LIFE STYLE

女性ホルモンを増やす方法は?食べ物やサプリ、ツボ押しなどをご紹介

女性ホルモンは女性の心や体の健康に関係するホルモン。加齢や生活習慣の乱れなどで減少すると、さまざまなトラブルが起こります。ここでは、食事や恋愛、サプリ、ツボ押しなどで女性ホルモンを増やす方法についてご紹介します。

 

女性ホルモンとは?

部屋でリラックスしている女性

女性ホルモンは女性の心身の健康に大きく関わるホルモン。まずは、女性ホルモンについて確認してみましょう。

■女性ホルモンとは
ホルモンは体内から分泌されるもの。組織や器官をコントロールしています。ホルモンのうち、女性の体つきやリズムに大きく関係しているのが女性ホルモン。女性ホルモンは卵巣から分泌されていて「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類に分けられます。

■女性らしい体を作るエストロゲン
エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体を作るホルモン。肌や髪の潤いを守ったり、女性の健康を支えたりしています。また、脳や自律神経と関わりが深いです。

■妊娠を司るプロゲステロン
プロゲステロンは妊娠を司るホルモン。受精卵を着床させるために子宮内膜の状態を整えたり、基礎代謝を高めたりします。さらに、水分を体内に溜め込む働きもあります。

■2種類の女性ホルモンの量は生理周期と関わっている
エストロゲンの分泌量は生理後に一気に増えてピークを過ぎた後、少し減り始めたころに排卵が起こります。一方、プロゲステロンは排卵前から少しずつ増え、生理前には減少を始めます。

 

女性ホルモンが減る原因は?

疑問を持つ女性

女性ホルモンは女性の健康に不可欠ですが、さまざまな原因で減ります。女性ホルモンが減少する原因を確認してみましょう。

■加齢
女性ホルモンのうち、女性らしさに関係しているエストロゲンは年齢によって分泌量が違います。エストロゲンの分泌量がピークを迎えるのは20代後半~30代前半頃で、30代になると減り始め、その後40代後半から50代前半頃には激減します。

■生活習慣
睡眠不足や喫煙、ストレス、過度なダイエット、肥満なども女性ホルモンの分泌に影響を与えます。これらの原因が関係している場合、20代でも女性ホルモンの減少によるトラブルが起こることが少なくありません。

 

女性ホルモンが少ないとどうなるの?

悩みを抱える女性

生活習慣の影響で女性ホルモンが減ったり、40代~50代にかけて女性ホルモンが減少し、更年期障害になったりすると、心身にさまざまな影響が及びます。

■女性ホルモンの減少で起こるトラブルの例
・生理周期が乱れる
・生理が止まる
・代謝が下がって太る
・骨が弱くなる
・シミやたるみ、くすみ、ニキビなどの肌トラブルが起こる
・髪の毛のハリやツヤがなくなる
・抜け毛が増える
・イライラ、不安、情緒不安などの心のトラブルが起こる
など

 

女性ホルモンを増やす方法【1】バランスの整った食事を摂る

女性ホルモンが少ない場合、病院で注射をしたり、薬を処方してもらったりして女性ホルモンを増やすこともできますが、まずは食事を見直してみましょう。

■バランスの整った食事を摂る
偏食や過度なダイエットなどで必要な栄養が不足すると、女性ホルモンの分泌が妨げられます。タンパク質や野菜、炭水化物、良質な油、食物繊維などをバランス良く摂取し、女性ホルモンの分泌を促しましょう。

■女性ホルモンの働きをサポートする食べ物や飲み物もおすすめ
豆乳などの大豆製品に含まれるイソフラボンやキャベツなどに含まれるボロンは体内で女性ホルモンと似た働きをします。女性ホルモンの減少によるトラブルに悩んでいる人はこれらの食べ物や飲み物を摂るのも良いでしょう。

 

女性ホルモンを増やす方法【2】良質な睡眠を取る

睡眠を取る女性

睡眠不足になると、自律神経が乱れて女性ホルモンの分泌に悪影響が及びます。女性ホルモンを増やすなら、遅くても12時までにはベッドに入り、一日7時間以上睡眠を取りましょう。

また、良質な睡眠を取るために、寝る前の2時間は食事や間食を控えたり、寝る直前はスマホやパソコンの使用をやめたりすることも大切です。

 

女性ホルモンを増やす方法【3】軽い運動をする

運動をすると、血行や代謝が良くなり、女性ホルモンの分泌に良い影響がもたらされます。特に、ヨガやストレッチなどの運動は体を動かせてストレスの発散もできるので、女性ホルモンを増やす効果を期待できるでしょう。

一方、マラソンなどの激しい運動は体重減少や疲労によって女性ホルモンの分泌を妨げることがあるので、避けた方が無難です。

 

女性ホルモンを増やす方法【4】恋愛したり、可愛いものを身に着けたりする

恋愛中の女性

女性ホルモンの分泌は心とも関係しています。感動したり、ドキドキしたりすると、ドーパミンが分泌されてエストロゲンの量をコントロールする脳の視床下部が刺激を受けるため、女性ホルモンが増えると言われています。

女性ホルモンを増やしたい人は幸せな恋愛をしたり、恋愛系のドラマや映画を見てドキドキしたりすると良いでしょう。また、可愛いものや良い香りもエストロゲンを増やすと考えられているので、ピンクの服を着たり、ローズの香水を使ったりするのもおすすめです。

 

女性ホルモンを増やす方法【5】ストレスを発散する

リラックスしている女性

ストレスが溜まると、自律神経が乱れて血行が悪くなります。女性ホルモンは血液によって運ばれているので、女性ホルモンを整えるためには、ストレスを発散することも大切です。

疲れが溜まったり、気分が落ち込んだりする時は十分に休息を取り、自分なりの方法で気分転換をしてストレスを発散させましょう。

 

女性ホルモンを増やす方法【6】サプリを服用する

女性ホルモンを増やすには、サプリの服用も良いでしょう。女性ホルモンの分泌をサポートするサプリはさまざまな種類があるので、悩みに合わせて選んでください。

■<悩み別>おすすめの成分
・更年期障害:エクオール
・胸が小さい:プエラリア
・肌荒れや髪のトラブル:プラセンタ

■複数のサプリの併用もおすすめ
不足している栄養素を1つのサプリで補えない場合は、複数のサプリを服用するのも良いでしょう。ただし、女性ホルモンの分泌をサポートするサプリは摂取しすぎると体に悪影響を及ぼすこともあるので、飲みすぎや飲み合わせには注意してください。

 

女性ホルモンを増やす方法【7】ツボ押し

ツボ押しは東洋医学の健康法。不調は「気」「血」「水」の通り道である経絡を通して各所のツボに現れるため、反対にツボ押しをすると、不調を改善できるという考え方に基づいています。

■女性ホルモンの分泌をサポートする「三陰交」
三陰交は脚の内くるぶしの骨から指4本分上にあるツボ。肝・腎・脾の3つの経路が交わっているため、ここを押すと、女性ホルモンの分泌量が増えるだけでなく、さまざまな不調が緩和すると言われています。

■三陰交の押し方
親指を三陰交に当て、残りの指と親指で脚を掴んで押します。5秒かけてゆっくりと息を吐きながらグーっとツボを押し、息を吐きながらゆっくりと手を離しましょう。左右3回ずつ行ってください。


女性ホルモンは女性の心身の健康に関係するホルモン。女性ホルモンが少なくなると、さまざまなトラブルが起こります。体や心の不調に悩んでいる人は女性ホルモンを増やす方法を試してみてください。