BEAUTY

拭き取り化粧水でクリアな素肌に!正しい使い方とおすすめ4選

いつものスキンケアにプラスしてさらに美肌効果を得ることができる、拭き取り化粧水。まだ使ったことのない方は、ぜひ選び方のポイントやおすすめ商品を参考にしてみてくださいね。

 

拭き取り化粧水とは?

拭き取り化粧水を使用する女性

化粧水は洗顔後の肌を保湿するために使うものですが、拭き取り化粧水は全く違うスキンケアアイテムです。

ネーミングの通り、肌を拭き取るように使いますが、目的はクレンジングや洗顔でも落としきれなかった汚れやメイク、古くなった角質を除去すること。

中にはピーリング効果のあるタイプもあり、くすみの解消やターンオーバーを整える働き、その後のスキンケアにおいて美容成分の浸透を促す効果も期待できます。

主な成分は、殺菌作用があるエタノール(アルコール)、保湿効果がある尿素、角質層を溶かして取り除くAHA(アルファヒドロキシ酸)などが挙げられます。

 

拭き取り化粧水の効果

コットンで化粧水をつける女性

■汚れを落とす

クレンジングと洗顔でしっかり汚れを落としているつもりでも、意外に肌の奥の方にはメイク汚れやクレンジング剤が残っているもの。

初めて拭き取り化粧水を使った人はビックリする人も多く、今までこんな状態でスキンケアをしていたのかとショックを受ける人も。洗い残しが原因のニキビや毛穴の黒ずみを防ぐ効果もあります。

■角質除去

拭き取り化粧水は、毛穴の汚れと同時に古くなった角質を取り除いてくれる効果もあります。おかげで肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルが正常化します。

代謝が良くなれば、くすみが解消されて肌の色がワントーン明るくなるので、毎日のメイクタイムも楽しくなりますね。

 

拭き取り化粧水の選び方

化粧水とコットン

■タイプ

拭き取り化粧水には、リキッドタイプとシートタイプがあります。

リキッドタイプはコットンに含ませて使用しますが、お好みの量を調節できるというメリットあり。シートタイプは拭き取り化粧水がしみ込ませてあるので、急いでいる時に便利です。

■アルコール配合かどうか

アルコールは肌に刺激を与えるので、敏感肌の方は注意が必要。拭き取り化粧水にはアルコールフリーの商品もあるので、心配な方は成分をチェックしてから購入するのがおすすめです。

■肌質に合うものを

肌タイプには「乾燥肌」「オイリー肌」「混合肌」の3種類があり、それぞれに合う拭き取り化粧水を選ぶことで効果が得られます。商品に肌タイプが記載されていない場合は、レビューを参考にしましょう。

 

拭き取り化粧水の使い方

化粧水をコットンにつける女性

基本的に、拭き取り化粧水は洗顔後の肌に使用します。人によっては、洗顔前のメイク落としや、マッサージクリームを拭き取るために使用することも。

リキッドタイプの拭き取り化粧水は、コットンにしみ込ませてから、優しく肌の上を滑らせるように拭き取ります。できる限り肌への摩擦を防ぐためにはコットンでの拭き取りがベスト。普通の化粧水のようにパッティングしたり、手で直接つけるのは控えましょう。

いきなり顔全体に使用するのが不安な場合は、汚れがたまりやすい小鼻辺りから使用してみるのがおすすめです。

 

拭き取り化粧水の注意点

コットンで目の周りをふく女性

■使い方の注意点

拭き取り化粧水を使用する時に一番気をつけるのは、肌に刺激を与えないこと。コットンで拭き取る場合もシートタイプの場合も、拭き取り方には注意しましょう。

しっかりと肌に密着させて、肌の表面を優しくなでるように滑らせます。全部キレイに落としたい!とゴシゴシこするのは、かえって肌を傷つけることに。

汚れがたまりやすい箇所だけに使用することで、肌へのダメージが少なくなります。Tゾーンや頬などを重点的に拭き取り、薄くて繊細な目や口の周りの肌への使用は控えた方がベター。

商品によって推奨されている使用頻度に違いがあるので、必ず説明を読んでから使用しましょう。肌の調子が悪い時や乾燥している時は、肌自体が過敏になっているので使用は避けた方が良いです。

■使用後の注意点

拭き取り化粧水は、古い角質を取り除くというメリットあり。しかし、角質が取り除かれた肌は非常に敏感になるので、アフターケアをしっかりと行う必要があります。

普段の化粧水と美容液、乳液などで保湿をして、肌のバリア機能を回復させましょう。角質が剥がれた後は成分が浸透しやすいので、スキンケアの効果が高まってちょうど良いと言えます。

朝に拭き取り化粧水を使用した場合は、保湿と共に紫外線対策も忘れないようにしてください。

 

おすすめの拭き取り化粧水【1】CHIFURE(ちふれ) ふきとり化粧水

幅広い世代から人気のプチプラコスメ「CHIFURE(ちふれ)」の拭き取り化粧水。クレンジング後の肌に残った汚れをスッキリさせてくれる機能性はもちろん、コスパの良さも抜群です。

保湿成分であるトレハロースが配合されているので、乾燥肌の方も安心ですね。

CHIFURE(ちふれ) ふきとり化粧水

¥594

販売サイトをチェック
 

おすすめの拭き取り化粧水【2】ナチュリエ ハトムギ化粧水

たっぷり容量で様々な用途に使用できる人気の化粧水。拭き取り専用の化粧水ではありませんが、サラッとしたテクスチャーで伸びが良く、肌に優しい化粧水であることから、拭き取り用として使う人も多いです。

角質層まで水分が浸透するので、角質が柔らかくなり剥がれやすいです。無香料、無着色なので、敏感肌の方にもおすすめ。

ナチュリエ ハトムギ化粧水

¥702

販売サイトをチェック
 

おすすめの拭き取り化粧水【3】MUJI(無印良品) クリアケア拭き取り化粧水 200ml

岩手県釜石の天然水、天然のうるおい成分を配合した拭き取り化粧水。清涼感がある使い心地で、拭き取った後のさっぱり感を楽しめます。

弱酸性で肌への刺激も少なく、合成香料無添加、無着色、無鉱物油、パラベンフリーと、とことん肌に優しいので、ランキング常連商品でもあります。

MUJI(無印良品) クリアケア拭き取り化粧水 200ml

¥1,490

販売サイトをチェック
 

おすすめの拭き取り化粧水【4】CLINIQUE(クリニーク) クラリファイングローション 1.0

デパコスの中でもスキンケアのラインナップが大人気の「CLINIQUE(クリニーク)」。それぞれの肌タイプに合う拭き取り化粧水を選べます。

肌のモイスチャーバランスを保ちながら角質も拭きとってくれる優秀アイテム。専用のコットンが販売されているので、セットで使うと気分も上がります。

CLINIQUE(クリニーク) クラリファイングローション 1.0

¥2,700

販売サイトをチェック

プラスワンのスキンケアとしておすすめの拭き取り化粧水。これを機に、ぜひ取り入れてみませんか?正しい使い方をマスターして、ワンランク上の肌を目指しましょう。