BEAUTY

腰回りの脂肪を落とす!腰が太る原因とダイエットになるエクササイズ

数年前に購入したボトムスが、なんだか少しきつくなったと感じたことはありませんか?
年齢と共に腰回りが大きくなったり、脂肪がついて太くなってしまった人は注意が必要です。いつのまにか自慢のくびれがなくなってしまった!なんてことにならないように、ひねって絞るエクササイズで腰回りをスッキリさせましょう。

 

腰回りに脂肪や贅肉がつく原因

薄着の季節になってくると、ごまかしがきかなくなるのが贅肉です。中でもお腹や腰回りの脂肪はつきやすく、落としづらいですよね。
気を抜いた姿勢や、座った時など、自分が思っている以上に贅肉が目立ってしまうこともあります。気付かないと思っても、その脂肪は周りの人にバレているかも……。

では、腰回りに脂肪がつく原因とは、一体何なのでしょうか?

■腰回りが冷えている
脂肪は身体の冷えている部分を守ろうとします。しかし、脂肪自体も冷たいので、さらに腰回りの冷えが進行し、悪循環になってしまいます。最近、女性の間で筋トレが流行っていますが、中途半端に身体が冷えた状態で筋トレを行うのは逆効果です。脂肪と筋肉のミルフィーユ状態になって、痩せにくい厄介な身体になってしまいます。

■糖分と油分の摂りすぎ
マーガリンやショートニングなど、甘いお菓子やスナックに使われることの多いトランス脂肪酸は、お腹に脂肪がつきやすくなる成分です。肥満率の高いアメリカなどでは、トランス脂肪酸の使用が全面禁止になっています。お米やパスタなどの炭水化物が大好きな方は、必然的に腰回りの贅肉が多くついてしまうことに。身体によくない油分や糖分の摂りすぎには気を付けましょう。

■筋力低下
女性で腹筋がない人は多いです。背中や腰の筋肉も、よほど意識しない限りは、効果的に使えていないことが多いでしょう。何もしなければ筋肉は衰えていく一方なので、筋力が低下している人は、浮き輪のように腰回りに贅肉がついてしまいます。

■骨盤の歪み
骨盤が歪むと、内臓が正常な位置にキープできなくなり、ぽっこりお腹の原因になってしまいます。筋肉の動きも制限されるので、全体的に脂肪がつきやすくなるのです。

 

腰回りに贅肉がつきやすい食べ物

たくさん食べても、しっかり消化と吸収ができていれば、脂肪が身体に蓄えられることはありません。
しかし、偏った食生活をしていると、脂肪を燃やすエネルギーや消化吸収の能力が落ちてしまいます。「お菓子を食べてしまったから、食事は少なめにしておこう……」という心がけは良いのですが、栄養のある食べ物を摂取しないと、逆に太りやすい身体に変わってしまうのです。

また、お米やパンといった炭水化物の食べ過ぎなど、糖質の摂取量が多くなる食事は腰回りが大きくなる原因の一つです。
特に小麦製品には注意が必要です。お好み焼き、菓子パン、ラーメン、ピザが好きな方は普段の食事を見直すことからはじめてみましょう。

身体の冷えているところや、セルライトがあるところに脂肪はつきやすいため、どうしても腰回りやお腹に贅肉がついてしまいます。
常日頃から栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

腰回りの脂肪を落とすエクササイズ①プランクツイスト

お腹の筋肉に刺激を与えるプランクにひねりを加えて、腰回りの脂肪を撃退しましょう!

<プランクツイストのやり方>
①両肘と膝を床につく。
②つま先を立てて、頭からつま先まで一直線になるように身体を持ち上げる。
③息を吐きながら、右の踵をゆっくりと床につける。
④息を吸いながら状態を戻す。
⑤息を吐きながら、左の踵をゆっくりと床につける。
(お腹に力を入れて、お尻が床の方へ落ちないように気を付ける)

左右で1回とし、これを20回行いましょう。

 

腰回りの脂肪を落とすエクササイズ②ナバーサナ

ヨガで行われる船のポーズにアレンジを加えたエクササイズのご紹介です。

<ナバーサナのやり方>
①両膝を立てて座り、両手はお尻の斜め後ろに置く。
②息を吸いながら背骨を伸ばし、体重を後ろに移動させながら膝下を床と並行にさせる。
③両手を前に出し、バランスをとる。
④右足を床につかないギリギリまで下げる。
⑤左足の下で両手をパンとたたく。
⑥左足を床につかないギリギリまで下げる。
⑦右足の下で両手をパンとたたく。

左右で1回とし、20回行いましょう。

 

腰回りの脂肪を落とすエクササイズ③フラフープ

子供の頃に夢中になった方も多いフラフープは、腰回りのダイエットに効果的です。
特に腹筋ができない女性は、フラフープをすることでインナーマッスルに刺激を与えることができ、便秘の解消も望めます。

日本では子供の遊び道具として普及していますが、アメリカではエクササイズグッズとして販売されています。インナーマッスルと体幹を鍛えれば、筋肉量が増え代謝が上がりますので、女性には積極的に取り組んでほしい運動だと言えるでしょう。

フラフープを選ぶ際は、少し重めのものを選ぶようにしましょう。
軽すぎると遠心力が足りずにストンとすぐ落ちてしまいます。500g~1kgの中で選んでくださいね。

 

腰回りの脂肪を落とすエクササイズ④ツイスト

腰回りやお腹痩せには、身体をひねる動作が効果的です。椅子さえあればどこでもできる、簡単エクササイズをご紹介します。

<ツイストのやり方>
①椅子に深く腰掛ける。膝の角度は90度。
(膝の間にバスタオルを挟んで、太ももが緩まないようにします)
②お腹を凹まし、両手を肩の高さまで持ち上げる。
③息を吐きながら、おへそから身体を後ろにねじる。
④反対も同様に行う。


普段は使われていない腰回りの筋肉ですが、しっかり意識して使ってあげると、脂肪は少しずつ燃えていきます。腰回りは冷えやすいので、ゆっくり入浴をしたり、エアコンによる冷えなどに気をつけて、身体を温めることを大切にしてください。ご紹介したエクササイズは腰回りの脂肪を落とすのに最適なので、ぜひ試してみて。