BEAUTY

飲むヨーグルトは肌に効果的?固形ヨーグルトとの違いは?

健康のために、飲むヨーグルトを飲んでいる方も多いはず。しかし、固形ヨーグルトとの違いや、具体的にどんな効果があるのか知っていますか?今回は、飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違いに触れながら、飲むヨーグルトの効果や効果的な飲み方をご紹介します。ぜひおすすめの飲むヨーグルトもチェックしてみてください。

 

飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違い

飲むヨーグルトと固形のヨーグルトの違い

まずは、飲むヨーグルトと固形ヨーグルトの違いについて確認しましょう。

ヨーグルト自体に含まれる乳酸菌の量や効果に違いはありませんが、飲むヨーグルトは、固形のヨーグルトに比べて脂質が少なめ。脂質が少ない分、たんぱく質の割合が増え、疲労回復などに効果的な栄養バランスになっています。

また、商品により多少の違いはありますが、固形ヨーグルトより飲むヨーグルトの方が、甘味がしっかりと感じられるものが多いです。

固形ヨーグルトでは味気なく、もっと美味しく食べたいと感じる人は、飲むヨーグルトを選ぶと満足感が得られるのではないでしょうか。

 

飲むヨーグルトの効果

飲むヨーグルトの効果

具体的に、飲むヨーグルトにはどのような効果があるのでしょうか。
効果としては大きく2つあります。

・免疫力を高め、疲労回復に役立つ
タンパク質が不足すると筋肉量が減少してしまい、内臓の働きも衰え、疲れやすくなると言われています。
運動後や仕事後に飲むヨーグルトを摂取することで、疲れが和らぎ回復することができます。

また、継続的に飲むヨーグルトを摂取することで、より確実に腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことができます。
そうすることで、ウイルスなどに対抗するための細胞の働きを活発化させることができ、免疫力を高めることができるのです。

・整腸作用があり、便秘解消効果が期待できる
飲むヨーグルトには乳酸菌という菌が含まれているため、その乳酸菌が悪玉菌を減らし、腸内環境を整えてくれます。
便秘が解消されれば老廃物を排出できる上に代謝も良くなるため、痩せやすい身体にしてくれる効果もあります。

 

おすすめの飲むヨーグルト4選

 

おすすめの飲むヨーグルト【1】明治 プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ 低糖・低カロリー

飲むヨーグルトの中で最も有名と言えるのが、明治のプロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ 低糖・低カロリーです。
赤いパッケージが目印となっており、スーパーやコンビニでも幅広く取り扱われています。

R-1には、厳選された1073R-1というブルガリア菌の一種が含まれており、「強さ引き出す乳酸菌」というキャッチコピーの通り、身体が本来もっている免疫力を引き出してくれる飲むヨーグルトとなっています。

高い効果を得るためには、継続的に飲むことが望ましいとされていますので、ぜひ毎日飲むようにしてください。

 

おすすめの飲むヨーグルト【2】AZUMINO WINERY 安曇野のむヨーグルト

安曇野のむヨーグルトは、数ある飲むヨーグルトの中でも濃厚な味わいが魅力で、病みつきになる人が多い人気商品。
北アルプスの牧草で育てられた乳牛の牛乳を低温発酵させることで作られているので、安全性の高い商品と言えます。

濃厚かつ後味がすっきりめの味わいなので、毎日継続して飲めるところが嬉しいですね!

AZUMINO WINERY 安曇野のむヨーグルト

¥184

販売サイトをチェック
 

おすすめの飲むヨーグルト【3】小岩井iMUSE(イミューズ)ドリンクヨーグルト

小岩井のiMUSE(イミューズ)ドリンクヨーグルトは、キリンや小岩井乳業などの各企業が共同で開発しているプラズマ乳酸菌が含まれています。この乳酸菌は、肌のバリア機能アップ効果が特に高いと言われています。

また、プラズマ乳酸菌は、免疫力を全体的に向上させる働きに長けているようです。パッケージも可愛らしいので思わずパケ買いしてしまいそう。

 

おすすめの飲むヨーグルト【4】明治ブルガリアのむヨーグルト LB81 プレーン

明治ブルガリアは固形タイプのヨーグルトも大人気ですが、最近ではより手っ取り早く乳酸菌の力を得られるとして飲むヨーグルトも人気。

明治ブルガリアのむヨーグルトにはLB81乳酸菌が含まれており、ブルガリア菌2038株という乳酸菌とサーモフィルス菌1131株という乳酸菌をブレンドしてできた乳酸菌。
数ある乳酸菌の中でも特に整腸作用が高く、便秘改善だけでなく美肌効果なども期待できます。

 

飲むヨーグルトの効果的な飲み方

飲むヨーグルトの効果的な飲み方

飲むヨーグルトをより効果的に飲む方法も押さえておきましょう。

・朝と晩に1杯ずつ飲む
朝と夜に一杯ずつ飲むことが、飲むヨーグルトの効果を得るためには適切な頻度だと言われています。
朝飲むことで毎朝の排便のリズムを整え、便秘などを長期的に予防・改善できる可能性が高まります。

一方で、寝る前に乳酸菌を摂ることは、睡眠中に整腸作用を効率よく受けられるというメリットも。長期的に免疫力を高めたり、美肌やダイエット効果にも影響を与えます。

・温めて飲むとカルシウムの吸収が良くなる
飲むヨーグルトを温めて飲むことでカルシウムの吸収率が高まります。温めることで体も冷えませんし、一石二鳥ですね。
ただし、高温で温めすぎてしまうと乳酸菌が死んでしまうので、40度を超えないようにしましょう。


運動にしても、食事制限にしても、健康や美肌を手に入れるためには継続的に行うことが大事です。飲むヨーグルトも継続的に飲み続けることで効果が発揮されていきます。ぜひ今回ご紹介した飲むヨーグルトを参考に、健康と美肌を手に入れてくださいね!