BEAUTY

化粧直しには乳液が便利!崩れたメイクの直し方とおすすめの乳液6選

「綺麗に化粧直しできない」と困っている女性は多いはず。化粧直しに悩んでいるなら、乳液を使うのがおすすめです。ここでは、乳液を使った化粧直しのやり方や化粧直しに向いている乳液をご紹介します。

 

乳液を使った化粧直しのメリット

化粧直しが上手くできないと悩んでいる人は乳液を使ってみるのがおすすめ。まずは、乳液を使った化粧直しのメリットをチェックしてみましょう。

■保湿できる
定番アイテムの化粧直しミストは主に水分を与えるもの。肌の水分は油分で守られるので、油分が不足していると、長時間潤いをキープできず、化粧直し後に再び乾燥してしまうことがあります。

一方、乳液は水分と油分の両方を含んでいて保湿しながら化粧直しできます。粉吹きやキメの乱れを防げるので、乾燥による化粧崩れに悩んでいる人におすすめです。

■崩れた部分をオフできる
ティッシュオフしたり、化粧直しミストを振りかけたりしてもヨレたファンデーションやパンダ目はなかなかオフできません。しかし、油分を含んだ乳液はメイクを浮かせられるので、崩れた部分をリセットしてから化粧直しできます。

ヨレやパンダ目を取ってからメイクをすると、朝の綺麗な仕上がりを取り戻せるでしょう。

 

乳液を使った化粧直しの方法とは?

 

乳液を使った化粧直しの方法【1】ベースメイク

ベースメイクがヨレたり、毛穴落ちしたりした時の化粧直し方法を見ていきましょう。

■1.スポンジで皮脂をオフする
初めに、清潔なスポンジでTゾーンやテカっている部分を優しく押さえて余分な皮脂を取ります。皮脂を取った後、肌の潤い不足が気になったら、化粧直しミストを使ってもOKです。

■2.スポンジで乳液をのせる
スポンジを裏返し、皮脂の付いていない清潔な面に乳液を付けて気になる部分にポンポンとのせます。下地やファンデーションのヨレや毛穴落ちが目立つ場合は、スポンジで押さえてメイクをオフしましょう。

化粧崩れが気にならなくなったら、指の腹で乳液を馴染ませてください。

■3.パウダーをのせる
乳液を使うと、テカったり、ベタついたりするので、フェイスパウダーをのせて肌をサラサラにします。肌トラブルがある場合は、コンシーラーやパウダーファンデーションを使ってカバーすると綺麗に化粧直しできます。

 

乳液を使った化粧直しの方法【2】アイメイク

綿棒を使っている女性

乳液を使うと、パンダ目になったアイメイクも元通りに戻せます。

■1.気になる部分をオフする
少量の乳液を綿棒の先に付け、撫でるように優しく崩れたメイクを取ります。目の周りは敏感なので、強い力で擦らないように注意しましょう。

■2.アイシャドウやパウダーを塗る
肌に乳液の油分が残っていると、アイライナーやアイシャドウ、マスカラが落ちて再びパンダ目になってしまうことがあります。化粧直しの仕上げには、パウダータイプのアイシャドウやフェイスパウダーをのせて目元をサラサラにしておきましょう。

 

化粧直しに向いている乳液の選び方

乳液を手に取る女性

化粧直し用の乳液は次のポイントをチェックして選びましょう。

■油分が含まれているもの
メイクはオイルで落ちやすい性質を持っています。オイルフリーのジェル乳液などは、ヨレたファンデーションやパンダ目になったアイメイクを綺麗にオフできないので、化粧直しにはオイル入りの乳液がおすすめです。

■柔らかめのテクスチャー
化粧直しには、クリームに近いこっくりとしたテクスチャーの乳液よりも柔らかいテクスチャーの乳液の方が使いやすいです。こっくりとした乳液は肌に馴染まず、ムラができたり、テカったりしやすいので、サラッとした乳液を選びましょう。

■持ち運びのしやすさ
コンパクトサイズの乳液や小分けされた使い捨てできる乳液はポーチの中でかさばりません。荷物をコンパクトにまとめたい人は小さい容器に入った乳液を選びましょう。大きめサイズの乳液を買って小さい容器に移し替えるのもおすすめです。

 

化粧直しにおすすめの乳液をご紹介!

 

化粧直しにおすすめの乳液【1】CHIFURE(ちふれ) 乳液 さっぱりタイプ

ベタつかず、なめらかな肌をキープするプチプラの乳液。肌馴染みが良いので、化粧直しで使いやすいです。ヒアルロン酸やトレハロースなどの保湿成分が配合されているため、乾燥の心配もありません。

CHIFURE(ちふれ) 乳液 さっぱりタイプ

¥605

販売サイトをチェック
 

化粧直しにおすすめの乳液【2】無印良品(むじるしりょうひん) 乳液・敏感肌用・しっとりタイプ

岩手県釜石の天然水を使ったスキンケアシリーズの乳液。乾燥肌や敏感肌の人に向いているしっとりタイプです。コスパの良い大容量タイプの他に、化粧直しのために持ち運びしやすいコンパクトサイズも販売されています。

無印良品(むじるしりょうひん) 乳液・敏感肌用・しっとりタイプ

¥580

販売サイトをチェック
 

化粧直しにおすすめの乳液【3】dプログラム バランスケア エマルジョン R

敏感肌向けの低刺激処方のコスメを取り扱うブランドの乳液。厳選された成分のみが使われていて肌荒れしにくいです。バランスケアタイプは肌の水分と油分のバランスを整え、乾燥やテカリを予防してくれるため、化粧直しにぴったりです。

dプログラム バランスケア エマルジョン R

¥4,180

販売サイトをチェック
 

化粧直しにおすすめの乳液【4】ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

肌に潤いを抱え込むヒト型セラミドをたっぷりと配合した保湿コスメ。1つで保湿美容液と乳液の役割を果たします。化粧直しに使うと、乾燥を予防でき、美肌に近づけるでしょう。柔らかく、伸びやすいので、崩れたベースメイクやアイメイクをオフしやすいです。

ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

¥4,400

販売サイトをチェック
 

化粧直しにおすすめの乳液【5】THREE(スリー) トリートメントエマルジョン

角質層の隅々までを潤いで満たし、水分と油分のバランスを整えてバリア機能をサポートするデパコスの乳液。カサカサと乾燥した肌も触れたくなるほどなめらかにしてくれるので、化粧直し後のメイクのノリが良くなるでしょう。

THREE(スリー) トリートメントエマルジョン

¥7,150

販売サイトをチェック
 

化粧直しにおすすめの乳液【6】KANEBO(カネボウ) バウンシング エマルジョン

肌に溶け込むように馴染むデパコスの乳液。水分と油分のバランスを整えてふっくらとしたハリのある美肌に導きます。ベタつきがないため、化粧直しに使ってもテカリが気になりません。


化粧直しには乳液を使うのがおすすめ。乳液は崩れたメイクを落とし、肌に水分と油分を与えてくれます。乳液を使って化粧直しをすると、メイク仕立ての綺麗さがよみがえるでしょう。