BEAUTY

ジメジメした暑さで扱いづらい!髪の毛の湿気対策5つ

梅雨の時期の湿気対策は、メイクの他に、髪の毛も忘れられません!
みなさんは、上手な髪の毛の湿気対策をご存知ですか?

髪の毛の湿気対策を知ることで、梅雨の時期の厄介な髪の毛も、ぐっとまとまりやすくなってくれます。
今回は、髪の毛の湿気対策を5つご紹介します♪

 

【髪の毛の湿気対策①】シャンプー、トリートメント編

湿気で髪の毛のクセやハネ、うねり、広がりなどが出てしまうのは、髪の毛のダメージが原因です。

キューティクルがはがれて、髪の毛の潤いや栄養が失われ、ダメージを受けていると、湿気で水分を含んでしまうので、髪の毛のクセやハネ、うねり、広がりなどが出てしまうのです。

髪の毛が健康な状態ですと、きちんとまとまったままでいてくれます。
正しいケアで、健康な髪の毛を保ちたいですね♪

したがって、毎日するシャンプーは、健康な髪の毛を保つにはとても大切です。
知らず知らずのうちに髪の毛にダメージを与えているかもしれないので、自分に合ったシャンプーを使うようにしたいですね!

シャンプーは、手で泡立ててから、優しく丁寧に、指の腹を使ってマッサージするように、地肌を洗うようにしましょう。

シャンプーを髪の毛に直接つけたり、髪の毛をこすり合わせるように洗うのは避けましょう。

また、シャンプー後のトリートメントも、髪の毛のキューティクルを守ってくれますので、しっかりと行いましょう♡

 

【髪の毛の湿気対策②】ドライヤーのかけ方編

シャンプー後は、丁寧にブローすることが大切です。
優しくしっかりとタオルドライをして、ドライヤーをかける時間を減らすと、ドライヤーによる熱のダメージを減らすことができます。

ブローする前には、洗い流さないトリートメントやヘアオイルをつけるといいですね。

しかし、頭皮にはつけないようにすることと、つけすぎるとべたついていしまいますので注意しましょう。

ブローは、毛先を乾かそうとするのではなく、頭皮や髪の毛の根元を乾かすようにすると、毛先も自然に乾いていきます。

最後に冷風を当てると、癖が戻りにくくなるのでおすすめです。

また、ドライヤーは髪から15~20cmほど離して使うようにしましょう。

 

【髪の毛の湿気対策③】ブラッシング編

髪の長い方ですと、ブラッシングは頻繁にしていると思いますが、髪の短い方にもブラッシングはおすすめです。

髪をとかすことは、ヘアスタイルを整えるだけではなく、髪の毛の中の水分を広げてくれる役割があると言われています。
ゆっくりと優しくブラッシングするようにしましょう。

また、シャンプー前のブラッシングは、汚れを落としシャンプーを泡立ちやすくしてくれるので、おすすめです。

 

【髪の毛の湿気対策④】ヘアアイロンやコテ、パーマやカラー編

パーマやカラーは、どうしても髪の毛に負担がかかってしまいます。

パーマは、セットしたヘアスタイルを長持ちさせてくれますし、綺麗なヘアスタイルが簡単に維持できるので、梅雨の時期には特に助かります。

しかし、あまり頻繁にパーマやカラーをしてしまうのは、髪に負担がかかってしまうのでおすすめできません。

ヘアアイロンやコテも同じで、綺麗なヘアスタイルにしてくれますが、その分髪の毛はダメージを受けています。

なので、アイロンやコテはなるべく低温で使用することと、トリートメントやスタイリング剤で、熱から髪の毛を守ってあげましょう。

どちらも、やりすぎには注意したいですね。

 

【髪の毛の湿気対策⑤】UVケア&アウトバストリートメント編

紫外線による髪へのダメージも、無視できません。
髪の毛も、お肌と同じように日焼けしてダメージを受けてしまいます。

最近では、スプレータイプの髪に使える日焼け止めスプレーもたくさんあります。
ミスト状で、ヘアスタイルがくずれにくいものもあるので、ぜひ使っていきたいですね。

帽子や日傘なども、髪だけではなく、頭皮や顔を守ってくれますので、おすすめです。

また、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントやヘアオイルでのケアも大切です。髪の毛を乾燥や外のダメージから守って、潤いをキープしましょう♡


梅雨の時期の髪の毛は、セットが大変ですよね。
髪の毛をケアして、健康な状態にしてあげると、湿気の影響を受けにくくなります。
毎年、湿気に悩んでいる方は、ぜひ今日から髪の毛のケアを念入りにしていきましょう♪