字で、裏面には住所と名前を記入しましょう。

いきなり筆ペンで書くのはちょっと苦手……という人は、いらない紙などで一度練習しておくと落ち着いて書けますよ。

今回は、冠婚葬祭にまつわるマナーを3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

大人の女性なら、正しいマナーを身につけて、相応の振る舞いをしていきたいですよね。

「そんなことも知らないの?」と思われてしまわないよう、しっかりと知識を持っておきましょう!