BEAUTY

おしゃれなプロテインシェイカーでやる気UP!選び方のポイントは?

女性の間で筋トレ人気が高まるにつれ、プロテインシェイカーもおしゃれなデザインが増えています。今回はプロテインシェイカーの選び方のポイントや、おすすめのおしゃれなプロテインシェイカーなどをご紹介します。

 

プロテインシェイカーの役割

プロテインを飲む女性

筋トレ女子にとってもはやプロテインは常識!食べ物では補えない栄養を効率良く補給してくれるので、手軽で便利な点も人気の理由です。

市販のプロテインバーやドリンクもありますが、なんと言ってもプロテインの粉末を水や豆乳などに溶かすのが一番吸収率の良い飲み方。そこで役立つのがプロテインシェイカーです。

最近はプロテインシェイカーの種類も多いので、おしゃれなプロテインシェイカーで筋トレのモチベーションを上げる女性が増えています。

 

おしゃれなプロテインシェイカーの選び方【1】気密性

プロテインシェイカーを見る女性

プロテインシェイカーを選ぶ時に大切なのは、気密性の高さ。特に持ち歩き用は中のプロテインが漏れると困りますし、もったいないので、気密性を確認してから購入するのがおすすめです。

確認の仕方は、蓋の閉め方。1周で簡単に閉まるのではなく、2周以上回してしっかり閉めることができるタイプなら安心です。おしゃれでも機能性が良くなければ意味がないので、気密性は必ずチェックしましょう。

 

おしゃれなプロテインシェイカーの選び方【2】容量

プロテインシェイカーと食べ物

プロテインシェイカーには様々な容量があります。プロテインを摂る量は、体型やトレーニングの内容によって人それぞれなので、自分に合う容量のプロテインシェイカーを選ぶ必要があります。

例えば、1回につき200mlの液体に溶かしてプロテインを飲む場合は、容量が500mlのプロテインシェイカーを選ぶのがおすすめ。

大きめのサイズを選んだ方が空間が広くなり、シェイクをする時によく混ざるというメリットがあります。

 

おしゃれなプロテインシェイカーの選び方【3】持ちやすさ

プロテインシェイカーを持つ女性

プロテインシェイカーはおしゃれな見た目も大事。ですが、スムーズに作るためには、自分の手にフィットする混ぜやすいものが便利です。

比較的女性に人気があるのは、ボトルにくびれがあるタイプやグリップが付いているタイプ。

また、内部に入れるボールなどの付属品が付いていると、ダマになりにくいので滑らかなプロテインシェイクが完成します。

 

おしゃれなプロテインシェイカーの選び方【4】飲み口の形状

プロテインシェイカー2種

プロテインシェイカーの飲み口は、ボトルから直接飲むタイプか、蓋に飲み口が付いているタイプのどちらかです。

直接飲むタイプは、一気に飲み干す時に便利。おしゃれなデザインも多く、形もシンプルで洗いやすいという特徴も。ただし、開ける時に蓋に付着したプロテインがこぼれやすいので、トレーニングをしながらこまめに飲む方には向いていないでしょう。

蓋に飲み口が付いているタイプは、トレーニング中でもこまめにプロテインを摂取する時に役立ちます。ただし、飲み口などを丁寧に洗う必要があるので、手間がかかるという声もあります。

 

おしゃれなプロテインシェイカーの選び方【5】目盛り

プロテインシェイカーにプロテインを入れている人

プロテインシェイカーには目盛りが付いていますが、長く使いたいならエンボス加工(凸凹があるタイプ)の目盛りを選びましょう。

いくらおしゃれでも、目盛りがプリントしてあるタイプだと、洗剤で洗うたびに目盛りが薄くなって読み取れなくなることも。正確に計量できなくなってしまうというデメリットがあります。

 

おしゃれなプロテインシェイカー【1】MYPROTEIN(マイプロテイン) スリムシェイカー

シンプルなデザインで、おしゃれな大人の女性にぴったりのプロテインシェイカー。目盛りはエンボス加工ですが、mlとオンスの両方が表記されているので、海外製のプロテインにも対応できます。

付属のストレージを取り付ければ、サプリやプロテインが収納できます。持ち運びにも便利。

おしゃれで気密性にも優れていますが、パーツが多いのでお手入れには少々手がかかります。

MYPROTEIN(マイプロテイン) スリムシェイカー

¥990

販売サイトをチェック
 

おしゃれなプロテインシェイカー【2】Blender Bottle(ブレンダーボトル) Classic(クラシック)

様々なカラーやキャラクターとコラボしたおしゃれなデザインボトルが人気の「Blender Bottle(ブレンダーボトル)」。初心者におすすめなのは、こちらの「Classic(クラシック)」タイプ。サイズは20オンス(約567ml)と28オンス(約794ml)があります。

太めのプロテインシェイカーですが、側面に滑り止めが付いているので女性でも安心。付属のボールと広々ボディのおかげで、混ぜやすさは抜群です。食洗器対応も女性にとっては嬉しいポイントですね。

◆Blender Bottle(ブレンダーボトル) Classic(クラシック)
定価:1,230円(税抜)

 

プロテインシェイカーの使い方のコツ

プロテインとプロテインシェイカー

■縦に振るのがポイント

ダマになりやすいプロテインをムラなく混ぜるには、プロテインシェイカーを縦に振るのがコツ。泡立つのが気になる場合は、プロテインシェイカ―を回すように振ってみましょう。

溶けにくいプロテインの場合は、お湯を加えることで解消できます。

■使用後はすぐに洗うこと

飲み終わった後のプロテインシェイカーをそのままにしておくと、プロテインが乾燥して落ちにくくなります。外出先の場合は水を入れておいたり、すぐに丁寧に洗えない場合は水につけておきましょう。

また、しっかり洗ったつもりでも、細かい部分に汚れが残っている場合も。雑菌が繁殖すると健康に良くないので隅々まで洗いましょう。


どうせ筋トレするなら、おしゃれなプロテインシェイカーでモチベーションを上げて行いたいですよね。ぜひ今回ご紹介したおしゃれなプロテインシェイカーの選び方を参考に、お気に入りのボトルを見つけてみてください。